« 藤塚光男展・柿傳ギャラリー | メイン | 野口悦士(種子島) »

矢野義憲・余宮隆2人展

私は作家さん陶芸やクラフトの作家さんが好きなので、図々しく作家さんの工房まで訪ねて行ってしまう。だけど、実際は作家さんの工房はオープンにはしていない、実は難しいことで、本当に注意が必要なのだ。私自身、ギャラリーや店をやっているわけでないので、作家さんにとって私の訪問が、メリットがあるわけではない。作家さんを訪ねるときは「来てもいいですよ」と許可をもらうのも大変な事で、きちんと紹介者が必要だし、一緒に行くメンバーが、いれば慎重に考えなければいけない。器に興味が無い人はもってのほかだけど、作家さんに配慮が足りない人もはっきり言って誘ってはダメだ。なので出来るだけ業界のプロを、誘って行く様にしている。でも、天草に行ったら、余宮くんのところは、工房以外にギャラリーがあるので是非そちらはのぞいてほしい。彼の作品が個展以外で見ることが出来るスペース。

以前こんなことがあった、天草に彼を訪ねた時に、一緒に名物の「天草ちゃんぽん」を食べた「今日は休みにしたからだからいいんやけど、普段はこのちゃんぽんは、お昼には絶対に食べんとですよ~」と話してくれた。その理由は、味の濃いちゃんぽんを食べると喉が渇き、水を飲む。水を飲むとトイレに行きたくなる。作陶の作業中トイレに余分に行って、その時間がとられるのが嫌なので食べないそうだ。確かに作家さんがこれから作ることの出来る作品と時間は限られている。作業が出来る日は、1枚でも1個でも多く作品を作りたい。その作品に対する制作意欲が素晴らしいと思った。でも、実は、その話を聞いた時、「どきり」とした。彼が工房で作業している時には、行かないようにしないとなぁ~と改めで考えさせられて、作家さんに迷惑がかかってないだろうか?また、いろいろな配慮が必要なんだなぁ~と気づいた時だった。

また、作家さんはアーティストだからモチベーションが非常に重要だと思う。自分の作品は分身だから、出来れば、気持ちの通じる人に使ってほしいと思であろう。だから、私も、だれにでも彼の作品を紹介したいわけでも、使ってほしいわけではないのだ。だけど、わかってくれる人に「いいでしょう?」って自慢したくなるぐらい彼の作品が好きなのだ。だから、彼の器を取り扱うギャラリーも飲食店も普通に買う人も、素敵であってほしいとなぁ~と勝手ながらおもうのだ。そうでないと作家さんも、モチベーションが保てないのではないかと思う。素敵な作家さんには、素敵なお客さんが集まる。余宮くんと一緒に東京でご飯を食べる時、友人をよく紹介するが、できるなら彼の作品とセンスと人間性をを理解してくれる人をと、一応は人選をしてメンバーを考えている。東京に出てきているときに出来るだけ、いろいろな良い出会いがあってほしい。


20121116_153446.jpg

京都のてっさい堂という古道具やアンティックの古伊万里を扱う老舗の有名な店がある。そこのお嬢さんの仁美さんは、てっさい堂の前で、てっさい堂アネックスと言う素敵な古い帯留めや洋風のアンティックの器のお店をやっていた。ある方の紹介でお会いしたら、とても素敵な洗練された女性で、優しい物腰と軽快なトークにすっかり魅せられてしまった。子供を育てる母でもあるのもとても私には好感が持てた。ある時、老婆心ながら、余宮くんと仁美さんを引き合わせたいと思ったのだ。チャンスがあって、仁美さんに余宮くんの話をしていた。彼女の審美眼に余宮君の作品が充分答えることが出来るとおもっていたので、できれば作品を見てほしい気持ちもあったのだ。京都では彼は個展をしたことが無かったので・・・・。そうしたら、程なくして、仁美さんが11月17日から京都に「昴」と言うギャラリーがをオープンさせた、その一階は鍵善さんとのコラボで「ZEN CAFE」というカフェをコーディネートすることになりそのカフェで余宮君のポットを、仁美さんが選んでくれた!!!嬉しい~なぁ。空間も素晴らしいし、そのほかの湯呑などは辻村史朗さんのものだったので、「よくぞ余宮君を選んでくださった!」と感激してしまった。

     ギャラリー「昴」          (2階)
 ZEN CAFE + 鍵善良房祇園南店 (1階)
京都市東山区祇園町北側264番地

やはり、縁とは素晴らしいもので、出会いも1つ1つが意味があるのだなぁ~と思った。仁美さんの新しいギャラリーの「昴」も楽しみだし、余宮君のこれからの成長も本当に楽しみだ。余宮君が京都で個展したら、必ず見に行こう!そう、今から決めている。私も余宮くんから置いていかれないように、自分なりの仕事をがんばろう!

543042_168686483254948_778333408_n.jpg a>

今、原宿で個展をしています。

矢野義憲・余宮隆2人展
Style-Hug Gallery
2012年11月17日(土)〜2012年11月24日(土)
東京都渋谷区千駄ヶ谷3−59−8
原宿第2コーポ208

是非、ご覧頂きたい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4905

コメントを投稿

About

2012年11月18日 13:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「藤塚光男展・柿傳ギャラリー」です。

次の投稿は「野口悦士(種子島)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。