« 野口悦士(種子島) | メイン | 中川自然坊(唐津) »

中川自然坊(唐津 )

中川自然坊さんの作品を最初に購入したのは、今から10年以上前で、名前は忘れてしまったけど代々木上原の雑貨屋の隅に、自然坊さんの粉引きの鉢とぐい飲みが合ったのを見つけて、大人買いしたのが最初だった。今から考えると値段が安かったようで、そうでないと4点の大物器を一緒には買わないと思う。鉢と大皿、ぐい飲みが2つ。ぐい飲みは刷毛目の自然坊さんの独特なもの。この刷毛目のぐい飲み、九州のおすし屋さんで見かけて「いいなー」とずーっと思っていたのだ。「こんな雑貨屋に(失礼)自然防さんの器を発見!」と興奮したのだが、一瞬「にせ物?」と疑ったけれど、箱も箱書きもあったので間違いは無い。

PC192676.JPG

大事に家に持ち帰り、箱から出して、何度も何度も触って感触を確かめた。日本酒を入れてみたり焼酎を入れたりしているうちに、ベロベロに酔っ払ってしまった記憶がある。「あーいいなぁ~誰か来ないかな、見せびらかしたい」と思った。徳利もほしかったがそこには無かったのと、後日、黒田陶苑さんの個展に行った時にはとても高くて手が出なかった。今から思えばその雑貨屋は、昔、値段で出ていたのではないだろうか?写真ではわからないが、この「ぐい飲み」は、大小で大きさが違う。その大きさが違うのが夫婦茶碗のようでいいのだ。

PC192679.JPG

粉引きの鉢はこれで、箱書きには鉢とあるが、少し深い皿という感じ。煮物や野菜の煮浸しなどの汁気のあるものを、たっぷり盛り付けるとすごく映えるのだ。これに、料理を盛り付けると、ある陶芸家の方が「自然防さん?」と言い当てた。そう、自然坊さんといえば刷毛目だけど、こちらの器もきちんと風合いに作風とカラーが出ているのだなぁ~と感心したことがある。また、某テレビ番組の撮影でこの器を使ったら、問い合わせが来て「どなたの作品でしょうか?とても印象的です。どこで、買えますか?」と言うことであった。今までいろいろな器を使ったけれど、こんな熱烈な、問い合わせが来たのは、自然坊さんだけだった。
PC192683.JPG

ご存知の方も多いと思うが、中川自然坊さんは去年の12月に亡くなられた。とでも残念でならない。まだまだ、どんどん作品を作っていただきたかったし、いっぱい話もしたかった。「自然坊さんの酒器で一緒にお酒を呑む」というのが夢だった。しかし、最後にお会いした時には、「調子がいい日は、食事に行けるから、今度来たらご飯を食べよう」と約束したのだがかなわなかった。私が初めてお会いした時にはすでに具合が悪く、大きな手術をされた後だった。なので、ご飯はご一緒してもお酒は無理だったかも知れない。しかしながら陶芸家として本当に充実していてこれから素晴らしい作品が生まれるであろうと思っていたし、手術は成功されたのでこれからだと、思っていた。

先日、渋谷の黒田陶苑の遺作展に伺った。奥様とご子息が、作品を抱えてこられたのだが、どの器も本当に勢いがあって素晴らしかった。生き生きとしていて、焼きがまたいい作品ばかりだ。個展会場に自然坊さんが居ないのだけが、なんだかとても不思議な感じがした。唐津に、また陶芸界にとても影響を与えた才能があふれている方だったと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4926

コメントを投稿

About

2012年12月19日 18:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「野口悦士(種子島)」です。

次の投稿は「中川自然坊(唐津)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。