メイン

Diary アーカイブ

2014年6月24日

イワシ専門のBodega

老舗のBodegaの一つでバルセロネーターにあるイワシ専門店の
La Plataと言うバルです。ここではイワシのブリットをみんなが
頼みそれをつまみににして、ビールや樽からくみあげた薄いワ
インをひたすら飲むのです。Bodegaとは、樽の安ワインを量り
売りしている街角の酒屋の事です。なので、つまみは超簡単な
もの。缶詰めだけやフライドポテトだけという店もあります。

DSCN0164.JPG

このフリット美味しそうでしょう?美味しいんです。揚げたて
熱々のサックサク「あーイワシってラブリー」と愛が芽生えそ
う感じです。愛しいイワシのシンプルな料理だけで勝負する
Bodegaなのです。

写真 1.JPG

サイドメニューがまたこの何のひねりもないトマトサラダです
~これも単純ですが、揚げ物のお口直しにピッタリで、永遠イ
ワシを食べながらワインが飲めるようになっています。個人的
には青背魚のイワシには、シャバシャバのロゼワインが合うと
思いました。ワインもワイングラスではなくこのショットグラ
スなのがまた良いのですよね!

DSCN0172.JPG

ワインはこの樽から注がれます。この樽が有るのがBodega基
本形!木の扉の冷蔵庫がまた良いですね~毎日来たい!そんな
店なのです。昔の酒屋はシンプルに名物料理1品だけで勝負し
たそうです。そして、その名物を食べながらハシゴするのが
スペインの楽しみ方なのですね~!


DSCN0169.JPG

この、シンプルなお店には夕方からひっきりなしにお客が来
て、一人だったり、数人だったり、さっとイワシとビール・
ワインをひっかけて、長居せずサッと帰る...なんだか大人向
きのいい店だなと思いました。思い出すとまた食べたーい!

2009年2月 6日

和菓子のかたち展

お弁当ブログ更新してます

建築家、デザイナーたちによる5人のクリエーターさんにより考案された和菓子の展覧会が新宿の柿伝ギャラリーであったのでお邪魔しました。お話は伺っていたのですが、すっかり、いろいろ仕事を残していたので忘れてしまっていて「今日が最後ですよ!」とオーナーさんからご連絡をいただきました。今村創平さん、西森陸雄さん、橋本夕紀夫さん、松下計さん、皆川明さんと言うメンバーで、お菓子の制作は「とらや」さんです。ペニンシュラホテルの内装も手がけたインテリアデザイナーの橋本さんは、昔からの友人なのですごく楽しみで、別室でお菓子を頂きながら、お抹茶をたてて頂きましたが、橋本さんの作品を頂きました。四角の中にすこしづつトーンの違う色合いの羊羹が仕組まれてるのが、橋本さんの作品です。見た目にも本当に美しく、頂いても美味しくなんだか、とても、和菓子1つですが、心豊かなひとときで幸せな気持ちになりました。

2009年2月 5日

ひねもすのたり

お弁当ブログ更新してます

阿佐ヶ谷のギャラリーカフェ「ひねもすのたり」さんです。ここは、今、とてもお気に入りのお店。若い作家さんの、陶器、漆器、キッチングッズ、アクセサリーなどが、オーナーさんのセレクトで展示しているカフェなのです。オーナーのMさんとなんだか気が合って(勝手に私がそう思っているだけ?)とても、おしゃべりしていると楽しくて時間を忘れてしまいます。「ひねもすのたり」とは与謝蕪村の歌からとったもの。「のんびり、ゆっくりくつろいでくださいね!」と言うオーナーさんの気持ちがお店の名前になっています。

実は、今度一緒にオレンジページの広告ページに出てもらいます。それで、撮影させていただきました!詳しくは雑誌が出たときに!

「ひねもすのたり」さんのホームページはこちら

とても、ホットするお店です。お近くの方、是非いかれてみてくださいませ。週に2回は私がいます(笑い)


2009年1月31日

京都祐喜

今年の初め、宮川俊二さんが私にご紹介くださった京都の野菜屋さんの京都祐喜の香山さん!私がお会いしたりお話したりしていないのに、お野菜をたくさん、どーんと送ってくださいました。どれも、とてもきれいなお野菜で、調理しているとワクワクしてしまいます。そのときに別館のお弁当ブログにお野菜を調理しては、アップしてると、香山さんがメールで感想をくださったりしていたので、お目にかかっても初めてではないような気がしました。しかも、とても素敵に情熱をお持ちの方です。

なんだか怪しい3人組ですが・・・・。真ん中が香山さんです。お野菜のいろいろな有機農法のことやら、京野菜のことやらいろいろと、お話を伺えてうれしかったですね!今度、ぜひ、丹波の畑にうかがわせてくださいね。少し暖かくなったら計画しますね!宮川さん素敵なご縁をいただきありがとうございました。


新たまねぎのムース、魚のにこごりのテリーヌ、オマールのパスタ
鵜野シェフのお料理を堪能しました。ご馳走様です。


2009年1月30日

ご心配かけました

ご無沙汰しておりました。実はコンピューターが壊れてしまい、ずーっとブログがアップできないでおりました。やさしい皆様達にご心配のメールや電話をいいただきました!すみません

「大丈夫?」というお電話や「病気ですか?」とメールをいただいたりと・・・・。うるうるきてしまいそうです。いたって元気に過ごしておりましたが、仕事もめいっぱいで忙しかったことも確かです。実は、このほど本を出版するにことになりました。それにあたり、家にこもり撮影や原稿の整理やもろもろの問い合わせに、日々追われているときに、パソコンがまったく動かなくなるアクシデントが・・・・・・。
撮影も無事終わり、後は原稿の整理とお酒の試飲をしてコメントを書くのみです。全部を一人でやるのは思いのほか大変ですね。しかし、ここはがんばらないといけません!本のお知らせは、のちのちさせていただくとして!

今日から何とかブログ再開ですね!どうぞよろしくお願いします(ペコリ)

2009年1月11日

新年会はカルタゴで

お弁当ブログ更新してます

新年会は中野のカルタゴに伺いました。ここの羊のケバブーは最高です。前菜はお野菜のペーストが何種類も出ました。カルタゴはチュニジア、トルコ、ギリシャ、レバノンなどのお料理を食べさせるおみせで、最後にクスクスをいただくのですが、このクスクスがとても美味しいのですよね~クスクスはさほど「美味しー」と感じたことがなかったのですが、ここでいただいてとても感激しました。

今回皆さんにお声をかけたらすごくたくさんご参加いただき、「もうそれ以上は入りません」とお店に言われて、参加されたかった方ができなかったりしたのですが、今度折を見てもう一度まいりましょう!

ここで、お食事をいただくとすごく元気になって帰ります。とてもいいお店です!大勢で行くと楽しいですよ~。おためしくださいませ♡


2009年1月 9日

懐かしの味

お弁当ブログ更新してます

子供の頃、母とデパートに行った時の楽しみは、コーヒーショップでホットケーキを食べる事と、お菓子を買うことでした。その頃のデパ地下に小さなベルコンベアーのようになっていて、バラになった好みのお菓子を籠に入れて量り売りで買うコーナーがありました。コインの形のチョコレートやバームクーヘンなどが回って来るのですが、近所のスーパーでは買えないちょこっとだけ高級な香りのするお菓子なのですよ!そこがくすぐられるところ~。最後にここでお菓子を買うことを楽しみで、母の退屈な買い物にじーっと絶えて付き合うのでした。その時、必ず買っていたのが、このウイスキーボンボンでした。シャリシャリ、ジューっという感じで砂糖菓子の中に入っているウイスキー風味のシロップがでできます。あの味がなかなか斬新で、子供のころ大好きでした。それから、図書館のお料理の本で(たぶん今田美奈子さんのだったと思うのですが)リキュールボンボンの作り方があって、「わぁーお家で作れんるんだ~」と感激した記憶があります。最近、昔のお菓子屋さん風の店で袋菓子専門店あのですが、そこでこのお菓子を見つけて、つい買ってしまいました。でも、なかなか食べるチャンスがなくて、そのままにしていたら、息子が袋を発見して、勝手に開けて食べたみたいです。「なかから、ウイスキーが出てきてびっくりしたよ!」と私が外から帰ってきたら、興奮した息子からすぐに報告がありました。「面白いでしょ?」という私に「砂糖菓子の中に液体が入っているのが驚き!何で溶けないのかな?」そう、確かに私も子供のころそう思いましたね。「飽和砂糖水になってるから溶けないいんだ・・・・」と後から科学の授業のときこの飴を思い出したものです。食べ物の記憶だけは忘れずに、鮮明に覚えていて本当に・・・・困ったものですね。

2009年1月 7日

京野菜

お弁当ブログ更新してます

自称「ちょい悪オヤジ」ということでブログをされている宮川俊二さん。公私ともにお世話になったらリしています。今から2年ほど前に初めて「きょうの料理」に出ることになった私。私はしゃべる声が、裏返ってしまったり、滑舌が悪いのでテレビに出るときはとても自分のVTRを見るのが嫌になります。その時,
NHKのアナウンサーからキャスターに転身され今ではクイズ番組やコメンテーターで御活躍の華やかな経歴をお持ちの宮川さんが、なんと発音のレッスンをしてくださいましたね!結局、しゃべり方は直っていませんけど(ごめんさい)。美味しいものを食べるときも、お声をかけるとご一緒下さいます。

宮川さんがご紹介くださった「京都祐喜」 さんという野菜とお米の生産者さん!とても、情熱のある社長さんだというお話を聞いていたんですが、お正月明けに直接お野菜をお送りくださることになりました。届いたお野菜を見てびっくり!たくさんの京野菜がびっちり箱に詰められていました!わー立派なお野菜だこと、なんだかワクワクしてしまいますね。私は初めて調理するお野菜もありますよ。せっかくなので今日の夜からお料理に使わせていただきます。箱の底からお米も出てきました。今日は七草なのでお粥はこのお米を使いましょうね!

「京都祐喜」さんのホームページはこちら

お弁当がない冬休みなので、お弁当ブログの方に調理したお野菜やお米料理をアップしております。どうぞご覧くださいませ!宮川さん素敵なご縁をいただき感謝、感謝です!

2009年1月 5日

今年からは・・・・

お弁当ブログ更新してます

あけましておめでとうございます。ことしもよろしくおねがいしますね!

私は今までデパートなどで化粧品を買ったことがありません。なのでいつもドラッグストアーで安い化粧品を使うことがいつもであたりまえでした。しかし、食にまつわることにかんしては、お金を使っても惜しいとは思わない体質!それは少々、問題かもしれません。食事にいくことはもちろんですが、ワイン、食材、食器、調理器具などなどーだってそれはしょうがないじゃないですが、必要だもの。私には必需品ですし、それが仕事にもなるわけで、やはり、ほしいものは即決買ってしまいますね・・・・。でも、それって同じ感覚を持っていない方には信じられないことなのです。以前、デパートでタレントのMちゃんと買い物してた時の事ですが、「デパートで化粧品をかったことがない」と私が打ち明けると「えーっ!!」って驚かれたことがあります。そなのです!何千円、何万円もするような化粧品に手がでませんよーもったいないじゃない?という感覚の私に呆れ気味。

お正月母が我が家にやってきて、食事をしたり買い物にでたりして楽しんだのですが、化粧品のショーウインドーを見て「化粧品ぐらいちゃんとしたのを使いなさい」それから「私の荷物が増えるじゃない、おまえの化粧品は使えないでしょう?」と私に化粧品を買ってくれたのです。なんだか嬉しいようなー情けないような。そうですね、あまりにも構わない私にとてもとても一言いいたかったのだなと思いました。これまで何度か、そのようなことを言われた気もするけど、聞き入れていなかったのだとも気がつきました。すこし、私には不釣り合いな化粧品ですが、これを、きっかけに、今年から少しは考えを改めましょうかね!


2008年12月26日

龍圓/忘年会

お弁当ブログ更新してます

久日しぶりに浅草龍圓さんに10名ほどで伺いました。

料理は定番のものがとても確実においしいお店です。最近料理のラインナップが絞り込まれていて、無駄がなくなりましたね。私はトリフ塩カニ卵が食べたくてリクエストしていたら、こんなにトリフをかけてくれました。おいしいーですね。本当はご飯の上に載せて食べたいけど、ラーメンも焼きそばもお願いしたので、ぐーっとがまんしておきました。

ご一緒した方が、「自分がいままで食べたま麻婆豆腐の中で一番おいしいです」とおっしゃったように、そうなんですよね。すごくおいしいのです。坦々麺も私は大好きなのです。ここの中華が美味しいのは、食材が素晴らしいこと、油がいいこと、調味料も本当においしいのです。そのようなこともあり、ついつい胃もたれもなく、食べ過ぎてしまう。「高校生ではないのだから」と言われてしまうほど、食べてしまいました。お腹はいっぱいせす。本当にごちそうさまでした(ぺこり)

2008年12月25日

たくさんの方が見てくださったようで

お弁当ブログ更新してます

昨日の「きょうの料理プラス」を見てくださった方が多くて、皆さんからご連絡をいただいたりしました。ありがとうございます。今回はアシスタントのMちゃんが大活躍!朝、うちに6時半に来てもらいました。ちゃんとホームページでチェックしておいて、作る料理などを確認してくれていたおかげで、とても、楽でした。最後に担当のアナウンサーの方とMちゃんとスリーショットの写真をパチリ!無事に終わってよかった、よかった。「NHK今年最後の料理生放送です」と言われ、ちょっと緊張しました(そんなプレッシャーかけないでくださいな)

「この収録が終わるまで、後でいいやー」と自分で自分に言い訳をして、後回しにしていることが、いっぱいある・・・・。今日からやらないといけません。がんばります。

きょうの料理プラスのホームページ
詳しい料理のレシピはこちらをご覧くださいませ

2008年12月24日

NHKのきょうの料理プラス

本日の朝9時30分の「今日の料理プラス」に出演します。時間のある方!ご覧くださいませ

今から準備して出かけてきますね!

クリスマスイブにぴったりのメニューをご紹介しますよ・・・。生番組で緊張しますが!
がんばってまいります(オー!)

2008年12月22日

赤木明登さんの個展

桃居でいま赤木さんの個展をされています。阿佐ケ谷にある「ひねもすのたり」のギャラリーのオーナーのMさんが、私が「赤木さんのファンなんだけど、お会いしたことがないのです」とお話したら、「是非ご紹介するわ」と言っていただき、何度か機会をうかがっていたのですが、この日実現することに!中里花子ちゃんが言うようにイケメンの作家の赤木さんは、イメージの通りスマートな方でした。輪島のお話や今回の作品や漆の器の塗りの話を伺ってとても楽しいひと時でした。赤木さんは中里太亀と仲良しで、秋の唐津のおくんちのときに、唐津の太亀さんのところに行かれたという事でした。

輪島の話、唐津の話で盛り上がり、ひねもすのたりのオーナーのMさんは、今年、中学受験のお子さんを抱えておられるので、「春になったら、輪島と唐津に行きましょうよ」と計画をしています。今からとても楽しみですね。今回、赤木さんをご紹介いただきありがとうございました。

赤木さんのご本と平皿を桃居で購入しました。すごく文章がお上手な方だな~と思っていたらそうでした、彼は昔、高級婦人誌の編集さんでしたね。上手いはずですね。

2008年12月20日

今年一番のお気に入り

お弁当ブログ更新してます


去年から汁椀がほしくていろいろ探していました。中里花子ちゃんに「輪島の赤木明登さんがいいよ」と紹介を受けたけど、個展に伺ってびっくりしました。すべて完売で、すごい人気です。予約して手元に届くのに半年はかかるという話。その日は、赤木さんの奥さまが書かれたエッセイ本を買って帰りました。その本がとても素敵な本で、いっぺんに赤木さんと赤木さんの奥さんのファンになってしまいました。赤木さんは家庭画報の編集者だったのですが、それから、転職して輪島に移り住んだ異色の経歴をお持ちの作家さんです。奥さまは阿佐ケ谷の方らしくなんだかとても身近な方に感じられます。

それから、しばらくいろいろな漆器を見たけど、どうもピンとこないのです。なんかだ、気にったお椀は見つからないかもとあきらめかけていたのですが、板橋の瑞玉ギャラリーにふらりとうかがったとき、「あっ、これだ」ともうお椀と遭遇しました。手に取ると、自分の両手にすっぽりと納まり、木地の薄さ、高台の高さ、重みが自分がほしかったものにぴったりです。

ただ、それは朱塗の器だったので、私が先ずほしいのが、黒塗りのお椀だったのです。すぐにお店の方に、「これと同じ黒塗りがありますか?」とドキドキしながらお聞きすることに!すると、「お作りはありますが在庫がありません。人気のあるものなので」そうですか・・・・。でも、「これなら、黒塗りの実物を見てみたいかも」とそそられたので、お取り寄せで実物が見れるかお願いしてみましたら、すぐに工房にお電話を入れてくだいました。輪島の「角漆工房」のものでした。なるほど有名な角偉三郎さんの息子さんの工房です。塗りもフォルムも完璧です。私が探し求めていたお椀です。お椀が入荷したら見せていただく約束をして、ひとまず帰りました。その夜、すごく~気になって、気になって思いをつのらせていたらー早速、次の日お電話をいただき、「在庫が工房にあり明日見れますよ」と言っていただき、次の日の夕方すぐギャラリーに伺いました。手に取ったり、テーブルに置いて横から眺めたりして、「うーん、これだな。間違いないわ」と即購入を決意しました。高価なものでしたので、3つ(うちは3人家族)ポンとは買えず、まずは2客にしました。

今年購入した器の中で、いちばん満足度の高い買い物でした。早速箱からは出して食器棚には並べて、食器棚を空けるたびに「フフフ・・・」と喜んだりしています。まずは、御汁を張った麺をいただいたり、朝、炊きたての御飯をよそって見たりして、惚れぼれ眺めたりしています。なんだか器のおかげで湯気も美しく見える!買ったその日は、夜中に何度も手にとって眺めていたので、息子から「気持ち悪いよ~」と言われてしまいました(笑)

それから、しばらくして1月号のdancyuの私の大好きな平松さんのコラムに漆器の話があり、平松さんも角さんの黒椀を使っているというお話がありました(平松さんはお亡くなりになられた「角偉三郎」さんのものですが・・・)。年明けのお雑煮はこのお椀に入れるのを楽しみにしています。

2008年12月17日

中里太亀さんの個展

お弁当ブログ更新してます

新宿の柿傳ギャラリーで中里花子ちゃんのお兄さんで中里隆さんの息子さんの太亀さんの個展に伺いました。前の日に2日前にお友達の大桃美代子さんが唐津に行くというので、太亀さんと隆さんの隆太窯をご紹介したのでした。大桃さんの唐津紀行
ですぐにたまたま東京での個展でしたので大桃さんと顔を出すことにしました。だめだ、見るとまたほしくなるので・・・・。器が沢山になっていて、食器棚に入りません。少し整理しないとね(反省)4月に唐津に伺いたいと思いますので、よろしくお願いしますね(ぺこり)


2008年12月13日

wakiyaの食材研究会

お弁当ブログ更新してます

脇屋さんのところの食材研究科に参加しました。今回の食材のテーマは「フグ」です。料理は本当に面白く素晴らしいものでした。白子の茶碗蒸しにフグのお刺身は白トリフがのってて(どこかみたいです)フグのXO醤は面白い組み合わせで、これだけでお酒がいくらでも飲めそうです。最後に四川風のフグの煮込みが出ましたがこれは本当に素晴らしかったです。さすがですね・・・・。大満足でした。食材がとても生かされていて、とても新しい形ですね。来年も時間が合えば参加します。

2008年12月 9日

日本国際ワイン文化協会のパティー

お弁当ブログ更新してます

年末は皆さん忙しくて何本もかけ持ちでパティーや会に参加したりされている時期ではないでしょか?今日のこの会は、ビュッフェだというので、ちょっと顔を出し、それからある方の個展に差し入れして帰ろうと思っていたのです。が、しかし、新宿の京王プラザでの、この会は着席ビュッフェだということで、結婚式場のように着席でしかもとてもメインのお席!隣は緑川料理長が座っておられて同じテーブルには今日のワインの協力をされている方でごあいさつなさる方など、とても中座すると目立つ席でした(驚)「今日は、かけ持ちは無理だ」とあきらめて無理ぜずに楽しいこの会に腰を据えることにしました。とても、楽しいメンバーで、面白い情報を皆さんにお聞きしてワインをたくさんいただきましたよ!来年も日程が合えば参加したいと思います(ぺこり)

帰りのタクシーの中で「伊野さん今日は来ないの?」と個展の作家さんから電話が「わーぁ、ごめんなさい。前のパーティーが抜けられなかたの、明日必ず伺います」と平謝りです。楽しみに待っていてくださったんですね。明日も掛持ちですが、そちらに最初に必ず行きますので、許してください(ぺこり)


2008年12月 8日

ギャラリー三昧

お弁当ブログ更新してます

土曜日のよく晴れたお休みの日。土曜日はいつも授業があるのでなかなか自由になりませんが、12月でも授業が終わりましたよ!なので、今日はギャラリー巡りです。

まずは、「柿傳ギャラリー」で村瀬治兵衛さんの漆器の個展に伺います。奥さんが「どうぞお茶を召し上がって」とおっしゃるので、拝見すると奥の個室のスペースで治兵衛さんがお茶をたてておられました。お道具が、また素晴らしく、辻清明さんのお茶碗などを、お使いになられていました。お茶をいただき、作品をザーっと見せていただき「また戻ります!」と残して次に・・・・。

パレスホテルの「遊」で辻村唯さんの個展にうかがいました。初めて見せていただく作品です。自然釉の少し青みかかった器で若い作家さんですが、とても渋い作品です。唯さんは奈良の有名な陶芸家の辻村史朗さんの息子さんです。今回の作品で丸いバルーンのようなワイングラスという作品があり、名前ひ魅かれてつい購入してしまいました。「安いワンがとびっきり美味しく感じます」とギャラリーの社長さん!唯さんは若いイケメンの陶芸家さんでとても女性に人気があるようです。

それから銀座の石井画廊さんがされている 聊娯亭にて黒田泰蔵さんの個展にうかがいました。「白いかたち」ということで器というよりもオブジェのような作品の数々でした。アートな感じです。なるほど、なるほど・・・・。

それから、新宿に戻り再び柿傳ギャラリーに伺いました。もう、村瀬さんいらしゃらないかな?と思ったらまだ、ご夫婦ともおられて、私はお目当ての茶卓を購入!最初から決めていたので、迷いなくすぐ買い求めます。村瀬さんの奥さまと世間話をしばらくしていると、ギャラリーのオーナーさんがやってきて、みなさんと一杯やることになりました。それから、ほんの1時間ですが、いろいろなお話をうかがえてとても楽しかったです(ありがとうごさいます)

この日こ購入した辻村唯さんの器と村瀬さんの茶卓がまた相性がバッチリですね。そして、村瀬さんの茶卓ですが、塩豆をのせてもほらいい感じ♡ワイングラスには早速ワインを入れて、いただいてみます。
うーん、新しい展開だけどいいですね!今日は1日器を堪能しました。

2008年12月 6日

ジュリ~(樹木希林風に ) 

お弁当ブログ更新してます

沢田研二さんの還暦コンサートに行ってしまいました。なぜか主人がチケットを持っていて!昼間3時から夜の9時半までの6時間半の間に80曲を歌うのです。「そんな長い間歌い続けられるのかしら?」と思ったけど・・・・。ジュリーはすごかった(驚)ほとんどMCもなくずーっと歌って80曲です。何よりもとても声いに艶があって~歌がうまいのですよ!あと、ヒット曲メドレーがすごくて、すべてフルコーラスで、しかもほとんど歌詞を覚えてて歌えてしまうのです・・・・。なんだか、すごいコンサートを見せていただきました。すごく良かったです!


コンサートが終わって、いろんな方にこの話をすると「私も行ったんだ!」という方が意外に多かったのにびっくりしました・・・・。皆さん仕事をさぼったりして行ったのね~。

2008年12月 4日

レディースランチ

お弁当ブログ更新してます

女性ばかりで7人で食事をすることになりました。ここ2、3年仲良くしてもらっているタレントのMちゃんなのですが、実は不思議なご縁で、別に知り合った私のお友達のRちゃんともつながりがあり、仲がいいらしいのです。「3人でごはんを食べよう」と言っていてかれこれ1年ほど予定が合わず、実現しませんでした。今日はそれを意識したのではありませんが、たまたま一緒にランチすることになりました。「予定が合わないね~」なんて言ってたのに、その時はそのことは忘れていて、後になり気がつきました。

出版社やテレビ業界でご活躍のバリバリのキャリアの方たちで、レディーストーク炸裂です。2時間足らずのランチでしたが、とても、皆さんのパワーを感じて、元気をいただきました。 充実、充実です。


こちらの個室を使わせていただきました。お料理も素晴らしかったです!
でも、私たちとてもうるさかったと思います。すみませんです。皆さん、また、ご一緒させてくださいませ!


リストランテ カシーナ カナミッラ (Cascina Canamilla) イタリアン
TEL 03-3715-4040
住所 東京都目黒区青葉台1-23-3 青葉台東和ビル 2F
営業時間 11:30~14:00(L.O)18:00~21:30(L.O)
定休日 月曜日

2008年12月 2日

やまと

お弁当ブログ更新してます

忘年会シーズンですね!皆さん毎晩お忙しい夜をお過ごしなのではないでしょうか?服部の学生さんとも忘年会をすることになり、どこが良いか思案中・・・・・・・。やはり、学生のお財布に優しいお店でないとだめですね。そこで、先日、ある方に教えていただいた、浅草にある昔からの居酒屋の「やまと」に15人で押しかけました。このお店は、安くて、良心的で、ボリューム満点です。いいですね!

写真は前、小人数で伺った時のものですが、このお鍋で1人前のちゃんこ鍋950円なり!一人では食べきれませんね。ほんとに安いのですね。お鍋からあふれんばかりの生鱈、牡蠣、鶏肉、お豆腐、お野菜、食材もとても新鮮。またまたマグロは江戸の居酒屋では必須アイティムです。なので、鉄火巻きやマグロのブツも頼みます。皆さんと盛り上がって、あー美味しく楽しいいひと時でした。散々、飲んで食べておひとり2000円でした(驚)
来年もよろしくね!その前に、家でも宴会をしましょうね!

店名 やまと (やまと) 居酒屋
  TEL 03-3861-9884
住所 東京都台東区浅草橋1丁目10-14

2008年12月 1日

浅草・喜美松

お弁当ブログ更新してます

浅草の有名なモツ焼き屋さんです。モツラーさんと直接お店で待ち合わせ!下町酒場をとてもご存じの浜田師匠も初めての来店だそうでして・・・・・。何を食べようか、とてもメニューも親切で写真入りです。お店でアルバイトしているのは、息子さんでしょうか?ご主人にそっくりの若い(イケメン)男の子が2人一生懸命働いています。どのお刺身も焼きものも素晴らしくおいしいお店でした。うーん、友人のTさんが通いつめてる理由もわかります。


左側は茹で豚のスライスです。これがすごくおいしくてびっくりしました!生姜たっぷりのお皿はレバーの湯引き!メニューの隅っこに、豚さんのイラストがかわいらしく飾っていました。この手作り感がいいですね


お刺身を全部食べたいというとこの2皿が用意されます。最低でも4人いないと多い量ですね。本当においしい新鮮プリプリのお刺身の数々です。ミニトマトや揚げ銀杏など普通のおつまみもたくさんあるのです。ポテトサラダも食べましたが、写真を撮り忘れました。

下の焼き物はこのお店の常連さんにお勧めをみつくろってもらいまして、人数分よりは少なく頼み串から外してシェアしました。おいしいな~。ふっくら、プリプリの食感がたまりませんね。一番右側はタンモトの佃煮風に煮込んだもの!白い御飯がほしくなる味わいです。

お刺身は新鮮切りたてなので、オーダーを入れてからかなり時間がかかります。つくね鍋なるものもありまして、食べてみたいのですが、おなかがもう一杯でもう食べれませんね!お肉以外もたくさんおつまみもありまして、とても、とても、良いお店でした。ごちそうさまです。まだ、食べきれないメニューもあるし、また、近いうちに伺いたいと思います。

店名 喜美松 (きみまつ) ホルモン、焼鳥
TEL 03-3874-5471
住所 東京都台東区浅草4-38-2
営業時間 17:30~23:00(LO22:30)
定休日 土曜・日曜・祝日

2008年11月29日

藤塚光男さん

お弁当ブログ更新してます

亀岡の藤塚光男さんのところに伺いました。藤塚さんのお家の2階に作品がたくさん並んでいます。一緒に行った、下北沢の野菜料理で有名な七草のRちゃんと興奮しながら作品を見せていただきました。見ていると「あーあれもほしい、これもほしい」と思います。初期伊万里の趣きをもつ 清楚で愛らしい染付けや李朝を手本にした白磁の器なのです。しかし、自分のお家の食器棚の容量を考えないとね!白磁の四角いお皿としのぎの丸い白いお皿をオーダーして「東京の個展でまたお会いしましょう」と約束をして今日はひとまず帰ります。
    

東京の個展は赤坂の鏡花で今、やっていますよ!どうぞ藤塚さんの作品をご覧になってみてください。

初日のレセプションに遊びに伺いました。今回、私が手に入れた藤塚さんの器!まだ、あるのですが今度ゆっくりお見せしますね。藤塚さんはお酒が大好き!お酒の話でしばらく盛り上がりました。今度は酒器を見せてくださいませ!

2008年11月26日

ワインスクールの生徒さんと!

お弁当ブログ更新してます

私は数年前まで、アカデミーデュヴァンの講師をしていました。そして本当に久しぶりにワインスクールの生徒さんと集まることになりました。かれこれ10年以上たっていますが、不思議ですが,会えなかった時間がなったように皆さんとお話ができます。たぶん、職種もバラバラでワインが好きな仲間が集まっているので、とてリ、リラックスしながら最近の心境などを話せるからでしょうね。ワインスクールの仲間ですが、難しいワインの話やうんちくを話す人はいません。そこまたスマートなところ!永遠に自分が最近飲んだ高級ワインや高級レストランの話をする人がいますが、それもげんなりします。今日は楽しい皆さんのお話だけで美味しいお食事とワインをいただきましょうね。

代々木のレストラン・ル・ボヌールという初めてのお店です。女性のほどんどが、独身だったのに皆さんしっかり結婚されてお子さんも恵まれて幸せそうです。今日は旦那様にいていただいているという話!
やはり、10年は経っているのですね。今日は久しぶりに高級ワインをいただきました。楽しメンバーなのでより一層味わい深いものになりました。

私は年をとることは悪くないなと思っています。人生折り返し地点になりましたが、20代30代ではわからなかったことが、いろいろと感じられるようになったし、気分的にとても楽になりました。20代30代はとても悩んでいた気がします。今は40代になり、ブレがなくなり自分の気持ちがはっきり(別名「融通がきかない」)しているので、次のポイントがとても楽しみになってきました。だいぶん子供の手が離れたのもありますね!子育てが始った皆さんは「今からもう一息がんばれー」ですが、とても、幸せなことですからがんばりましょう~。10年後も皆さんでこうしてワインが飲めるように!と思っていますよ。もちろん、来年の年明けもご一緒いたしましょうね!

2008年11月24日

ミシュラン3星レストラン

お弁当ブログ更新してます

ミシュランの星の発表があって、とりあえず仲良くしていただいてるシェフのところに「おめでとう」メールを入れました。たぶん皆さんお忙しいし返事は期待はしてませんでした。でも、にとりあえずはお祝いメールを送りましたが、さすが星付きレストランのシェフたち「ありがとうございます」とお返事や、わざわざお電話くださるシェフもいらしゃいました。星付きのレストランのシェフは、やはり、気遣や思いのあり方が違うのだと思いました。

ミシュランの発売日のお昼に、たまたまですがランチに伺いました。レストランのスタッフにまずは「おめでとうございます」とご挨拶を!前回予約を入れたとき、ミシュランの発売日に重なるなんて考えてもいなかったのです。今日は、またまた期待してまいりましたよ!今日のこの日のお食事のメンバーを人選した方の実はお誕生日でした。なので、少しスペシャルなお願いをしているみたい。はじめはカクテルグラスのマティーニ仕立てのスープから始まりました。このスープの香りと味わいが素晴らしかった。オリーブに見立てているのは銀杏です。スープは仔牛です。フレーヴァーはある野菜が使われていました。種明かしをすると、今から行かれる方が楽しくないので秘密にしておきましょう!

いま、カンテサンスは一切撮影はできません。今回は取材をかねて(?)おりまして特別に映像をいただきました。ご了承くださいますようお願いいたします。

お誕生日の方には、薔薇の花の飴細工が付いていました。なかなか憎い岸田さんの演出です。フランスから帰って来られてすぐ時に、いろいろ、食べ歩きをご一緒にしましたね。どのようなお店にするかすごく悩んでた岸田シェフ。プレオープンの時にもフランスに彼をたずねたお友達ご夫妻と伺いました。そして、今回のお料理が、本当に満足の3星の料理の数々だったのは言うまでもありませんが、絶えず彼は進化を遂げているのだと考え深いランチでした。

2008年11月23日

ヒューゲル・ワインメーカーズディナー

お弁当ブログ更新してます

ヒューゲルの当主のエティエンヌ・ヒューゲルさんを囲んでのディナーに参加しました。料理の内容は、南国酒家の中華。それとアルザスワインのワインのマリアージュです。久しぶりにアルザスの品種をいろいろ並べて、いただく機会でした。私はお料理教室の生徒さんやグルメの仲間と参加しました。とても、今回も新たな発見がありました。高貴品種だけをブレンドした「ジョンティー」すごくブレンドのバランスが素晴らしく、食中酒としては一番おいしくいただけて、「美味しいですね!」とエティエンヌさんに話すと「はい、でも一番安いのですよ」とお話がありました。いちばん安いワインのライナップをほめられて、ちょっと面白くない?かなー?と後でふと反省したけど、このワインをすぐ半ダース注文してしまいました!メンバーでとてもアルザスの話や、ワインの話で盛り上がりあっという間の3時間もっと飲んでいたかったのですが、楽しい時間は早いのですね。


アルザスは今からがとてもスペシャルな季節。クリスマスのデコレーションの屋台が町たくさん並ぶ季節です。今年は無理だけど、このシーズンに一度アルザスを訪れたいと願っています。「アルザスにきたらぜひ連絡してください」とすぐに担当の方からメールをいただきました。後方の方もしっかりとされていて、さすが老舗のワインメーカーです。

2008年11月22日

但元いり豆本店

お弁当ブログ更新してます

先日見た亀戸のお豆屋さんとても有名な店らしいのですよ!「但元いり豆本店」というお店なのですが、すごくお店のたたずまいが、レトロでいい感じ~昔ながらの升で量り売りしてくれる店なのです。美容院で岸朝子さんの本を読んていて、「あっ、これね!」と気がついた。亀戸の明治通りと蔵前通りの交差点にあります。たたずまいがただものでなかったもので写真に撮ってしまいましたが、信号待ちのときショーケースを覗くと定番の青えんどうの塩豆、ソラマメの炒ったもの、おのろけ豆なるものまである。「あー買いたいな」と思ったけど、初めてお会いする方もいて皆さんに後れをとってはいけないので、我慢したのですが、酎ハイをいただくときに思わず、塩豆をオーダーしてしまいました(笑)青えんどうの塩豆の表面が白いのは牡蠣の殻が細かく砕いたものと炒るからなのだそうです。「じゃーカルシュームが取れるのかな?」と思ったりして、下町はいろいろなお店があり、散策するのが楽しいエリアですね。

店のショーウインドーをのぞいた時に、店の中に鳩がいるのを見つけてびっくり(笑)なんだかマンがみたい。鳩が豆を狙っているのだ!このエリアの詳しい人の話だと、お店のおばさんがうっかりしてると何羽もお店に入っていて、気がついて追っ払うと一斉に外に飛び立つのだそうです。それは、驚くっておっしゃってました。オープンカフェのようなドアのない店だから、仕様がないのかな?でも、おかしい!

2008年11月21日

女同士でピンクシャンパン

お弁当ブログ更新してます

締め切りが迫ってて、本当は仕事をしないといけないのに、私が姉御と慕っている宇佐美恵子さんの家に遊びに行ってしまった~。宇佐美さんは今、中野にある織田学園のファッション部門の校長先生をしている。家から近いこともあり、ちょくちょくご一緒して楽しい時間を過ごしているのです。ファッジョンセンスが皆無な私にいつも宇佐美さんが、いろいろなアイティムを用意してくアドバイスしてくれてます。「今年はこの色、今年はこのスタイル」と的確にアドバイスしてくれるし、手頃な物をみつくろってくれて、また、私が規格外サイズなので、なかなか自分に合う洋服が探せないのです。今回も、これは素敵かも♡というお洋服を用意してくれました。とっかえひっかえ洋服を着替えて、女3人で大騒ぎ!今年のアイティムを決めてから、ピンクシャンパンとスペシャルお手製干しブドウをつまみで、みんなで乾杯しました。女だけのファンショー。すごく盛り上がるのです。セックスアンドシティーでも女友達だけでファッションショーをやるシーンが、あるのですが、これは女じゃないとわからない楽しさなのですよ~。知り合いの男性が見たらあきれるんだろうねーきっと!


今、やっと締め切りの原稿入れたのでアップしちゃおーっと、原稿入れずに遊んでいるのばれたら、担当の方に大目玉だから・・・・・。

2008年11月20日

東京一美味しい酎ハイ

お弁当ブログ更新してます

こん平に行く時に、亀戸の駅で集合になりました。「どうして亀戸?」と思っていたら、「こん平に行く前に東京で一番おいしいと私が思う酎ハイを飲みましょう」と筋金入りのモツラーさんが、亀戸の飲み屋を紹介してくださった。渋~いお店ですね。「店名は内緒ですよ!取材とかさせたくないので」と釘を刺され、出された酎ハイですが、秘密の焼酎のブレンドの一升瓶を、ご主人がグラスにつぎ分けてくれる。それを銘々が炭酸で割るスタイルです。グラスもとてもいい大きさで、とてもいい厚みです。うーん、本当だ!美味しいですね・・・。参りました。かなり、焼酎濃いめですね。でも、スーッと飲めちゃいます。だめだ、これは調子にのってお代わりすると酔っ払いますねーきっと。アテは塩豆をオーダーしました(これまた渋い)来る時に、お豆屋さんの前を通過したので、なんだか食べたかったのですよ!貴重なお店をご紹介いただきありがとうございます。


2008年11月19日

こん平

下町酔いどれツアーですが、今回は素晴らしいお刺身をだべさせるお店だとうかがいました。いつも下町の酒場を案内くださる浜田師匠も「行ったほうがいいですよ!」というご指示です。「そうなんだーどんなお店かしら?」と期待を膨らませて伺いました。場所は江東区西大島です。確かに刺身は美味しいですね~。確かに初めて食べる鮮度です。初めて食べる部位もあります。参りました・・・。こんな美味しいお刺身をいただけるとは~期待以上でした。また焼き物がまた素晴らしくい美味しいです。スタミナと呼ばれるにんにく味噌ダレが絶品です。うーん、なんてすばらしいバランスでしょうか?最後にお鍋を皆さんいただくそうですが、私はここでタイムアップ!残念ですが、お鍋は次回の課題ということでお願いします。やはり、浜田さんの周りのモツラーは筋金入りです。今後ともよろしくお願いします(ぺこり)

こん平 (こんぺい) 居酒屋、もつ焼き
   TEL    03-3638-7219
   住所     東京都江東区大島2-38-9
  営業時間    17:00~24:00
 定休日 日曜日


2008年11月18日

きょうの料理

お弁当ブログ更新してます

今、発売の「きょうの料理」に、年末パーティーやおもてなしに便利なディップを、紹介しています。12月に放映がありますが、まずはテキストの販売です!今度、うちにお越になられたら、お渡しできるようにご用意しておきますね!どうぞ、ご覧になってみてください。これから、自分はフリーになるので~以前はこのような露出が少し恥ずかしい感じもしましましたが、そんなことは言っておられませんね。これから自分がどのような仕事をするか、活動をするのか、少し真剣に考えた1年でもありました。その締めくくりのお仕事でしたので、今回は少しがんばって、見たいと考えています。私の大好きな尾身ちゃん(フードコーディネーター)と一緒に出ています。どうぞ、ご覧になられたら感想をお聞かせくださいませね!

2008年11月15日

コマンドリーボルドーの会

お弁当ブログ更新してます

ボルドーの騎士団コマンドリーボルドーの会に参加しました。今年から新たに会員を集めて会を発足しました。この会はボルドーワインの普及のために日本で活動するメンバーを募ります。この会の授賞式の後、ガラディナーになりました。会場はアンドレ・パッションさんのお店です。久しぶりのアンドレさんのお料理。昔ながらのきっちりしたお料理で、とても安心感のあるお料理と美味しいボルドーワインをいただきました。暖炉の蒔きで焼いたカモ料理がメイン。程よく焼けています。サンテミリオンのワインにぴったりですね。コンテのチーズとサラダとパンドカンパーニュ。最後にでセールのお皿にはボルドーの地方菓子のカヌレが出ました。久しぶりのクラシックスタイルですが、なんだか、奇をてらってなくてホッとするお料理でした。次回の会も参加させてくださいませ!


2008年11月14日

笑いが止まりません~

お弁当ブログ更新してます

花ちゃんの個展のイベントが終わってから、柿傳さんでお食事を出していただきました。花ちゃんとはもちろんですが、平松洋子さん、つのだたかしさん、花ちゃんのお母さんとご一緒させていただきました。柿傳のオーナーの安田さんが「本当はお料理を全部花子さんの器お出ししたいのだけど・・・・。」とおっしゃったけど、10名もいるのだからそれが全部そろうのは難しいと思います。それでも、このこの酒盗の入ったつぼつぼと、焼きものの載っている波のお皿とデザートのフルーツのポットは花ちゃんの器だった♡いいねー!花ちゃんの器はやはりお料理が載るととても、とても、素敵だと思います。お食事もたっぷりいただきまして、おなかがいっぱいですね~。


お話が楽しくて、美味しくて、とても素敵な時間です。後半酔っているのもありますが、おやじギャグ炸裂でそれが可笑しくて、可笑しくて、笑いすぎて涙が出て、息もできないほどになり、次の朝、笑いすぎで腹筋が痛くなってしまいました。久しぶりに子供に戻ったような気持ちになりました。皆さんとご一緒できたことを感謝しております(ぺこり)

2008年11月13日

中里花子さんの個展

お弁当ブログ更新してます

11月12日の昨日から、中里花子さんの個展が柿傳ギャラリーではじまりました。早速、花ちゃんのファンを引連れて(?)個展に伺いました。今回の個展は、また彼女の個性がキラリと光るものがたくさんあって、とても、新鮮な内容になっていました。粉引きも面取りもいい感じの仕上がりです。何と言っても普段使いの食器が素晴らしくで、見ているとあれもこれも欲しくなるので、「ちょっと冷静ならないといけないな~。」と思いました。一目ぼれした壁掛けとスクエアーの皿を取り置きしました。柿傳のギャラリーは新しくなりとても素晴らしいのですが、今回の花ちゃんの個展が一番しっくりときて、とてもいい空間になり、すごく良い気が流れているのを感じます。

ギャラリーリニューアルして初めての花ちゃんの個展だったのです。初日を盛り上げていただくために、花ちゃんのことをかわいがられている平松洋子さんにほんの軽く「おもてなし」のレクチャーをしてくださいました。花子ちゃんと平松さんのトークがとても面白くまた、心地よく、充実のひと時でした。まだまだ、来週の水曜日まで個展をしています。柿傳ギャラリーを覗いてみてくださいませ!


2008年11月11日

イメージカラーはグリーン!

お弁当ブログ更新してます

ペリエ・ジュエのベルエポックの2000年の新ビンテージのお披露目パーティーです。ベルエポックのボトルはアネモネの花がとてもラブリーなイメージのボトルですが、これはもともとガレがオリジナルでボトルに絵付けをしたことによりこのスタイルになっています。ギフトボックスにはこのアネモネのグラスがセットになっています。パーティーのエントランスから素敵なお花のアーチが設けられていてなんだか夢のような光景です。料理はこのためだけにフランスの南仏のヴァランスの三ツ星の女性シェフのアンヌ・ソフィー・ピックさんが料理を作りにやってみえました(すごい)!フランス唯一の三ツ星女性シェフです。彼女の料理とベルエポックのシャンパンのマリアージュです。


ベルエポックのグラスをすべてセッティングして、いくつもいくつも花が咲いていて、ペリエジュレののガーデンでパティーをしているようなしつらえで、お料理はとても完成度が高く、日本でこれだけのお料理を160人分出すのはとても大変なことだったと思います。

後半は96年のマグナムのベルエポックで熟成感のあるシャンパンをメインでいただき、チョコレートには、とても高価なロゼシャンパン(1本50000円なり)も贅沢に量もたっぷり出していただき最後の最後まで素晴らしい演出のお食事会でした。


イメージというものはとても大切なものなのだと、本当に思いました。ブランドのイメージはいろいろありますが、どのようにこのシャンパンを飲むかはその方次第ですね。高価な1本のシャンパンをマニアックに10等分するのもひとつの飲み方ですが、なんだかもうそれは卒業したいですね。贅沢なのか貧乏なのかわからない!!シャンパンのいただき方は本当にその人のセンスがわかるものだと本当に実感した思いです。


2008年11月10日

服部学園祭

お弁当ブログ更新してます

服部学園の学園祭に行ってきました。今まで内部の関係者なので、学園祭を楽しむことはできず、裏方で働いていたのですが、今回は初めてお客様でうかがいました♡地下のレストランでお食事をいただきました(初めてです)前菜、メイン、デザートでとても内容も充実~。和洋折衷のコラボ料理です。私たちのテーブルは、みんなが働いてるところが見えるーシェフズテーブルになっていました!うーん楽しいです。友人のMちゃんとSさんとレディース3人組です。

フォアグラの茶碗蒸しと和食の八寸のようなものと洋風の酢の物です。美味しいですね~。メインはステーキ・牛のほほ肉の赤ワイン蒸しとリゾット・フリットが一緒になったお皿。充実のメインディッシュでした。サービスもかわいい生徒君がやってくれた!

ガールズ・トーク炸裂の楽しいランチ。私を含め(?)美女3人だったので呼んでもいないのですが、担当の先生が何度も何度もやって来てご説明くださいました。ごちそうさまです。

初めてでしたが、イベントの築地田村の田村さんの講習を女子3人で受講しました。とても勉強になります。あー学園祭たのしかったなぁ~!やはり、学校っていいな・・・・。


2008年11月 7日

カウントカー

お弁当ブログ更新してます

オーストリア料理のカウントカーさんに伺いました。前回、伺いとても、とても、気に入ってしまい是非ともまた伺いたいと思っておりました。前にも書きましたが、栢沼 稔(かやぬま・みのる)氏のお菓子屋さんのお隣にあり、こちらのお店も栢沼さんがオーナーのお店です。バイザグラスでお料理と合わせるコースをお願いしました。料理はとても丁寧にきちんと作られていて、どれもおいしくて、ワインも5,6種類出していただき、グラスはロブマイヤーのグラスです。お店に雰囲気も洗練されて、とても、好みです。飲食業界の皆様とお食事させていただき、とても楽しいひと時でした。

ここのお店が素敵なのは、サービスマンがとてもとても心地よいサービスをしてくださること!あー近いうちにまた伺いたいです。美味しかったです。

■カー・ウント・カー
所在地:東京都港区赤坂1-4-6
TEL:03-3582-6622
営業時間:11:30~14:00L.O.(水木金のみ)/17:30~21:30L.O.
定休日:日曜日、祝日
東京メトロ銀座線溜池山王駅より徒歩5分。

2008年11月 5日

住宅街のお肉屋さん

お弁当ブログ更新してます

小さなお店ですので、ご迷惑がかかるといけないので、店名は内緒ですが、住宅街にひっそりとあるお店です。お肉と内臓は絶品です。居酒屋とモツをこよなく愛する皆様(男性)と5人で伺いました。さすが、メニューの選び方に抜かりは有りません。バケットは持ち込むと、ガーリックパンに焼いてくれます。いちばん最初の写真は、「牛刺し盛り合わせ」これで1人前です(びっくり)どの部位も新鮮!この日は、土曜日で実は土曜日は無い部位も多いらしく今日は運よくいろいろな部分が残っていました(ラッキー♡)本当においしいです。そのあとは、和牛のタンをいただき、つくねをいただき、煮込みも抜群においしい!


テールと内臓のの煮込みもこれも1人前です。きっと一人では食べ切れないです。最後にホルモンと玉ねぎの炒めものをいただきました。この中に入っているモツが素晴らしかったです!うーん、肉を堪能したこの日は、もう、明日死んでも、思い残すことは有りませんと言う満足感でした。近いうちに、また、誰かといきたいな・・・。でも、大人数でないと難しいのよね~。などと思いました。誰かご一緒しませんか?


2008年11月 4日

羊・サーフォークを食べる会

お弁当ブログ更新してます

「サフォークを食べに来ませんか?」とお誘いをいただきました。えー!「サフォーク」私が、大好きな羊ちゃんではないですか!!サフォークは青森のお肉屋さんが、ぷりぷり新鮮なものをお届けくださるとのこと・・・。これは行くしかないでしょう!新鮮な羊は、まずはハーブ塩とオリーブオイルでお刺身でいただき、ハツとレバーもお刺身でいただき!写真はないけどタルタルをいただきまして、タタキと煮込みとローストと本当にフルコース。お肉も素晴らしかったけど、煮込みなどの調理法が素晴らしかった!乾燥ライムとひよこ豆とスパイスで煮込んだ羊は初めて食べるお味で、スープも最後まで飲み干してしまいました。どこのお店のお料理人さんかはちょっとまだ、内緒ですが、久しぶりの新鮮な羊ちゃんにちょっと、興奮してしまった夜です。この模様は知り合いの方の取材でパーティー模様はご本が出た時にお知らせいたしますね~。次回のお教室で羊を取り寄せしようかな~と思った私でした。ごちそうさまでした。


羊はとてもヘルシーなお肉。高タンパクでコレステロール値が魚並に低く、ビタミンB2,B2、B12が含まれています。あと、カルにチンがダントツに多くて、カルにチンは新陳代謝を高める効果があり、ダイエット中でも安心していただけますね!

2008年11月 3日

お茶会

お弁当ブログ更新してます

ひさしぶりにお茶会に行きました。塗師の村瀬治兵衛さんのところで月に1度ある「お手軽お茶会」です。「白い靴下とおかえしをお持ちになってね」とメールをいただき、このフレーズがとても懐かしいです。
本来は分業である木地師、塗師を一人で兼ね漆器作りを始めた初代治兵衛氏ー魯山人に愛顧され指導を受けたそうです。今の村瀬さんは3代目。とても、きっちりした漆器です。

お茶をいただいた後に、お食事を出していただき、「こういう使い方ができるのね~」というお手本を見せていただきました。私はお教室用のお取り皿がほしくて、この日買いそろえました。次回のお教室で使いますので皆さん楽しいみにされてくださいね!

2008年11月 1日

西口やきとん

お弁当ブログ更新してます

下町酒場の指南役のHさんに「西口やきとんに行きましょう!」とメールをいただきました。「西口やきとん???どこの西口?新宿?」と思いながら~待ち合わせは浅草橋の駅でした。お供してくださったのが、ニッキーさん。お店に到着して納得。「西口やきとん」というのは店名だったのですね。(フム、フム!)代々木で仕事をしていたので移動はズムーズでした。お店の中は、まだ、口あけで準備が整っていない様子。「焼き物はあと30分後に!」といわれました。では、焼きもの以外ではじめは先ず一杯!レバー刺しは串に刺したスタイル!にんにく味噌が付いてきます。このお味噌がおいしいこと!これだけで、ビールが1杯は飲めそうです。また、煮込みは「塩煮込み」のスタイルです。あっさりでとても美味しいので、ひとりで一皿頂けそうですが、たくさん食べるものがあるので、我慢、我慢。「焼き物準備整いましたよ!」と言われたので、メニューに気になってた「赤獅子」「白獅子」を頼みます。なるほど、赤獅子は「ハツ」と「ししとう」、白獅子は「油の部分」と「ししとう」です。うーん、ネーミングが素敵です。バケットの串刺しもあぶってくれて、パリパリの美味しさです。イタリアンな1皿もあり、皿なんこつもここでしかない味ですね。飲み物はやはりシュワ、シュワ系の下町のハイボールでしょう!あー楽しかった。さすがHさん。また、面白い店よろしくお願いします(ぺこり)

  ■ 西口やきとん (にしぐちやきとん) やきとん、 焼鳥
     TEL     03-3864-4869
     住所    東京都台東区浅草橋4-10-2
     営業時間   16:30~22:30
     定休日    日曜・祝日


2008年10月31日

どろよい?

お弁当ブログ更新してます

ワインバー経営のTさんや手広くお店の展開をしているMさん、私の大好きなフレンチのシェフKさんなどと友人の浅野まきちゃんを囲んで食幹でワイン会です。佐藤君が気合いを入れて料理をご用意くださった♡1か月ぶりの食幹ですが、すごく久しぶりの気がします。このお店は、カウンターで料理人さんが料理を作るので、ライブ感がありとっても楽しいのです。もちろんお食事もおいしいし!何を思ったかマグナムボトルを3本持参のTさん!「多すぎるよ!」と思ったけど結局帰りには全部ボトルが空いていた(ひぇー)完全に飲みすぎですよね。でも美味しかった♡本当にありがとう!また、年明けにでも集まりましょうと話して解散です。

  ■ 食幹 (しょくかん)   日本料理
    TEL    03-3797-1911
    住所   東京都渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビル B1F
   営業時間  6:00~11:30
   定休日   日曜日

2008年10月29日

山東餃子本舗

お弁当ブログ更新してます

月に一度(特にお天気がいい日)、どうしても、たまらず食べたくなるのが餃子です。その時はどうしても頭が餃子で、それ以外のものは食べたくないモードになってるので、ぐすさま餃子を食べに行きます。少し我が家からは遠いけど、ここの餃子とビールの組み合わせが私の餃子の欲求をしっかり満たしてくれます。ここは中華料理屋さんですが、ここではやはり、焼き餃子と水餃子をひたすらたべるのがお勧め!焼き餃子と茹でた水餃子各2人前はひとりでいけちゃいますよー!最近人気のお店なので、土日は行列ができたりしています。

餃子は作りたての焼きたてが一番おいしいですよね。ふー餃子でおなかがいっぱいです。あー大満足。また、頭が餃子になってしまったら伺いますね。ごちそうさまです。

餃子の食べ方は、ひとぞれぞれ。皆さんどのようにお食べになますか?私は焼き餃子は、豆板醤のような唐味噌だけで、水餃子は黒酢だけで食べるのが大好きです。順番的には、焼き餃子を平らげて、水餃子にうつります・・・。あー今日もいいお天気なので、なんだか食べたくなってきました!

  ■ 山東餃子本舗 (サントウギョウザホンポ) 餃子、中華料理
     TEL    03-3953-7802
     住所   東京都練馬区旭丘1-55-4
    営業時間  
    定休日   月曜日

2008年10月28日

肉、肉、肉

お弁当ブログ更新してます

少し前ですが、ブルギニオンに伺いました。このときは、お料理は菊池シェフにおまかせしてお願いしたら、肉、肉、肉という構成になりました・・・・・。鶉の冷製、ブーダンノアール、鹿肉を2切れ、鴨肉を2切れ・・・・。これはもうがっつり濃い赤ワインを、飲むしかないでしょう~ね。こんなにお肉料理が続くのに、軽やかで、とても心地の良い皿の流れです。季節も秋ですので、濃いワインがなんだかほっとさせてくれます。最後のカモ肉までしっかり、ぺろりとたいらげました。実はここのところ、肉づいている私を、まるでシェフは知っているかのようです。だめだ、今夜もまたお肉がたべたいよー!!

   ■ル・ブルギニオン (Le Bourguignon) フレンチ

     TEL     03-5772-6244
     住所     東京都港区西麻布3-3-1
    営業時間 11:30~15:00  18:00~23:30
     定休日 水曜・第2火曜

2008年10月27日

いちばん利用頻度の高いもの

最近、周りの私の友人は 「炊飯器はお蔵入り」とか「電子レンジを捨てた」という話をよく聞きます。かっこいいなぁ~。私もそうしたい!どうしているのかといえば、ご飯は土鍋や有次の銅の釜で炊いているのです。たしかにこだわりのご飯で、本当においしいものがいただけていいなと思います。電子レンジも同じくで、やはりできれば使いたくない。小料理屋さんでお酒の燗をつけるのに電子レンジを使われたりすると、げんなりして一気に盛り下がるでしょう?しかし、しかしです・・・。息子にご飯を残してきたり、朝6時半までご飯が炊けないといけない我が家では、タイマー付き炊飯器無しでは成り立ちません。1日最低2度は使う炊飯器。文句も言わず働いてくれて、炊飯器を発明した方に感謝したいですね。電子レンジも同じくで、「電子レンジを使ったレシピにしてください」とよく言われるので、これがないと困ります。

ご飯をかまどで巻きで炊きあげたり、食事のときに手間暇かけて準備できることが贅沢に思えるこの頃、私も早くそのように優雅になりたいと思うのですが、しばらくはむすかしいとあきらめています。
 

2008年10月26日

普段使いの漆器

お弁当ブログ更新してます

赤木明登さんのお椀とパスタ皿。最近、阿佐ケ谷のひねもすのたりで最近購入しました。息子のタラコスパゲッティーやお椀にはヨーグルトとフルーツを入れて、毎日のように使用しています。「いいな~いいな~」と思いながら毎日使いうと、なんだかすごく得した気分になる。なんでもない食材や食事を盛り付けて、ぱーっと華やぐ器は、とても限られてて、むすかしいものですね。漆器はとても難しいようですが、気軽に和でも洋でも関係なく使ってます。赤木さんの漆器はフォルムが美しくて、使いやすくて~「うーん、やっぱり、いいね~」と唸ってしまいます。いま、赤木さんのお椀などは、オーダーしても数か月待ちで、とても人気の品です。私は折敷などがほしいのだけれど、少しづつ、少しづつ、追加する計画をしているのです。

赤木さんの存在を教えてくれたのは、唐津の陶芸家の中里花子ちゃん!それから、赤木さんの奥さまの書いた本を読んでいっぺんでファンになってしまいました。それまで、漆器はあまり家になかったのですが、花子ちゃんの器とも相性がとてもよいのですよ♡いつかは、赤木さんの工房におじゃましたいと思っています。

ひねもすのたりのホームページ

「ひねもすのたり」もとても素敵なカフェです。作家もの器のセレクションがまたセンスがいいので、覗いてみてくださいませね。
 

続きを読む "普段使いの漆器" »

2008年10月24日

小西酒造の「白雪」の酒の会

お弁当ブログ更新してます

「江戸文化と伊丹酒を楽しむ会」というテーマで、兵庫県の伊丹の酒蔵の小西酒造さんの豪華なテイスティングの会に伺いました。これは、ある食品会社を経て、食品会社専門の販売リサーチやピーアールーの会社を立ち上げられた、Y社長のお誘いです。伊丹の酒蔵さんに有名どころがこんなにあることを、知りませんでした(反省)場所は青山のシティークラブ東京です。小西酒造の白雪のホームページを見る

日本酒の利き酒師の協会の木村克己さんがレクチャー下さり、現代浮世絵師のツバキアンナさんとのトークショースタイルで小西酒造のお酒の説明をしていただきました。ご用意していただいたお料理も充実の内容の江戸料理。ねぎま汁やカモ肉など江戸料理を再現してます。お酒は8種類を合わせます。

目玉のお酒は「松緑」という平成9年度の長期熟成大吟醸(非売品)と「文化文政の酒」「江戸元録の酒」は昔の酒造りの記録を紐解いて再現したお酒だそうです。


秘蔵のアンティークな徳利やお猪口もご用意いただき素晴らし会でした。今度、伊丹を訪ねていきたいです。


2008年10月23日

だるま

お弁当ブログ更新してます

門前仲町の「だるま」さんです。なぎら健一さんの東京新聞のCMやポスターでも有名ですね。ここもとても有名な居酒屋さんで、下町酔いどれツアーのやはり定番のお店です~。煮込みや焼き鳥はもちろんですが、串カツ、ポテトサラダ、マカロニサラダ、マグロのぶつなど本当にいろいろなつまみがあります。カウンターにボトルごと置いてあるので、サワーは自分のお好みの味に味付けします。なるほど~。カウンターとテーブル席があり、カウンターには常連さんが座る席があって、長年のこのお店のルールがあるのですね。1皿のボリュームもたっぷりで、1人では食べきれないのでやはり3~5人ぐらいメンバーがいないとだめですね。今日は本当に良いお店をご紹介いただきました。お酒にかかわるお店なら、やはりすべてを網羅したい私なので、今後もいろいろ店をご案内くださいませ(ぺこり)

■だるま 居酒屋

  TEL : 03-3643-7902

  住所 : 東京都江東区門前仲町2-7-3


2008年10月21日

山利喜(やまりき)

お弁当ブログ更新してます

下町の酒場に詳しいHさんと下町酔いどれツアーです。今回は山利喜もりもり店です。とても、洒落た店内でフランス料理ビストロみたいですね。それもそのはず、山利喜の本店は、老舗の酒場で煮込みやモツのお店らしいのですが、こちらの支店はフランス料理を修業した息子さんが始めたお店だそうです。

店の表には赤ちょうちんの一杯飲屋風ですが、中は「おフランス」です。カウンターとテーブル席があり、ブーケガルにが入った煮込みにはガーリックトーストが付いてきます。豚肉のテリーヌ、パテドカンパーニュは本科的な味わいです。白ワインをお願いしました。

いわしのマリネとガツ皿ですが、これもとてお美味しいです。ワインもグラスで赤白各3種ありロゼワインも1つありますので7種類から選べます(大満足)!

オムレツとじゃがいものガレットもおしゃれなおつまみですね。ローストビーフもいただいちゃいました。ワインを3~4杯いただいてひとり4000円なり。とても、気に入ってしまいました。また、ゆっくり飲みに伺いたいと思いました。うちの近所にあったら、週に数回通っちゃいますね!きっと


山利喜もりもり店

住所 江東区森下2-24-3
電話 03-3633-1638 (山利喜本館と同じ番号です)
営業時間 16:00~21:00 (営業時間が異なります)


2008年10月20日

煙もご馳走

お弁当ブログ更新してます

久しぶりに渋谷のお肉の名店「ゆうじ」に伺いました。ゆうじさん覚えてくれてるかな?と不安があったけど~全然覚えてくださっていて、「お久しぶりですね」とシャイな彼はその一言で、すぐ仕事に戻ります。ここは、お肉が本当に新鮮で、また、ゆうじさんが本当にお肉を愛しているのです。お店がお休みの日にもお肉を食べ歩くーゆうじさんは、とても研究熱心。このお店は3年ぶりぐらいですが、とても楽しみにしてきました。

まずはレバー刺しとハツのたたきでシュワシュワをいただきながら、次のお料理を待ちます。この、牛レバーも素晴らしいけど、このハツのたたきが本当に素晴らしかった(うまい)!

その次に煮込みシリーズが出ました。とんこつスープのような白濁したスープで煮込んだモツですが、初めて食べる味。あってもよかった味ですよね。あとは串にさしてお豆腐としょうゆ味のたれで、じっくり煮込んだモツが出ました。これは下町の煮込み風ですが、そこはゆうじさん丁寧に丁寧に作ってあります。これもいいですね~。たまらない感じです。本当においしいです。

焼き物は、ポン酢で食べるタンとミノからでました。タンは芯の部分の本当に柔らかい所をスライスしたもの。久しぶりにこのようなタンをいただいたように思います。ミノも、すんばらしいです。

後の焼き物はここでしか食べられない、レアな部位と、それぞれが違う味付けで出されています。ステーキのようなお肉も本当においしいこと!!1つも手抜きがないのが、ゆうじさんのお肉にかける愛情なのですね。ここまでしてもらえたら、お肉も大喜びでしょう。いいえ、喜んでいるのは私達でした。

最後はみそだれのコプチャンでごはんをいただきます。だめだ、食べすぎだ!店内はもう煙でモクモクです。この煙でごはんが1杯食べられそうです。いやー参りましたゆうじさん。確実にレベルがアップしていて、「ゆうじ」は進化するお店なのだとわかりました。本当に楽しくおいしかったです。ありがとうございました。

 ■ ゆうじ 焼肉、ホルモン

   TEL   : 03-3464-6448
   住所   :  東京都渋谷区宇田川町11-1 松沼ビル 1F
 営業時間 :   [月~金]19:00~23:30(L.O)
           [土]18:00~23:30(L.O)
定休日 日曜・祝日

2008年10月19日

佐世保バーガー

お弁当ブログ更新してます

代々木の駅は週になんどか降りるのです。いつも気になっていた「佐世保バーガー」のお店です。佐世保バーガー東京にやってきてかなりがたちますが、まだ1度もいただいてませんでした。今日は、まだ授業から1時間あります。これは寄ってから~行きましょう!

佐世保バーカーはBLTバーガーなのですね!なるほど、なるほど。ファストフードのハンバーガーですが100%国産ビーフですね。お肉はジューシーでいい香りがします。バンズは焼いた表面カリカリの中ふんわりしていて、なかなかいい感じのハーモニー。おいしいです。飲み物込みで900円ほどで、マックのバリューセットなどとは比べられませんが、少しお高めですがなんだか安心して食べられますね。今度、また時間を作って伺いたいです。


 ■ ザッツバーガーカフェ  ZATS BURGER CAFE 代々木東口店

 住所  : 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-18-1
 営業時間:11:00~21:00
 定休日 :なし
 TEL   :03-3351-1618

2008年10月17日

こいくち屋

お弁当ブログ更新してます

下井草の鉄板焼きの居酒屋「こいくち屋」さんです。今年の夏にオープンしました。とても興味のあるお店です。なぜならば、鉄板焼きはとてもわかりやすい料理法だと思うのです。世界の料理人の憧れのスペインのフェラン・アドリアも注目されています。鉄板焼きは日本料理の中では、とても魅力的な料理調理法と思います。ここのこいくち屋さんは中でも大衆鉄板焼き屋。「こんなお店が出てきたのね~」と軽いショックと感動が入り混じるお店でした(少しオーバー)。

全商品が280円が主流です。ボリュームのある焼きそばや餃子は少しだけ高いのですが、すごくはっきりしたお店です。冷たいビールと焼かない冷たい前菜(カルパチョ、サラダ)鉄板焼きのおつまみにはオニオンスライスがまたいい組み合わせ。この新しいお店でなんだかとても元気をもらう私です。

2008年10月16日

カウントカー

お弁当ブログ更新してます

友人のSさんが連れて行ってくださったお店です。前から行きたかったのですが、私に知り合いでこの店に通っておられる方がいて、オーストリー料理?というカテゴリーですが大変洗練されているお店です。
ウイーン菓子で有名なオーストリア国家公認コンディトールマイスター(菓子職人最高位)の資格をお持ちの栢沼 稔(かやぬま・みのる)氏のお菓子屋さんのお隣にあり、こちらのお店も栢沼さんがオーナーのお店だそうです(なるほどね)。

料理の写真がうまく撮れなかったのですが、お料理が素晴らしく、ワインをすべてグラスで合わせていただくコースでお願いしました。料理はとっても美味しくて私好みの内容でした。また、近いうちに予約を入れたので、お料理の情報はまた今度!この日は面は鶉(うずら)の詰め物をいただきました。

■カー・ウント・カー
所在地:東京都港区赤坂1-4-6
TEL:03-3582-6622
営業時間:11:30~14:00L.O.(水木金のみ)/17:30~21:30L.O.
定休日:日曜日、祝日
東京メトロ銀座線溜池山王駅より徒歩5分。

2008年10月13日

予約が取れない店

久しぶりにエディション・コウジ・シモムラに伺いました。ここのお店は今年の1月ぶりですね~。早く来たかったんですが、なかなかこれなくて、また、予約が取れなくて、今や予約の取れないお店になってきました。このお店は大好きで、お料理も、お店の内装も、演出も自分的には大満足できるお店です。いいですね、やはり!お料理は、食べたか牡蠣の前菜に今日のお魚はキスです。お肉は鴨をご用意いただきました。おいしいですね!


牡蠣の前菜は以前から食べた買ったお皿で、濃厚なカキと牡蠣のピュレと牡蠣の殻の中に入っている潮水ジュースのジュレで最後にトッピングの海苔が素晴らしい風味を追加してくれて!素晴らしい1皿でした。キスのお魚はバニラ風味のなすのピュレのソース。魚の火入れが絶妙でたまりません。
メインのカモ肉は、火入れの仕方に秘密のあるカモ肉です。皮の表面はカリカリで脂分がほとんど感じませんが、カモの肉がとても柔らかくレアで(でも火がはいってて)とろけそうなお肉です(最高!)。私の心をわしづかみされている!!完成度の高いお皿に本当に参りました。

デザートも手を抜かない下村シェフ。ショコラのデザートは本当においしいです。あー楽しかった。月に1度は伺いたいですね。また来まーす。予約は1か月待ち覚悟で入れてくださいませ。

■エディション・コウジ シモムラ
所在地:東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ1F
TEL:03-5549-4562
営業時間:12:00~13:30L.O./18:00~21:30L.O.
定休日:不定休
東京メトロ南北線六本木一丁目駅より徒歩2分。

2008年10月10日

屋形舟

お弁当ブログ更新してます

昨年の服部の生徒さんで、屋形船のオーナーの息子さんがいらして~
できればみんなで乗りたいねと言っていたら、本当に特別に学割料金で船を出してくれることになりました(涙)屋形舟も久しぶりです。この船は、隅田川の屋形の中でも最大級の大きさだそうです。人数は乗船できる人数の半分でしたが、初めて屋形船に乗られる学生もいて、大盛り上がりしました。


 
シャンパンや赤ワインも持ち込ませていただき、とても楽しい宴会でしたね!春になったらまたのりましょう!

2008年10月 8日

てらこや

お弁当ブログ更新してます

武蔵小金井にある「てらこや」という老舗のフレンチレストランです。とても素敵な郊外のお店です。
あれれ?こんなにムディーなお店だったっけ?そうか、いつもはお昼にお食事していたので、夜の雰囲気で違うのですね!

うーん。お料理に合わせたワインもたくさんいただき、ワイン講座の生徒さんと楽しいひと時でした。後期の授業も始ります。どうぞよろしくお願いしますね!

  ■TERAKOYA (てらこや)
  最寄り駅 :武蔵小金井 / 東小金井 / 国分寺
  住所:  〒184-0013 東京都 小金井市前原町3丁目33-32
   電話:   042-381-1101
   定休日: 月曜日・火曜日・年中無休

2008年10月 7日

海の見える家

お弁当ブログ更新してます

逗子、鎌倉あたりに詳しいお友達に誘われて~「なんでも鑑定団」のおもちゃの鑑定などで有名な北原さんのお宅に遊びに伺いました。ここは神奈川の某所!海が見えるこの邸宅は80年前に造られた素晴らしい洋館です。お庭は全部海に面していて、脇は国定公園です。すごくいい気が流れているので~すごくさわやかで気持ちが良いですね~。バーベキューをご用意くださって、ガーデ二ングパティーです。


これが個人のお宅というのも素晴らしいですね。お昼から日が沈むまでの時間でしたが~とても楽しいひと時でした。とても元気をいただきました!ありがとうございます。


2008年10月 6日

ピンクリボン

お弁当ブログ更新してます

エスティーローダーの主催のピンクリボンの乳がん撲滅のパーティーに参加しました~。飲み物やディスプレーも全部ピンクリボンを意識したものになっていて、ペニンシュラホテルの最上階のバーでとても華やかなパーティーです。女性を意識した演出のパーティーでとても参考になります。ここまで、いろいろな演出は大変ですが、この日の招待状には「ピンク色のものを何か身につけて」という注意書きがあります。面白いですね。いま、女性の30人に1人の割合で乳がんの確立があるそうで!皆さんも定期的に検査や注意をしてくださいませ。

「スペシャルゲストがいますので!」とインフォメーションがありました。「ビヨンセー」とアナウンスがあって、出てきたのはエアー物まねの渡辺直美ちゃんでした(笑)かわいかったですね。おもしろかったです。

2008年10月 2日

パルメザンサラダ・クッキングレシピ(秋)

お弁当ブログ更新してます

パルメザンサラダの秋レシピが更新されました!秋の食材満載レシピです。今夜のおかずサラダに、お肉料理のサイドメニューに是非いかがですか?パルメザンサラダのホームページ

2008年9月30日

ひとり呑みではないけれど

居酒屋礼賛
で有名な浜田信郎さんとこいくちや
にご一緒することになりました。浜田さんはみんなから居酒屋の達人と言われいて、この業界では有名人。新しい下井草のこのこいくちやが、また、とても良いお店です。このお店のことはまた今度ゆっくりとお話しするとして、その後、古典酒場の編集長と成田一徹さん
と合流して阿佐ヶ谷の燗酒屋に伺いました。酒場のきり絵で有名な成田一徹さんは、お酒をこよなく愛されている方でとても穏やかで素敵な方でした。もっと、お話していたかったのですが、楽しい時間はあっという間に過ぎます。荻窪の繁寿司にはしごして私はそこでタイムリミットが来てしまいー帰宅することになりました。

浜田さんの新しい本「ひとり呑み」とても良い本ですよ!
「今度は鷺宮のペルルにご一緒してください」とお話して名残惜しいですが、家路を急ぎます。

2008年9月29日

イータリー

お弁当ブログ更新してます

代官山の駅のそばに、イタリアのトリノで注目されているフードマーケットの「イータリー」がでオープンしました。パスタ、ソース、ハム・ソーセージ、チーズ、ワイン、パン、スイーツ、コーヒーなどイタリアでないと手に入らなかった食材とイートインのコーナーがあります。とてもスタイリッシュなショップで、何時間でもいてしまいそうなお店になっています。2500品のイタリアのメーカーの品々がそろっていて、イタリアの食文化を学べるエディケーショナルエリアもありますよ!ぜひ、一度覗いて見えください。ほしいものがいっぱいですよ~。

  ■イータリー  EATALY
  
 住所   東京都渋谷区代官山20-23
 営業   カフェテリア 8:00~23:00
       マーケット 10:00~22:00
       イートイン 11:30~14:30  17:00~22:30 
       レストラン 18:30~22:30 

2008年9月28日

オマージュ

お弁当ブログ更新してます

久しぶりに浅草のレストランオマージュに伺いました。ご一緒していただいたのは浅草在住のしのぶさん(天国の女将)。いろいろ話が盛り上がりすぎて、前菜を撮り忘れた~。食事が終わっても話が終わらず。駅までの15分もしゃべりぱなし!あーランチタイムは短いので今度はゆるっりと夜にでも!お休みを狙って電話しますね。

相変わらずオマージュは素晴らしかった。ほんと2,3年ぶりですね。シェフは私のこと覚えてくださって、ごあいさつしてくださった。ありがとうございます。ぱりっと、ノリの利いたワイシャツのように、きっちりした切れのあるお料理です。私はとてもシンプルだけど丁寧なお仕事のここのお料理が大好きです。ビシソアワーズの中には、コンソメのジュレが入っていてロワイヤルにになっているし、お肉のリードヴォーの火入れ加減ばっちりです。おいしいですね。お野菜もすごく美味しかった。今度は夜ワインをゆっくりいただきながらお食事したいです。

■オマージュ Hommage フレンチ

TEL 03-3874-1552
住所 東京都台東区浅草4-43-4
[火~金]   11:30~13:30(L.O) 18:00~21:00(L.O)
[土・日・祝] 12:00~13:30(L.O) 17:30~21:00(L.O)
定休日  月曜日
*言問道りからゴロゴロ会館の脇を入って突き当る少し手前

2008年9月26日

ダビンチョステーキ!

お弁当ブログ更新してます

「最低250gでレアにしてもらわないとダメ!」と下町の蔵前あたりを拠点にされてるーSさんご推薦のステーキです。250g食べれるかなぁ?駄敏丁(だびんちょ)カットステーキというご主人が名づけて開発したステーキ調理法!和牛のA4ランクのモモ肉「らんいち」の筋を全部きれいに取り除いてカットされたものを、また1塊にしてステーキでレアに焼き上げます。モモ肉なので赤みですが、とろける美味しさで、ジューシで柔らかいです。「肉~!」と欲した時にがっつり食べたいステーキなのです。スパゲッティナポリタンとミックスベジタブル、フライドポテトが洋食屋さんですね。これにお味噌汁とライスが付いてきますよ。ふーう!250g食べちゃいました(驚)

あっ、お店の名前は「レストランカタヤマ」と言います!また、お昼に行きたいですね♡夕飯が食べられなくなりますけど・・・・。


このステーキで5000円ぐらいです。

■カタヤマ
東京都墨田区東向島4丁目2-6
年中無休
平日11時~14時半、16時半~21時
土日祝は11時~21時
※明治通りと墨堤通りが交差するあたり。白髭橋そば。

2008年9月24日

八海山

お弁当ブログ更新してます

八海山の酒蔵さんは、新潟の中でも名の知れたお酒で、皆さん東京でもいろいろなお店でおなじみのお酒だと思います。日本料理屋、居酒屋に手広くお酒を販売するOさんが、新潟の魚沼の話をしたら「八海山に行ったほうが絶対にいいですよ~」とすすめてくださった。お酒も有名だけど、八海さんのおっかさまが素晴らしいので逢ってきたらいいですよと言われました。

時間が短かたのですが、新しくできた近代設備の酒蔵をご案内いただき、迎賓館でお食事をいただくことになりました。

新しい醸造蔵はとても近代的なビルで、新潟が地震にみまわれた直後に作られたそうです。あまり時間がなくさらっとご説明をしていただきました。今度またゆっくり見学させてください。一番右はじの写真が迎賓館の建物です。とてもいい感じの和の建物です。

御馳走ををいただきました。とても丁寧に作られたお料理をいただきながら、八海山をいただきました。

クジラ汁は新潟名物料理だそうで、私は去年訪問した時に酒の陣の売店で1杯いただきました。全然味が違いますぅ~。こんない美味しいとは思いませんでした。とても体が暖まります。

この日は、小千谷の花火大会の日でした。できれば私たちも行きたかったのですが、席もなく参加ができませんでした。八海山の社長さまが、「来年は桟敷席をとるのでいらしゃい」言ってくださいました!ほんとですね、ほんとに行きますよ~ご紹介くださったOさん、おっかさまは本当に素敵な女性でした!ありがとうございます(ぺこり)


2008年9月23日

お嫁入りしたぬか床


新潟で半農生活をしている大桃美代子ちゃん。彼女の田んぼの無農薬の「ぬか」をいただいた。何よりも我が家にはうれしい贈り物です。ぬか床は九州から持ち帰ってかれこれ十数年!ずーっと元気に野菜を漬けては、お漬け物をいただいています。美代子ちゃんがぬか床をほしいというので、いつもより量を2~3倍に増やしてその半分を美代子ちゃんに差し上げました。ぬか床は元気かな?と思っていたら彼女のブログにぬか床のことがあるのを発見!!我が家から嫁入りした子は元気なようです。以前も作り方を書きましたが、ぬか床は夏のもの。皆さん作るなら今がラストチャンスですよ~。
大桃美代子ちゃんのオフィシャルブログ
「九州出身の美人さん」というのは私のことです!!(お気遣い感謝ですね)

美代子ちゃんの稲刈り帰省の時に私も魚沼で合流、彼女のお家から比較的近い酒蔵さん2件に行きました。1つは緑川酒造でもう一つは「八山海酒造」八海山では、お母さんの素晴らしい手料理をごちそうになることに・・・・。それは次にお知らせいたします。

新潟は駅からタクシーで移動。両サイドは田んぼです。もうすぐ収穫ですね!

続きを読む "お嫁入りしたぬか床" »

2008年9月21日

お弁当ブログ

毎日作っているお弁当のことを書いてゆきたいのですが、こちらにはできれば違う形の情報をアップしてゆきたいので、こちらは飲食業界のことやワインのこと大好きなシェフのことお料理教室ををアップします。で、アメーバーのほうには毎日のお弁当作るが自分でも楽しくなるように、毎日の食事のことお弁当ことなどアップしてゆきます。どうぞ両方見てくださいね(ぺこり)

お弁当ブログ

2008年9月20日

朝ごはん?

今日の息子の朝ごはんです。朝お弁当を作るので毎日ご飯を炊きますね。今日は昨日の鯛のお刺身で鯛茶漬けです。「えー朝から?」と言われるけど、お刺身を一晩お醤油に漬けるので朝が一番食べごろです。薄口と濃口のお醤油に漬けておいてから、すりごまをまぶします。海苔と青しそを添えておだしをかけていただきます。息子はこれが大好きです。ちょっとお野菜が足りませんが、朝からご飯をさっと食べて行ってくれるのでお手軽です。


私が子供のころも、実家ではお刺身がたくさん残るとお醤油に付けて次の朝お茶づけでよく食べました。生のお刺身より私は少し火のはいった白身のお魚が美味しいと思っていました。

2008年9月19日

今日のお弁当

昨日は新潟から夜に帰ったので、お夕飯を作っいません。しかも買い物に出てないので、お弁当のおかずに~悩みます。今日のメインは、たらこのを中心に入れた卵焼き!サーモンフライは、週末の夕飯の残りを冷凍していたもの。「おかずがない」とあせったわりには、いい感じに仕上がりました。月曜から土曜日まで週6日お弁当作りです。水曜日ぐらいにサボリたいけど~頑張るしかないでしょう。最近は準備もするので、20分以内でお弁当ができますね。今度は最速で何分で出来上がるか計ってみようと思います。


なんて、ブログを更新していたら弁当をテーブルに忘れて息子が出かけて行った(汗)ぜいぜい、あせって自転車で追いかけてバス停で捕まえました~。朝5時半起きしての力作なんだから忘れないでよね―もう!

2008年9月17日

酒蔵見学、緑川酒造

最近ご縁のある新潟の魚沼です。去年は簗にお邪魔して温泉に入って楽しかったです。今年は折角ですから酒蔵を訪問しました。まずは緑川酒造に伺いました。手を洗い、白衣を着て、帽子をかぶり準備完了です。夏なので酒造りはしていませんが、秋の米の収穫が始まる今からがシーズンですね。まずは、麹を作りの室です。仕込みが始まると中には入れないので、ここは夏の今でなければ入れません。数日後から仕込み開始ということで、ここのお部屋はもう暖め始めていました。


タンクの上が部屋になってるのですが、中を覗くとタンクの中が見えます。もちろんまだお酒は入っていませんが・・・。その隣の緑の機械は出来上がりのお酒を搾るふねです。これでお酒を搾ります。酒かすがおいしんだろうな~。最後に試飲をさせていただきました。大満足ですわ。


いつもお世話になっている社長様がアメリカ出張でいらしゃいませんでしたけど今度はお酒が作られている冬に伺いたいですね!新潟は日帰りできて思いのほか近いので♡


続きを読む "酒蔵見学、緑川酒造" »

2008年9月13日

お弁当開始

中学生の息子が9日まで夏休みで、休み中お弁当いらずでちょっと楽チンしていました。とうとう夏休みも終わり、お弁当生活が始まります。今までアラームが5時30分に鳴っても2度寝していた幸せな生活でしたが今日からは起きないとね!唐揚げのお弁当が初日です。我が家のから揚げは、卵の白身だけを衣に使います。から揚げは私の得意料理です。たくさん作ったつもりでも、あっという間になくなります。から揚げを作る時には、塩にポイントがあります。衣に隠れてもしっかり塩味がするように、岩塩系の塩をまずお肉にすることです。最近、お肉用に使うのは「モンゴルの塩」を使ってます。冷めてもしっかりした味がのっていておいしく出来上がりますよ。唐揚げのお塩に岩塩系!是非お試しください。


唐揚げの詳しい作り方は、次回お知らせしますね。
卵の白身は、いつも冷凍しています。お菓子を作る時に、卵黄だけ使用することも多く、また息子は納豆に黄だけかけたりするので冷凍のストックがあります!白身の部分だけで唐揚げの衣を作るとパリパリ、サクサクに上がります。白身は冷凍保存が長くきくのでとても便利ですよ!今日のフライドポテトは「きたあかり」を揚げてみました。お弁当作りをしているお母さん~がんばりましょうね!

2008年9月 8日

お誕生プレゼント!

浅草の龍圓の栖原さん!とても、料理作りに熱い料理人さんです。先日「夏フェス」にも参加して料理を披露しておられました。「伊野さん誕生日ですよね。プレゼント送ります!」と電話がありました!日曜日の朝、届きましたプレゼントが~スペシャルな玉ねぎで作ったシュウマイということで、塩だけつけて食べるように指示がありました。日曜日の夕方家族でいただきました。うーんおいしいです。塩だけで本当においしいけど、私は少しライムをしぼっていただきました。シャンパンにもあいましたよ♡本当にありがとうございました。須原さんの愛を感じます。あー龍圓にご飯を食べに行きたいよ!



2008年9月 5日

トークショー

新宿伊勢丹の本館5階で、裏地桂子さんと高堂のりこさんのセレクト商品の特設店が9月10日~30日まで行われます。そのフェアーの最中の9月14日の日曜日14時から裏地さんと高堂さんと一緒に、私、伊野由布子がトークショーを行います。今回のテーマ「KAISEKI・日々のおもてなし」ということです。ちょっと緊張しますが、大好きな裏地さんと高堂さんとご一緒させていただけるので、今からとても楽しみです。皆様お時間がございました。是非ぜひいらしてください。



2008年9月 4日

光り輝くアワビの晩餐

プレお誕生会をしていただきました(嬉)20年もののアワビを食べようということになりました。参加してくださった芸歴38年の宮川俊二さんが、ハッピーバースディーを歌ってくださいました。先日テレビを見ていると、芸人さんたちの勝ち抜き歌合戦で宮川さんが準決勝まで勝ち残っていました(すごい!)。その際テロップに芸歴38年とはいっていて(笑)宮川さんの歌はさすがでした。年に一度のお誕生日だから贅沢してもいいわよね!と言い訳をしたりして・・・。楽しいひと時はあっという間です。



詳しくは宮川俊二さんのブログをご覧ください。

2008年9月 3日

夏フェスタ!(熱い)

夏フェスタが、愛媛に行った食幹のオーナーの佐藤君のお店でありました。賛否両論の笠原君が皆さんに声をかけて、行ったチャリティーの食事会。いろいろな有名な若手のシェフが勢ぞろいです。昔からのフードコーディエーターのOちゃんがいて、すごくいろいろな話で盛り上がってしまいました。「この続きはまた、朝ごはんを食べながら!」と別れました。朝ごはん?と思うかもしれませんね!山田力さんが、朝食をやっているご案内をいただき、「行こう~!」と盛り上がりました。想像つかないけど、先入観なしに出かけてみますか!

チャリティーの様子はどうぞ食幹のブログでごらんください。は食幹の夏フェスのブログ

2008年9月 2日

焼きカレー

ダンチューのカレー特集で、門司港の焼きカレー特集というのがあって実はびっくり!だって、焼きカレーが門司港名物ということになっているのですから・・・。私が学生の頃、ある古ーい喫茶店が焼きカレーをやっていたのを思えています。それが、いきなり門司港名物になるとは!!観光案内へ行くと焼きカレーガイドマップなるものも出来てるし!すごいですね~ブームって。

いろいろと迷いましたが、カレーうどんの焼きカレーを食べることに!前の日にお鮨を食べすぎて、唐戸市場でもやはりお鮨を食べたので、ご飯ではないほうがいいと思うのです。門司港ホテルの裏に面しているこのお店は、完璧なうどん屋さんです。そこに焼きカレーマップの中にある、焼カレーうどんでした。トッピングでごはんも後から投入できるらしいーなるほどね!きました。チーズが載ってます。卵も半熟です。うーん(^^ゞ予想道理の味でした(笑)

明日にはもう東京に帰らないといけません。今回はいいお休みで1週間はゆっくり休みました(楽チン楽チン)帰ると、仕事がすぐに待っています。頑張らねば~。帰ってからの事は帰って考えよう~。

2008年8月31日

レトロ門司港にふらり

朝、少し早起きをして、ぶらり周辺を一人散策する事にしました。実家に帰るとなかなかこのように、昔、自分が住んでいたエリアを改めて見て回る事もありません。最近、門司港はレトロブームでとても話題になっています。私の東京の知り合いは、「門司港ホテルによく泊まる」と言っていますし〜子供の頃には何も無いエリアという感じがしていました。門司港の駅も綺麗に修復されていてとても良い演出です。観光案内にもよって地図ももらいました。

フェリー乗り場に行き、門司港(九州)から下関(山口)に渡ります。関門海峡をわたるにはいくつか方法があるのですが、車なら海底トンネルか橋で、電車でもわたれます。しかし、船で渡るのが一番海峡を渡った気になります。15分ほどの船の移動です。このフェリーで通学する学生もたくさんいます。私も子供の頃に1度このフェリーを使ったきりで、久しぶりですね。旅行者の感覚で面白い!!

2008年8月30日

小倉「もり田」のお鮨

やはり、実家近くの海もとても美味しいお魚の宝庫!やはり、お鮨が食べたいですね~。もり田さんに行きたいけど、なんせカウンター8席のお店。まずは入れるかがとても問題です。恐る恐るお電話すると、私のことを、大将は覚えていてくれて「どうぞ、いらっやい!」と優しくお返事くださいました。「何時なら大丈夫ですか?」と聞くと「何時でも大丈夫です」といっていただきました。2年ぶりですね!お元気でしたか?お任せでおつまみと、お昼からですがおいしいお酒をいただきました。うーん、いいですね。


家の人には内緒でもり田に来て、ちょっと申し訳ないけど~でも来てよかった。おいしい♡幸せです。平貝もイカもサザエもどれもぴちぴちです。シャリの加減もすばらしいですね。ガリの横にきゅうりのざく切りを出すのが、小倉風です。塩を付けながらお口直しに頂きます。10貫ほど頂いたらおなかがいっぱいに~。もう少し食べたいのですが、もう入りません。お茶をいただき、しばらく世間話を大将をして夢のようはひと時でした。もう、大将も80歳を超えているそうです。お元気ですね。次回帰りましたらまた必ず寄ります。ごちそうさまでした(ぺこり)


家の者には内緒だったのですが、罰が当りました。母が「今日の晩御飯はお寿司をとったわよ!」と「ガーン・・・はりぬけがけ内緒はいけなかったのかしら?えーん、違うものがいいよ~」と心で騒ぎながら茶碗蒸しを作る私でした(涙)

2008年8月19日

スペシャル朝ご飯

この日の朝は朝ご飯作りは無し♡美味しい釜揚げしらすの網元であり釜揚げしらすの工場を経営されている方のところで朝ご飯を頂きました。生のシラスをまずは頂きまして、かき揚を頂きました。これが美味しいこと。それからご飯が見えなくなるほどたっぷりしらすをのせて「しらす丼」ネギのみじん切りと卵をかけていただきます(うまい)皆さんご飯を次々お変わりする事に〜。山盛りしらすを完食しました。


お腹がまだいっぱいですが、海水浴場に移動します。本当に綺麗な海ですね〜海水浴と言えば白いパラソル、スイカ割り、バーベキュー!子供の頃にもどり楽しい、楽しい、イベントです。またもや、佐藤君とO君の出番です(最後まですみません)

またもや立派なアワビが大量にあります。ここの特産でもある伊勢エビはあっという間にまっぷたつ!普通のバーベキューと違うのは焼き加減と味付け!プロですから〜それはやはり完璧です。豪華なバーベキューですね!


カラフルなひおうぎ貝はこの土地独特の貝です。赤、オレンジ、黄色、紫とあります。ホタテより小ぶりですが味は濃くて美味しいのです。天然でこのようなカラフルになるそうです。自分が何色かもちろん本人はわかっていないのでしょうね〜。子供たちは大喜びでした。お肉もありますよー伊予牛です。味わいが繊細な黒毛和牛で、とても高級だそうです。本当にビロードのようにきめ細かい脂が入っていて最高な焼肉です。焼きおにぎりを焼肉巻きにしました。

あー美味しかった。私は何をしたかって?味付けを指示しましたよ「サザエはポンズバターにして〜アワビはカーリックバターでステーキ風がいいな〜ひおうぎ貝は溜まり醤油で味をつけてからレモンね」てな具合いです。えーうるさいだけだって?確かに(反省)ごめんなさい(ぺこり)

続きを読む "スペシャル朝ご飯" »

2008年8月18日

次の日はアウトドア

次の日は、佐田岬の灯台が見えるところまで行きました。釣り船をチャーターしていただきかなり早いのでとても怖かったけど、だんだん早さにもなれて〜漁をしている海女さんに手を振ったり、トビウオを見たりして〜あの細ーい先端まで到着しました。国定公園になっているこの岬の先端ですが、地図でみると細いですが、目で見るとかなりの大きさがああります。一番、右側の写真が岬を超えて海側から先端を見たところです。

せと風の丘パークにより風力発電の風車を見ました。すごく大きいのですが沢山並んでいると不思議な世界です。とてもとても、霧がかかったりして幻想的です。岬の一番細いところの高台にあるので、右を見ても左を見ても海。360度のパノラマは絶景です♡

夕方からは、伊方町豊ノ浦の婦人会の方たちと一緒に海の幸で夕ご飯を作りました。前日にもここのお母さんが、削りかまぼこののっかったバラちらし寿司を差し入れてくれた。今日も食べきれないほどの食材があり、鍋などもみんなでお手伝いして作って、それで腹ごしらえしました。やはりここでも、食幹の佐藤君とO君が大活躍です。うちわエビ、ヒラメ、エソをおろしてお団子にして鍋に投入したりと贅沢な夕飯です。

小さいイカの中にはすし飯と大葉をを詰めていただきます。島豆腐のような身の詰まったお豆腐で作った厚揚げとゲソのからし酢みそ、ちびたのエソののから揚げは骨ごとバリバリ食べられます。ビールと相性ばちりです。

お腹もいっぱいになったとこで、海風が気持ちよいですね。ずいぶん辺りも暗くなってきました。それから、この街の盆踊りに飛び入り参加。婦人会の方達が浴衣を着せてくれました。浴衣を着たのは久しぶりです。なんだかちょと嬉しいけど恥ずかしいですね!

続きを読む "次の日はアウトドア" »

2008年8月17日

宿泊は佐田岬

宿泊はアグリトピアの施設ですが、公共のものとは思えない素晴らしさ!岬からの海が一望に眺められて、コテージからのながめも絶景で素敵なのです。食事は魚がどーんと届いてそれを調理して食べます♡さーあ、佐藤君の出番です。アワビもウニもサザエも食べきれないほど届いています。魚は太刀魚、チヌ、きんき、ヒラマサ、あじ・・・・。うーん、たまりませんね食べ放題。何を作るか相談です。調理担当は佐藤君とアシスタントのOくん。私は下働きでお手伝い。ウニの殻を割って全部取り出したのは嘉門さん(働き者)。最高の食材で優秀な料理人がいて、美味しくない訳がありません。うーん、いいですね〜。後半は食べたり飲んだりが夢中で写真を撮り忘れた!御免なさい。
食事は前半、後半に分かれて〜前菜までを食べて7時から「嘉門達夫の星空ライブ」をホールにて行いそれから後半のメインディッシュに突入。ずーっと飲んでるので、結構よい気持ちですね。


佐多岬は大分の関と関アジ関サバを取り合っているエリアだそうで、でも、サバが網にかかると捨ててしまうらしい(涙)とれたら送ってほしいです。でも、足が速いのでなかなか難しいらしい。でも、アジは入ってました。身が厚くて素晴らしく美味しい!魚はまちがいなくとても良いものがとれるのですよ〜。

最後のご飯はアワビご飯。あまりの美味しさにうちの息子は4杯もお替りしました。それでも食べきれないぐらいアワビご飯がありました(結局全部食べたけど)。調理場にはすごい機械がいっぱいで、洗浄機も乾燥機も集団調理用の鍋や釜もオーブンもありました。朝ご飯も調理します。

佐藤君、アシスタントのO君いっぱい働かせてごめんね〜。許してください。

2008年8月16日

愛媛ツアー

愛媛の佐田岬に行こう!と誘われたのですが、今回の旅行の隊長は嘉門達夫さん佐田岬は地図では見た事あるけど、この細ーい岬に何があるのか?百聞は一見にしかずと言う事で今回は息子とペアーで参加する事になりました。参加者は全員で10名ちょっと〜中には食幹の佐藤君のファミリーと私にだまされて連れてこられたイケメン料理アシスタントのO君も一緒です

まずは、松山空港から松山市内に行って道後温泉につかります。ここは、「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデル「坊ちゃん」の舞台になった温泉。ここのお湯に入っておかないとね。それからからくり時計を見てから、街を観光して佐田岬を目指します。今回はこのようなマイクロバスをご用意頂きました(感謝)。


お昼はタコの美味しさを味わうためのたこめし屋の「三原」さんで、たこ三昧!たこの生、タコの刺身、タコの頭の唐揚げ(本当は胴体)、一番のメインはたこめしです。1人前はこの量ー大盛り炒飯ぐらい。こんなに食べられない〜と思ったらぺろっとご飯も平らげました。5月から9月の夏の間だけの営業です。海の見える、海の家のような作りのこのお店です。ここでしか味わえない味ですね。

友達から「タコ食べてるでしょう!」とストーカーのようなメールが!お腹いっぱいいでくつろいだ移動のバスの中の私はビックリ。あー嘉門さんが行く先々で携帯でブログを更新しているのを見たのね〜。おどかさないでくださいな!

2008年8月11日

岩ガキ

岩牡蠣のジュレがけです。最近ではすっかり牡蠣のジュレがけはとてもポピュラーな感じです。最近はビストロでも出すようになりましたね。もとは、ロワゾーさんのレシピだったような記憶があります。いろいろなものが最近ありますが、基本は牡蠣をさっと火を通してから、裏ごししたピュレを生クリームとムースにしたものを作ります。牡蠣の殻の中のジュース(海の水)に味付けしたものをゼリーにします。殻の上に裏ごしムース、さっと火を通した牡蠣の身、ゼリーを載せて作る手の混んだものです。レストランのお料理ですね。最近ある飲み屋さんで岩がキのジュレがけを頂きました。なるほど身が大きいので、1つで大満足ですね。フランス人は牡蠣の中の海の水もレモンを搾って、牡蠣と一緒に飲んでしまうのです。なので、それでゼリーを作ると言うのはフランス人の発想。牡蠣のシーズンはまだこれからですが、夏は岩牡蠣、冬も殻付きの牡蠣と1年中楽しめるのが嬉しいこのごろです。

2008年8月10日

カップフルーツの薦め

昨日のお教室でスイカの角切りにしてガラスカップでアヴァンデセールとしてお出ししましたね。お好みのフレーヴァーのリキュールをかけると大人の味になります。ガラスのカップは冷凍庫で冷たく冷やす事もお忘れなく!桃やなしなども同じように盛りつけてもいいのですーデザートのお皿盛りやフルーツカッティングはちょっとプロでないと難しいと思います。なので同じ大きさに切り分けカップ盛りするのは簡単ですし、見た目もかわいい。ミントも飾るとお客さまにも出せますね!旬のものをいただくのが健康維持のためには1番なのですよね♡

スイカは水分量90%。昔は夏の水分補給に作られたもので、今のように甘くはなかったそうです。果肉にカリュウムが沢山含まれていて疲労回復に効果がありアミノ酸のシトルリンに利尿作用があるので、夏バテ防止に効果があります。実は立秋がすぎてからが旬なのでまさに今が一番美味しいです。夏のイメージのスイカですが、昔は秋の季語として使用されていました(ふむふむ)スイカは1年草なので分類上では野菜ですが、畑でスイカを1年作ると次の年は畑を移動してスイカを作らないと、土壌のミネラル分のバランスの問題でうまくできないそうです。水分ばかりのスイカで栄養価が無いようなイメージですが、実はミネラル分たっぷり!夏の今食べるのにきちんと理由があるのでした。

2008年8月 9日

家のお味噌汁

各家庭いろいろなスタイルがあると思うお味噌汁。我が家でもお味噌汁は必ず1日1度は作ります。お味噌は白みそが主流で、お豆腐が一番、具としては登場回数が多いのです。今まではお豆腐は包丁で四角均等に切り分けたものを投入するようにしていたのですが、ある日の朝、寝ぼけていて包丁を使ったのにうまく切れずぐしゃぐしゃに崩れてしまいました。しょうがないんでそのまま入れて息子に出すとー「お豆腐はこの方が美味しいね」と言う息子の感想が!失敗してこうなった事は息子には内緒、内緒。こんにゃくなどと同じ原理ですが、表面がギザギザとした状態が味がよくなじんで美味しいみたいです(なるほど)それから、お豆腐はスプーンで崩したものを加えるようになりました。『失敗は成功の・・・』ですかね?

2008年8月 8日

意外な組み合わせ

最近お食事に行った中で、ハッとさせられたものの一つでなのですがー南国酒家の賞味会の最後のお茶。烏龍茶の中にフレシュな青シソの刻んだものを加えたお茶なのです。とても涼やかで美味しいものでした。最初のさわやかなグリーンノート系のフレーヴァーがはじめにありまして、その後に烏龍茶のコクと甘い味わいが出てきます。ラストにシソのスパイシーな香りと烏龍茶のタンニンが絡み合って余韻が残り口の中がさっぱりして、アフターディナーティーとしてとても良い感じです。はじめは、「烏龍茶に青シソ?」と思いましたけど、とても素晴らしい組合わせ!先日無農薬の青シソを沢山いただいた時に家で再び試してみました。烏龍茶との新しい出会いー飲食店のかたは新たにいろいろなアイディアを考えていらっしゃるのですね。一度お試しくださいね。

入れ方は、しっかり蒸して入れた烏龍茶をそそぐ直前に急須に刻んだ青シソを加えてください。はじめから入れると、青シソの香りがフレシュで無くなり香り半減です。
南国酒家のメニューはとても面白いものが沢山あります。新しいお野菜や調理法を使って、ヘルシーでナチュラルな中華料理を出しているのです。ここの、温かい麺は雑穀米が練り込んであったりととても考えられたお料理です。皆さんも是非、原宿辺りでお食事を考えたらよってみてください〜。美味しいですよ!

続きを読む "意外な組み合わせ" »

2008年8月 6日

ストックさせないと不安な物

皆さんバターどうしてますか?バターがないのでマーガリンをお使いですか?今アメリカでは、トランス脂肪酸がとても問題です。お菓子や食品にはどのくらいトランス脂肪酸が含まれていると記載したり、禁止したりしています。これも、心臓疾患の患者が多い事からも問題なのでしょうね。私も実はここ20年近くマーガリンは使用していません。油も充分注意してナチュラルなものを、高くてもできるだけ買うようにしています。いま、バターがないのでお教室のレシピもとても気を使います。タルトやバターケーキは難しいですし、最近のメディアでのレシピも「バターははずしてください」と言われます。だけど、バターは使うので、見かけると必ず買い求めるようになりました。なので、今我が家はいろんなブランドのバターが沢山ありますよ!よつばのバターやカルピスバターは今業務用にしかないですね。缶入りバターはニュージーランドのお土産です。ちょっと高くても買ってしまいますね。やはり、いつ必要になるかわからないので!この、バター不足いつまで続くのでしょうか?話によるとあと2年ぐらいは正常にならないと言われています(困)久しぶりにバターたっぷりのケーキを焼きたいですね。


2008年8月 5日

天国の馬刺

天国の女将のしのぶさんから馬刺が届いた♡嬉しい〜。でも、どうして?この前の4周年記念で、私が景品を出したお礼らしいのですが、なんだか、あのようなものでこんなに高価なものを頂くのは申し訳ないです。やはり、しのぶさんは九州女やね!いろいろ、気をつかいんしゃるとよね。ありがとうございます。今日は、馬刺を家族でいただきまーす。甘いお醤油とスライスオニオンとすりおろしニンニクとショウガを添えます。うーん。美味しいです。今日は赤ワインも空けちゃいましょう。お家で馬刺を頂くのもお正月以来です。やはり、馬肉はおいしいですね♡また、お店に伺います。お連れしたい方がいますので!しのぶさんともランチしないとね。約束ですよ!

2008年8月 4日

土曜日のお昼ご飯

土曜日は息子が夏期講習に行くのでお昼から居なくなる。車で送るので私は「お昼ご飯は、帰りにどこかで何か食ようかな?お蕎麦がいいなー」と早朝からメールをやりとりしていたMちゃんに「三合庵でランチしない?」とメールしたら、「今日は原稿を書かないと〜締め切りすぎてるんだ」と断られた(涙)

仕方ない早昼の息子と、蕎麦との麺つながりでパスタを食べましょう(すごく無理がある?)最近は夕方涼しくなってからふらりと買い物にでるのですが、野方の八百屋さんで熟れ過ぎトマト一山100円GETしました。このトマトを買ってソースを作ろうと、朝からお鍋で煮ていたのです。パッチェッタとタマネギを加えて少し太めのパスタであえました。美味しい〜。やはり生のトマトでなければできない味です。2人前のパスタソースにしかならなかったけど、トマトがあまり好きではない息子に4個以上のトマトがいっぺんに食べられる素晴らしいレシピだわ!夏のカラダにリコピンがしみわたります。今日も八百屋さんで特売のトマトがないか探してみようかな?と思っています。「お蕎麦のランチはまた今度ね!」とMちゃんにメールしました。

トマトソースはいつも冷蔵庫にストックがほしいな〜と思っていても、すぐ、使ってしまうのです。もっと大量に作れば良いのですよね。熱いうちに瓶詰めにしてすると保存がききます。トマトは今が最後のほうですね〜。缶づめではないトマトソースの美味しさがたまりませんよ!

2008年8月 3日

急いで晩ご飯

打ち合わせから帰ってくると7時を回ってる!夕方7時からご飯食べる息子が「ご飯はまだ〜」とうるさい。ここは、超特急コースで夕食の準備をしないと。鶏ガラのスープに、朝ゆでたジャガイモを投入して即席ヴィシソワーズ。照り焼きチキンとゆで卵のサラダ。ステーキ肉を角切りリにて冷ご飯で作ったガーリックライスと炒めて、ビーフwithライス。かかった時間は25分。「素晴らしい〜」と自画自賛してたら「当たり前だよ!プロだから」と言われてしまいました。7時半過ぎにはお食事がはじめられました。

続きを読む "急いで晩ご飯" »

2008年8月 2日

夏の冷蔵庫の使い方

以前もお話しましたけど〜夏は生ゴミが臭うのが、ちょっと悩みです。夏になると我が家の冷凍庫の1部がゴミ箱になります。我が家では火曜日と金曜日が生ゴミの日なのですが、週末などに魚料理をすると、魚の内蔵などの生ゴミが出ると3〜4日常温でおいておくのは、ちょっと厳しいですよね〜。なので、ゴミになりたての生ゴミをすぐビニールに入れて冷凍します。ゴミになってすぐなので汚くないですし、冷凍するので全く臭いません。普通の食品と一緒なのは気がひけるので、家の冷蔵庫は冷凍コーナーが3つあるので、そのうちの1つは夏の間ゴミ箱になります。これで、魚の生ゴミも問題解消!

冷凍庫もあまり沢山物をストックさせません。夏は特にお皿を冷やしたり、グラスを冷やしたりしたいのでそのスペースは空けておきます。おしぼりも冷やしたしね。今日も暑いのでお魚屋さんで、小イワシを買ってさっぱりマリネでも作ろうと思っています。

2008年8月 1日

気分はもう冬

7月も終わったばかりですが、毎日暑いですね〜。少し動くと汗だくです。でもお洗濯物はよく乾いてくれれますけどね。この暑さにバテバテになりつつも、お仕事上は、秋冬のメニューの打ち合わせや、すでに雑誌は12月号の打ち合わせなのですね。でも、まだ、気分が寒い秋冬にならないよ〜。秋冬の本を引っぱりだしたりして、食材の確認をしたりしています(ふむふむ)でも、料理業界で一番盛り上がるのが、実りの秋やクリスマス、お正月の冬で、イベントや企画も一番盛り上がります。ここで、ちょっとがんばらないとね〜。クリスマスケーキを打ち合わせで試食して少し気分を冬モードにしている今日この頃です。

続きを読む "気分はもう冬" »

2008年7月31日

隅田川の花火

隅田川の花火を見に行きました。お友達の両国のビルから見る事に!彼はおもちゃ屋さんのオーナーさんなので、とても楽しい企画を子供に考えてくれてて大喜び。天国の馬刺も行きつけの千駄ヶ谷の焼き鳥屋さんも皆やってきます。ご準備も大変だったでしたよね〜。いつもありがとうございます。今年はうちの息子も参加させていただきました。私の友人たちも子連れで参加しました。全員で150名近くの人たちです。花火の後は嘉門達夫さんが替え歌メドレーを歌ってくれて盛り上がりました。花火の眺めもすばらしかったけど、その他の演出も素晴らしくて、下町の夏を満喫した大満足のひとときでした。来年も呼んでくださいね!

「あー楽しかったね」と帰りの電車で息子に話しかけると「母さんは毎日楽しそうだよ!いいね」と冷めた口調で言われた。えーん(涙)フワフワと能天気に見えるらしいこの私。息子からもそう見えてるみたいですね。この何も悩みがなさそうな私ですがいろいろとあるのですよ!

2008年7月30日

お家ご飯

暑ーい日曜日に息子の野球部の保護者会が2時間も学校であった。そうか、「私立の学校の父兄=教育熱心!」というのに今気がついた(遅)しかし、この日、担当の先生から2時間もお話があるなんてビックリです。その後、野球部員の母達と携帯アドレスを汗だくで交換して〜お当番を決めて、ランチをして約5時間ほどが過ぎている。日曜日なのに疲れたよー。私ときたら、決して教育熱心ではないけど一応は料理家なので、息子を餓死だけはさせないようにご飯だけは作っている母です。だけど、半日がかりの保護者会でぐったりなので、今日は手抜きの晩ご飯に決まり!

最近お肉を食べ過ぎているので、今日はお魚メイン!鯵は魚屋さんで3枚におろしてもらい、かつおのたたきのお刺身とイカの輪切りも皮を取ったものを購入。お野菜も沢山食べたいので、たたきにも、イカの炒め物にも沢山入れます。晩ご飯制作のの所要時間は1時間♡手抜きでもいい感じです。ボリュームもたっぷりだしね。息子はイカ炒めのイカだけをひろって食べている〜「やめて、野菜も食べてよ!」怒ったのですが、15分後にお皿は見事に夏野菜の炒め物にかわっていました(涙)「明日のお弁当に残りの野菜を入れてやろう」と仕返しを考えてる母です。

いま、お皿は白か黒しか買わない事にしています。真ん中の黒い鉢は中里花子ちゃんのもの.最近購入で今日がお初なのですが、「お料理映えする器だし、どんな素敵なお料理がいいかしら?何を載せよう〜」と思いを巡らしていたのですが、結局は我が家定番の鯵フライが載ってしまった(反省)でも、器は使わないとね!

2008年7月25日

お客様のお料理は

久しぶりにお客様をして、最近おすすめのお料理を食べていただく事にしました。1日目はお友達が中心で、まだ、我が家にお招きしていない方達をお呼びしました。大桃美代子ちゃんと宮川俊二さんもいらしてくださいました。遠いところありがとうございます。今日は暑かったので、冷たいトマトのスープをまずはご用意しましたよ!

二日目はオレンジページの私とお仕事を一緒してくださった皆様をお呼びして!お久しぶりですね〜。のお食事会です。先日、お教室でご紹介したセビーチェもお出ししました。さわやかな白ワインにぴったりですね!オクラのおいしい季節なのでオクラのすり流しの茶碗蒸しもお出しして、トウモロコシご飯と鶏のドレシング風味の照り焼きもお出ししました。

デザートは、冷たいシャーベットのシャンパン割りのお口直しのアヴァンセールの後、超かんたんマロンペーストとケーキデザートも手抜きだけど美味しいのですよ(手前味噌ですが!)


お話も楽しくて〜名残惜しいのですが、12時近くになりますーよい時間ですね。楽しい時間はあっという間です。皆さんまた是非いらしてください。次回、涼しくなったらまたやりましょう〜!

続きを読む "お客様のお料理は" »

2008年7月24日

お家でお食事

久しぶりにお家でお客様をお招きしました。テーブルセティングはちょっと大人のスタイリシュな感じにしてみました。花ちゃんのスクエアーの皿を飾り皿にしてみました。今日は暑いのでシャンパンを冷たくして、おしぼりも冷たくしてご用意してお待ちしてましたよ!どうぞ、ごゆっくりしてくださいね!

詳しい内容は明日に続く!

2008年7月21日

親不孝

母から電話がきて「お芋を送るから食べなさいね!」『お芋?どうしたの?』と思い『あー家庭菜園のお芋か〜』と理解したけど、「送料のほうが高いからいいよ!」とかわいくない事を言い、母が「ダイスケに食べさせない、蒸かしただけでも美味しいから」と電話が終ったのです。それから数日後、無事お芋は届き、しばらく、そのままになっていたのですが、週末、「食べないとね」と思い夕飯の食卓にのぼることになりました。今日はハンバーグなので言いつけ通り、蒸かしただけの粉ふきいもにしてみました。お芋はインカのめざめの様な皮が紫色の中が少し黄色いお芋です。本当に蒸かして塩、こしょうだけで、ほくほくとしてほんのり甘くて素朴でとってもおいしかった。「いらない」などと言って私ですが、親不孝だったなと少し反省。日曜日の家族での遅い食事で丁度、母から電話があったので、息子に「ばーばー、お芋美味しいよ」と電話で言わせました。母はとても満足したみたい。ほんの短間だけど夏休み顔を出しますね。


家庭菜園と言うものの田舎の家庭菜園は本格的でちょっと怖い!『そんなにがんばらなくてもいいのに』と心で思うけど、口に出しては言えない私でした。

2008年7月20日

上野天国4周年記念パーティー

九州出身でつながり(と言っても熊本と福岡)で、仲良くしていただいてる天国の吉田しのぶさん。とても、美人で素敵な女性です。女将を初めてご苦労も多かったでしょう!初めての接客業で、初めての東京での暮らし。やはり、ストレスもたまりますよね。一緒においしいものをいただいたり、プチ旅行をしたりとご一緒するととても楽しのです。4周年記念パーティーをすると言う事で駆けつけました。何人かの常連さんとお話しして、おいしい馬刺とステーキをいただき、嘉門達夫さんのお祝いの歌がありました。あー楽しい。そういえば、最初に紹介してくださったのは、嘉門達夫さんだったんですよね。本当に、良いご縁をいただきました。しのぶさん、これからも、がんばんなはり!微力ながら応援しますよ。

2008年7月18日

商品になるまで

千疋屋さんの商品開発のお手伝いをしているので、今日も新作のケーキをいくつかいただく事になっています。この中で、クリームチーズケーキはなかなかの味でした。やはり、きちんと商品が市場に出るのはとても難しい。時々、コンビニやスーパーで販売されている商品でも、「すごい完成度」と感心する事もあります。これも、このようなお仕事に携わるようになって初めて気がつきました。とても、大人の味でも子供が食べられなかったり、このサクサクした食感と思ってもお年寄りには不人気だったり、とてもそのあたりがむすかしいのですよ!でも、商品化されると、苦労して産んだ我が子のようです。とても、かわいいものなのです。


この会議に息子が以前ついてきた事があり、「これって仕事?」と言った事があります。確かに大人がそろって真剣にお菓子を食べてる姿が、とても面白かったんでしょうね〜。仕事ですよ!

2008年7月16日

フィロマージュ ラングル

服部のワイン教室の授業に行くと、アシスタントをしてくれてるM君がチーズを用意してくれていた。ワイン教室は最後に勉強したワインを楽しむためにチーズを出しているのです。今回は食前酒と言う事で3種類のシャンパーニュを試飲するので、チーズは「ラングル」と言うシャンパーニュの近くのチーズ。ウオッシュタイプのこのチーズは包み紙をあけて反対にひっくり返すと凹みがあるのです。これは熟成の行程で自然にできる穴。フォンテーヌ(泉)と呼ばれています。この地方では、このくぼみに、マール・ド・シャンパーニュなどを注いで香りをつけていただいたりします。かなり強烈な味なので、フレシュなシャンパンはあいません。熟成タイプの高価なものか、思い切って赤ワインの方が相性が良いですね!いつも、ストーリーを考えてチーズを用意してくれるM君に感謝、感謝!

続きを読む "フィロマージュ ラングル" »

2008年7月15日

ニュー野菜

先日、日本料理屋さんでいただいた初めて見るお野菜。「クリスタルリーフ」です。南アフリカ原産で、佐賀県と佐賀大学が開発した新しいお野菜だそうです。食感が独特で、葉っぱの表面はキラキラしていて水滴ではなく水泡のようになっていて、葉っぱを噛み締めるとシャキシャキしていてほんの少しプチプチした食感で、みずみずしくプチプチに塩分を感じるのです。面白い!サラダに入っていましたが、とてもアクセントになっていいですね。早速スーパーに探しに行きました。クイーンズシェフで販売しています。まずは家族に食べさせようと食卓にのせると〜家のものは気持ち悪がって不評でしたが、私はとてもおいしいと思いました。2年ぐらい前から市販されているみたいです。最近はフレンチなどでもよく使われるみたい。ちょっと情報が遅いかもしれませんが〜。新しいお野菜です。

このお野菜の食感がシャキシャキ、プチプチなのですが、初めて海ぶどうを食べた時の感激に似ていますね〜。結局、購入の1パック私が全部一人で食べてしまいました(ぱくぱく)。最近のスーパーは本当に新しいものが、沢山あって楽しいですね!そのまま食べて美味しいので、ぜひ、見つけたらお試しください。私もまた買いに行こうっと!

2008年7月14日

今学期、最後のお弁当は

息子の学校は他のところより1週間も早く先週の金曜日夏休みになりました。しかも、9月の9日まで休みです。今学期、最後のお弁当は一番大好きな「シャリアピンステーキ弁当」にしました。タマネギは前の日に炒めておきます。ステーキはレアでは心配なので、中がロゼ色になるようには火を入れます。ステーキは取り出してホイルで包んで寝かしておき、タマネギを加えて、ショウガ、ニンニクのすりおろし、みりん、蜂蜜を加えて寝かしているタレをからめてから、カットしたステーキにのっけます。このタマネギのをソースのかわりにしてお肉を食べるのです。和風のシャリアピンステーキだけどこのおかずが息子は「一番豪華なお弁当」と位置づけてます。『今日も残さす食べてねの』と願いをこめて!デザートはいただき物の千疋屋総本店のフルーツゼリーを凍らせて、お弁当の保冷剤のかわりに入れてみました。

続きを読む "今学期、最後のお弁当は" »

2008年7月13日

今、発売中の

今、発売中の光文社の「HERS」の『彼女の時間』というページに、私がいつも『姉さん』と慕っている宇佐美恵子さんがのっています。宇佐美さんは、昔、一世風靡したトップモデルでした。私が、20年近くいろいろ公私にわたって相談にのってもらったり、うちの息子もいろいろと本当にお世話になっています。彼女はこの春から、中野にある専門学校の織田学園の校長先生をされています。織田学園は老舗のファッションと料理の専門学校です。何かとご苦労も多いと思うのですが、これから新たな挑戦をはじめたのですね。私も微力ながらいつまでもかっこいい姉御の宇佐美さんを応援させていただきたいと思っています。皆さん、お買い求めの上、HERSご覧くださいませ!


この特集には、宇佐美さんの甥っ子の田中孝太郎君も一緒にでています。孝ちゃんは中校生ぐらいから知っていて、その頃から確かに美しい少年でしたね!うちの子は孝太郎君の大ファンです。野球の漫画がドラマ化した「H2」、「あくるしい」、「世界の中心で愛を叫ぶ」、「白夜行」のドラマにもとても良い役で出ていたし、NHK大河ドラマにも出たりして!これからの活躍が楽しみな役者さんです。美形なファミリーなのですね!

続きを読む "今、発売中の" »

2008年7月11日

お新香

毎日我が家ではお漬け物とお汁は欠かせません。週のはじめのことですが、食事の用意をしていたら今日は何もお漬け物の用意が無かった!どうしよう〜。と、思っていて突然ひらめいた。「そうだ、キュウリを蛇腹に切ってぬか床に漬けたらどうかしら?」即、実行する事にしましょう。食事の支度のする約1時間の間だけ、蛇腹のキュウリを軽く塩揉みして漬けてみる事に!なんだかそれだけの事なのに、いざ、ぬか床からキュウリを引き上げるときワクワクしたりして(ちょっと変な人だ)。普通キュウリは6時間以上は漬けないと美味しくならないのですねー。遅くても正午に漬けないと夕方食べられないのでした。カブや茄子は漬かりが早く2時間ぐらいでしっかり漬かります。今日は週のはじめでお買い物もままならず茄子もカブもありません。

ぬかを綺麗に洗い流すと、「おーっ、本当に蛇のように丸まった!だから蛇腹なのね♡」とくだらない事で感動しています。それを食べやすい大きさに切り分けると、いい感じの浅漬けになりました。これは、いいわ〜今度から時間が無い時はこの浅漬けだわ!美味しい自慢のぬか床をお持ちの方はお試しください。

2008年7月 9日

セビーチェ/マリアージュ告知

ノブさんのところでいただいたセビーチェという前菜。わかりやすく言うと「魚介のマリネ南米風」で白身の魚とエビやホタテをライムのお酢でマリネしたもので仕上げのコリアンダー(パクチー)が味の決めてです。私はとてもこれが気に入りました。ペルーやアルゼンチンで仕事をされたノブのオーナーシェフ松久さんは、南米で出会った味なのでお店の看板メニューになっているのですね!なるほど。お酒のおつまみでとても相性がよく美味しいですし、ペルーでは、トウモロコシを添えてメインディシュにしたり、メキシコではタコスの材料にしたりするそうです。なんだか気に入ってしまいNOBU東京でいただいてから、お家で何回も作ってしまいました。とても簡単で豪華なのでおもてなしにも最適です。今月のお教室で作り方をご紹介したいと思っています。この料理に合う白ワインは〜うーん!お教室を楽しみにしてくださいね!美味しいですよ。


この写真はノブさんのところでいただいたセビーチェ。

続きを読む "セビーチェ/マリアージュ告知" »

2008年7月 8日

鶏ガラスープ/クッキング

久しぶりに鶏肉の専門店に行きました。暑くなってきたので、冬のようには毎日スープや出汁をとったりはしないのですが、久しぶりにきれいな鶏ガラを見たら無性にスープをとりたくなりました。変かしら?名古屋コーチンの立派な鶏ガラ、1輪分128円を2つ買いました。前にも話しましたが、鶏がらは冷凍のものではなくフレッシュなものがよいです。抜群に美味しいスープがとれます。まずは、鶏ガラの中の背キモの所はきれいに水で洗い流します。これを取り除かないとクリアなスープになりません。お湯をかけたり一度煮立ってから洗うというレシピよく見ますが、鶏がらがフレッシュならその必要はありませんよ。

セロリの葉、ニンニク、ネギの青いところを一緒に煮込みます。私は鶏ガラだけでなく50gぐらいのベーコンや、ソーセージ、古くなった生ハムのような豚類を一緒に煮ます。料理にした時に鶏の味だけでなくコクがでるのですよ!スープをとる時は始めは鍋が温まるまでは強火それから極弱火で煮だします。コトコトのコトという煮えも無いぐらいのごくごく弱火でー1時間半ほど火を入れるだけです。アクは丁寧に取り除いてゆきます。

きちんとガラを洗って煮立たせずに火を入れると、濁りの無い黄金色に輝くスープがとれます。私はこのスープを一度、冷蔵庫に寝かしてから使います。冷やすと鶏油(チーユ)が上に固まりますのでそれは取り除きます。もったいないので鶏油は炒め物に使ったり、おからを作る時の野菜を炒めたりすると、とてもとても美味しいです。

今日は冷たいスープをそのまま使える冷麺にしてみました。この冷麺も以前ご紹介しましたね!作り方はそちらにリンクしてくださいませ(2007年 7月 10日)!鳥がラスープこれが冷蔵庫にあるとお料理の幅が広がります。インスタントラーメンを作る時のベースにしたり、お豆の煮物を作る時に使ったり、美味しいスープをとる作業は、ちょっと大変なかんじですが、ぜひ、新鮮な鶏ガラでお試しください。

続きを読む "鶏ガラスープ/クッキング" »

2008年7月 4日

小城羊羹

九州の佐賀の小城の羊羹で表面がカリカリで、中しっとりの羊羹です。うちの祖母が大好きで、私も子供ころにおみやげでいただいたりしました。九州の食材や珍味を取り扱いの「竹八」というお店が阿佐ヶ谷にあって、先日珍味を買い出しに行った時に、小城羊羹を見つけて懐かしくて購入してしまいました。私はこの白いインゲンの羊羹が小城羊羹のイメージなのですが、その他、小豆と抹茶と種類もあります。久しぶりに、いただいたのですが懐かしの味ですね!今日は凍頂烏龍茶と一緒にいただきました。

2008年7月 3日

お疲れさまの1杯

池袋コミュニティーカレッジのワイン講座が今期も終わり、生徒の皆さんとお疲れさまで「一杯やりましょう」と言う事に。しかし、池袋はなかなか良いお店が無いのですよね〜ん。もう、行き当たりばったりで「もつ鍋」の看板を見つけて入りました。私は福岡の出身なのでもつ鍋はよく昔食べました。本当に久しぶりですね〜。ここのお店もなかなかでした。お鍋は大勢でないとね!もつ鍋は、基本的に安い食べ物で、すごく汚いお店が基本なのですが、ここは本当にきれいなお店。う〜ん、お腹もいっぱいです。皆さん、来期もいらしてくださいね!

2008年7月 1日

シャネルのモバイルアート

シャネルのモバイルアートを見に行きました。これは、新進気鋭のアーティストがシャネルのバックやモチーフのアートを表現しています。40分間 iポットを付けて、解説の通りに展示を回って行きます。解説の声はオノ ヨーコさん。独特の声が面白いですね。この渦巻きの建物は世界中を回っています。しかし、とても立派なものです。良いもの見せていただきました。

入場は無料ですが、予約のチケットが必要です。このモバイルアートは、今はもうチケットがとれないそうです。7月4日まで代々木公園の特設会場で行っています。当日並ぶとキャンセル待ちができるそうです。少し大変ですが、その価値はありますよ!

2008年6月30日

NOBU東京

ホテルオークラの別館の裏側に「NOBU東京」が移転してから、まだお店に伺っていません。ノブさんが来日されると言う事で常連のRさんと伺う事になりました。ここのサービスは、ほんとうに気持ちがいい感じで、勢いがあって、スパーンとしていて大好きです。お料理も和食といっても、ただの和食ではありません。私が今回いただいて気に入ったのは、「セビーチェ」(写真が無いです)南米のお料理らしい!とても、スパイシーでヘルシーな魚介系のマリネ!週末お家で再現してみました。ワインでもビールでもよく合いますね。ワインも白、赤の各2種類ずついただきました(満足)。最後にノブさんがロゴマーク入りのオリジナルの赤ワインをご馳走してくださいました。ノブさんのお話がとても楽しかったです。また来ます!ありがとうございました。


Rさんとは美味しいものを食べるお友達。ストーリーの読者モデルを一緒にさせてもらい仲良くなりました。有名なシェフともとても仲良しで、とても、面白くて、沢山食べるRさんが、私は大好き!また、近いうちにご一緒したいです。

2008年6月29日

卵焼き/週末クキング

ある程度厚さがないと美味しくないのは、ステーキ、トースト、卵焼き!これは程よい厚さが表面の食感と中の柔らかさのバランスを保っていると個人的には思うのです。毎朝息子のお弁当を作る日々。その中で出番のレギュラー選手が卵焼き。しかし、2個分の卵は多いし〜1個では薄い卵焼きだし〜微妙な感じになりますよね。そこで、1個の卵で厚焼きを作ります。

今日は焼きシャケの瓶詰めと青ネギを加えて焼きました。角の片方1/2だけを使って焼いてゆきます。反対にひっくり返す時に、少し卵液をとっておいて裏側フライパンに流してから返すと表面がきれいです。こんな感じの卵焼きでです。毎朝お弁当作りのお母さん!是非お試しくださいね♡

2008年6月28日

手帳とおとも

6月のお教室にお遊びにきてくださった裏地桂子さん。彼女の手帳にかわいいカエルのブックマークがはさんであった。カエル好きの私は「かわいいー」と声を上げてしまったら、「エルメス製」だということが!む、むーこれは高価なカエルちゃんなのね!話は少し変り4年ほど前の夏。誕生日の少し前に私は手帳をタクシーに落としてしまい大騒ぎしていた。「困ったわー(泣)」と落ち込んでいたら、「元気を出して!」と、お誕生日にエルメスの手帳をくださった方がいた。「ありがたい!(喜)」でも、9月は中途半端で手帳をエルメスに切り替えられなくて、大切にしまいすぎて〜すかり忘れていました。カエルのブックマークは国内完売で、もう、コアラしか無いそうだ。それを聞くとなんだかすごくほしくなってしまい、海外にお出かけの友人に頼んだら、空港の免税品店でカエルを見つけてくれた。カエルもきたので手帳もエルメスに替えようと思っています。せっかくいただいたのだしね!

続きを読む "手帳とおとも" »

2008年6月26日

途中下車の旅?

私がいつも「イタリア軍団」と呼んでいるイタリアンのオーナーさん方!その中のOさんが、超美味しい焼き鳥屋が、元住吉にあるとおっしゃるのでみんなで行く事に。しかし、元住吉に行った事がなくー多分、多摩川を越えるのだろうとというぐらいの知識でした。しかし、意外と近くて渋谷からも20分ぐらいなのですね〜。ご用がないとこないけれど!ここに目指す焼き鳥屋があるのです!「鳥森亭」さんですが、お刺身がすんばらしく美味しく、また、わたしは初めて食べた鳥の「ホルモン焼き」(ネギがのって少し味噌味でした)が、イタリアワインにぴったりでしたわーん。美味しいなー。こんなお店は連れてきていただかないと来れませんですね〜あー楽しかったです。ごちそうさま♡では、電車に乗って帰りますか!

続きを読む "途中下車の旅?" »

2008年6月19日

ワンスプーン

穴子の煮こごりのワンスプーンの前菜、水々しくて美味しい茄子の上に鴨肉がのったものどこのおしゃれなレストランでしょうね?皆さんどこだかわかりますか?

続きを読む "ワンスプーン" »

2008年6月17日

賛否両論

新宿のYさんが、「演劇を見ましょう」と誘ってくださった。それは、「猫になりたかった漱石」という劇で、新宿コマ劇場のもう少し奥の空き地にテントが張られたところで行われました。なかなか面白い内容で、手作り感があって素敵でした。そのお芝居を見を終わってから、賛否両論でお夜食する事になりました。うーん、こちらも久しぶりに伺いました。

笠原君からも「お久しぶりですね」と言われました。私はいつもテレビで拝見していますよ。ここはやはり良い店ですね。はっとするお店です。何を食べても美味しいし、鮎の一夜干しと骨せんべいには、内蔵のペーストが付いてきました。お椀も美味しかった。最後はおじゃこご飯と魚のアラのお出汁のお味噌汁でした。ふーお腹がいっぱいです。ごちそうさまでした。また来ます。

2008年6月16日

ぬか床/週末クッキング

キュウリなどのお野菜が旬を迎えるこのごろは、ぬか床の最盛期。一番活躍する季節です。毎日家族3人だけでは食べきれないのです。お教室でお出ししたり、お友達に差し上げたりして、週に必ず何度かはお野菜を漬けています。キュウリなどは古漬けもおいしいけど!うちの父はフレシュ感が残ってるお野菜に、ぬか床のうま味が表面にのったものが好きでした(一番難しい)。カブやお茄子はほんの1時間漬けると食べられるし、とっても美味しいのです。私も母が毎日、ぬか床を手入れする姿を子供の頃から見ていたので、ぬかの事は比較的良く解っているつもりで、1度も駄目にしたことはありません。このぬかどこも15年物です。うちにアシスタントでくる子がぬか床をほしがるので、多めに作って分けてあげますが駄目にしてしまうみたい。ポイントは塩加減と保存温度!あと、ビールを入れる方いますが、ビールはホップで苦くなるので私はいれません。漬ける前に野菜を必ず塩揉みする事。出てきたお水は捨てないでそのままそこに、ぬかを追加してください。塩をかなり入れるのですがそれが皆さん怖いみたい。塩っぱくなりすぎても全然平気です。ぬかを食べるわけではないのですから!塩が少ないと腐ってしまいますよ。


最近、山椒の実が出てきたので、それを風味付けに足してみます。また今日はご近所で見つけた青いトマトを漬けてみました。うーん。これも新しい味ですね。食感も楽しいし!あと、おすすめは、パプリカです。黄や赤の色合いも楽しいし甘みがあってとても美味しいです。今うちのぬかは無農薬のMちゃんお手製のお米のぬかを分けていただいてます。とても、美味しそうにふかふかに発酵しています♡今度は何を漬けようかな?小さなタッパのぬか床ですが、これは我が家の宝物です。

続きを読む "ぬか床/週末クッキング" »

2008年6月15日

本家!ロブション

渡辺シェフがスペインに行く前に、ロブションにランチに伺いました。ひさしぶりですね!渡辺シェフ。ここのランチがとても好きです。ランチに行ける人も少ないのですが、女三人でとても濃いメンバーです。誰か男性をと思いまして、強烈なメンバーのここに参加できる男性はーワインバーをご経営のTさんでしょう。突然でしたがお誘いすると、参加してくださいました。今日はとても楽しみに参りましたよ。少し二日酔いですが・・・。

うーん、どれも素晴らしいお料理。見事な着地です。ワインはシャンパンから始まりお料理に合わせて白ワインを3種類赤ワインを1種類甘口を1種類出していただきました。ワインも沢山の種類をいただき大満足でした。渡辺さん気をつけてスペインにいってらしてね♡スペインから帰ったら、また、そのエッセンスをいただきにまいりますわ〜。

2008年6月14日

揚派(ご近所グルメ)

鷺宮の駅近くで、我が家の近くの串揚げやさんの「揚葉」さんです。もっぱらお持ち帰りが我が家では主流ですね。お待ち帰りでお家でご飯を炊いて、お味噌汁と、サラダがあれば夕飯になります。カレーだけでは、嫌だと言う主人も串揚げがあると大喜びします(カロリーオーバーだと思うけど)。ここのオーナーさんは、串揚げの串の坊にいらした方でとてもクオリティーも高いです。日本酒や焼酎の品揃えもすごくて、焼酎好きにはたまらない店です。串揚げはお持ち帰りではなくその場で食べるもの。ここのお店で、串揚げを食べながら、おいしいお酒をいただくのが夢ですけど〜なかなかかなわないですね!いろいろ選べて楽しい串揚げ、今晩あたりビールと一緒にいかがでしょうか?

2008年6月12日

超おいしい蜂蜜

七草の帰り道、Uさんのお友達のお家にお邪魔しました。ここのお家は都内でもすごくおしゃれなお家だと聞いていました。その方Tさんとは3,4回お食事してるけど、お家にいきなり伺うのは図々しい?でも、素敵なお家見てみたいし〜。行っちゃえ!うーん、本当に素敵なお家です。この話は今度ゆっくりとしますね。お家もお庭も屋上も素晴らしいですよ。

するとTさん超おいしい白トリフ入り蜂蜜とチーズとシャンパンでおもてなししてくださった♡このはちみつ美味ですわー。うーん。すごい!オーガニックのクラッカーと合わせるとグーですね。あー今日は楽しい一日だったです。UさんTさんこれからも仲良くしてくださいね。よろしくお願いしますね(ぺこり)

2008年6月11日

七草

下北沢の野菜のおいしいお店の「七草」です。以前、このお店が素晴らしいと、最近仲良しU
さんおすすめのお店。行く時は毎週、少なくても月に1は必ずお出かけとの事。それは行ってみたいではないですか!私はとても興味がありとても期待をして伺いました。うーん、どのお野菜もとても美味しく工夫されていて、なんとも体に優しいお味です。味わい深いお野菜料理で、今度、AちゃんJ君を誘いましょう〜と友人の顔が思い浮かびました。最後の角煮とご飯をいただきお腹もいっぱいです。ごちそうさまです。近いうちまた来ます。

2008年6月10日

クラフト/パルメザンチーズ

今発売中のSAITAにパルメザンチーズの広告が出ています。よろしかったらご覧くださいませ。

2008年6月 9日

田酒の会

青森の幻の酒「田酒」の西田さんに昨年からお願いしていた田酒の会。青森では人気NO1のこのお酒は、東京でもとても有名なのでファンの方も多く〜なかなか手に入らないお酒でもあります。ご縁あって西田社長と何度かお会いしたときに「田酒の素晴らしさを皆さんに知っていただく会をしていただけませんか?」と無理矢理のお願い。しかも、図々しく丁度お酒造りでお忙しい頃だったのですが、生酒を火入れしないでとっておいていただきました♡とっておきのお酒を6種類お持ちいただき今日は「田酒」を堪能させていただく事になりました。渋谷の食幹でお酒に合わせて佐藤君に料理を作っていただくことにしてーこの会をする事ができました。

一番最初に、山田錦の大吟醸のメインのお酒を2種類からスタートします。確かに後半に酔っぱらってからより、最初にいただくのがよいですね。香りも味も鮮明に記憶に残りますしね!うーん、やはり素晴らしいお酒です(幸)。

ワインもその土地その土地で、おいしいお酒とおいしいお料理が沢山あります。青森にも現地でしか食べられない食べ物とその土地のお酒がきっと合うのだろうなぁ〜と思います。今度、「青森に行ってもよいですか?」とお聞きすると「寒いけど酒作りしている冬に是非!」と言われました。寒いのがとても苦手な私。いや、しかしその時期がメインと思うので、準備万端体調を整えて参ります(行く気満々)。すばらし会をやっていただき西田社長ー本当にありがとうございました(ペコリ)。

2008年6月 7日

アトリエ ロブション

ここも星付きのお店になってしまい、おそるおそる伺いましたよ。そういえば、初めてこのお店に伺ったのは3年ほど前で、お誘いしてくれた方が「とても楽しいですよ!」と!行ってみて、本当にお店のしつらえやサービスやお料理の演出が素敵で、グラスワインもかなりの数があるのです。お願いするとほんの少しをたくさん出してくださったりと、かゆいところに手が届く本当に楽しいお店です。

ここも、しばらくぶりですね。とても楽しみにしてきましたよ。飯塚シェフが「メニュー見て決めますか?」と聞いてくださるので「いいえ、お任せししますので美味しいところを!」とお願いします。この前にちょっとづづのアミューズをいただきながらシャンパンでお食事を待ちました。

パンのディスプレーも素敵、ナチラルな空豆のムース、白アスパラのカルボナーラ風

椎茸のステーキ、   カエルのニンニクソース、  白身魚の料理

イベリコ豚のメイン、赤いフルーツのパフェ、マンゴーパッション系のパフェ

メインをいただいた時に、もう、デザートは食べれない〜。と思ったけど、やはりペロリとデザートも平らげてしまいました(笑)美味しかったです。飯塚シェフはロブションの渡辺シェフとスペインに行くそうです。いいなースペインで美味しいものを食べたり、パションを感じてくださいね♡次回はお土産話を聞きにまいりますわ。

2008年6月 6日

野中(ご近所グルメ)

私の大好きなお蕎麦屋さんの野中です。中村橋の住宅街にひっそりと存在します。土日は11時頃から並ばないと食べれないけど〜最近雑誌にも出られてとても人気のお店。我が家では息子が小さい頃からもう、8年は通っていますね。今日は平日の昼間で一人でお散歩しながら伺いました。ビールをこっそりいただいて、「黒豆なっとう蕎麦」です。上からツユをかけていただきます。うーん、美味しい。お昼から、ちょと気が引けますがビールを飲みながらゆるりと静かな時が流れます。土間の少しひんやりした空気が大好きです。洋間の空間もいいですが、やはり、和の空間も気持ちよいですよね♡今度お家を建てるなら、玄関はなしにして、土間のリビングにしたいな〜と思うこのごの頃です。

2008年6月 4日

桃ノ木/ミシュランの影響は?

「ミシュランの星付き=予約が取れない」とおもってますよね?私もそう思い電話ができないお店が何件かありました。ここも、しばらくぶりに伺います。「何かリクエストはありますか?」と聞かれ困ってしまい〜「久しぶりなのでシェフにお任せします」とお話ししました。うーん、相変わらずの気の利いた前菜の数々です。シャコは今がシーズンですね♡美味しいです。白ワインや紹興酒をいただきながら堪能します。メインはお魚で、小ぶりのハタを蒸し物にして、青ネギをたっぷりかけてもらいました。美味しーいですね。ハタは中華の蒸し魚の王様です。最後にこの魚と蒸し上げたお汁とたれの混ざったソースをふわふわ卵の炒め物とご飯にかけていただきました。うーん、大満足です。このお店の実力を改めで感じたひとときでした。ワインのラインナップも素晴らしいお店です。また、定期的に伺いますね!ごちそうさまでした。

2008年6月 3日

三谷

また、三谷のお寿司屋さんに伺いました。ここの、お酒はいつもおまかせでいろいろ出していただきます。シャンパン、白ワインももちろんですが、とても美味しいおつまみも出してくださるので日本酒も欠かせません〜。酒粕に付けたカラスミとウニ、さよりをあぶったものにアンチョビのソース、フカヒレにこのわた、などなど絶妙な組み合わせに唸りながらお酒をピンポイントに合わせてくれます。美味しい〜。楽しい〜。気分がいい〜。お酒をあれこれ悩まなくても、ソムリエさんがセレクトしてくれます。今日は少なめ6種類のお酒です。グラスの使い方がまた素晴らしい!また、次回の予約を入れて帰りましょうね♡


ご一緒してくださった方々もすごく満足されたみたいで、お連れしてよかったなと思いました。なので、いろいろと話も盛り上がりました。おっと、12時近いので早く帰りましょう!

2008年6月 2日

合羽橋で一休み

合羽橋の喫茶店です。多分老舗の問屋さんだった建物を居抜きで喫茶店にしていて、お店に入るとすごく柔らかい空気が流れています。ふーっ、コーヒーで一服も久しぶりです。食器や飲食の問屋街なので、外はガヤガヤした感じです。買い出しに疲れたらこちらでコーヒーブレイクでリフレシュでもいかがでしょうか?

合羽橋は昔は「プロしにか販売しません」というお店が多かったけど今は普通に販売してくれるようになりました。食べる事が好きな人にはとても楽しいです。ケーキの型なども品揃えが多いのでとても便利.乾きものの食品もありますね。ここに来るとすぐ時間が過ぎます。

2008年5月31日

川勢(ご近所グルメ)

一人飯をしなければならないとき☆お家で何かを作ることもありますが〜お天気がよくてカラリと晴れた日などは、やはりビールなどを飲んで軽くごはんがたべたいですね。その時には、ふらりと荻窪の川勢にいったりします。ここはうなぎのお店ですが、串うなぎのお店。普通はうなぎの蒲焼き1枚食べるとそれで終わってしまうので、それでは悲しいので少しずつ食べたい欲張りな私にはぴったり!うなぎのいろいろな部位を串うちして食べさせてくれる店です。女一人では普通は絶対入らない(いや入れない)「おやじ」な店です。

まずはビールで「一揃え」をお願いします。うーん、ビールとキャベツの箸休めで串が焼き上がるのを待ちましょう。お店には、うなぎのいろいろな部位の説明図があります。キモ焼きとニラをヒレで巻いたもの。八幡巻きのようにごぼうをお腹の白いところでまいたもの、レバー、エリどれもなかなか食べれないものですね。美味しいですね。

次は日本酒にチェンジしました。つめたーく冷えてます。熱燗を頼むとポットに入った熱燗をついでくれます。どちらも美味しいですよ。このお店のご主人が、やはりうなぎの串焼きの中野の「川次郎」で修行されて荻窪でお店を開かれたそうです。

最後はまぶし丼ですね。炊きたてのご飯に、三つ葉とのりとうなぎを短冊に切ったものをうなぎのたれでまぶしてくれるー絶品ご飯です。美味しいですよ!肝吸いでご一緒に。ふーったくさんいただきました。ごちそうさまです。

この前荻窪のSEIYUで私は夕飯の買い物をしていると「こんにちは!」とご主人が声をかけてくださったのですが、お店とセットで覚えているので思い出せずにいて、レジでお金を払う時に「あっ、川勢のご主人だ!」と思い出したのでした。また、伺いますね。

2008年5月29日

梅雨ですね

もうそろそろ梅雨ですね。カタツムリを見つけたりして、美味しそう(フランス人的発想)。ずーっと欲しかったハンターのレインブーツ!なかなかサイズがなくて入荷待ちだったのですが、おしゃれな友人がずいぶん昔から愛用していて1足欲しいな〜と思ってました。ヤッフォー、梅雨前に届きました。これも、私の日頃の行いが良いおかげ(?)今年の梅雨はこのブーツが活躍することでしょう♡

2008年5月27日

オレンジページ

少しはお仕事のお話。今発売中のオレンジページの広告にクラフトの「パルメザンチーズ」の広告が掲載されています。私も写ってます(はずかしや)今回のパルメザンサラダのレシピがついています。このお仕事は、今年のとても私の大きなお仕事で1年間を通しWEBレシピなどを担当します。どうぞ皆さんこちらもご覧くださいね!美味しいサラダのアイディア満載です。「クラフトのパルメザンチーズ」のホームページを見る

パルメザンチーズをいつものサラダに振りかけるとコクが増し、市販のドレシングで作っても、いつもとひと味違うサラダに仕上がります。今回のオレンジページのレシピではもう一工夫!バケットでパルメザンクルトンを作っています。これは、簡単で癖になる味。我が家ではこれを作ると、サラダの前に息子が全部食べてしまいます〜。是非、是非!皆さんお試しくださいね。おいしいですよ!また、クックパットさんで、パルメザンサラダのレシピを募集をしています。あなたも、とっておきのレシピを考えて投稿するしてみませんか?素敵でお洒落なレシピには、すてきなプレゼントがもらえますよ。6月2日が締め切りです。お急ぎくださいね。「クックパットのパルメザンサラダ検定試験」のホームページを見る。

2008年5月26日

花子の器

今回の高島屋の花子ちゃんの展示の中で、一目惚れしたこの刷毛目のパスタ皿を3枚購入しました。どうして3枚かと言うと3人家族の我が家は、3枚あるととてもバランスがよいのですね。我が家に来てまだ3日目ですが、もう我が家になじんでいて、昔から持っていた器の様になるから不思議です。早速、日曜日のお昼はこのお皿で息子はキムチ炒飯(初めてのるのがキムチ炒飯で御免)を食べて一言!「母さん、これ花子さんの器?」わーい、すごーいわかるのね(ウルウル)ここが、花ちゃんのすごいところだな〜と思ったりしながら、満足している私でした。

形ってとても大切。私はファッションには疎いけど、モノにはこだわりたい。特に食器とカトラリーなどはとても、感じるものがあります。ずーっと、探している木のトング。花ちゃんの家で使ってからそれに恋してしまいました。平松洋子さんの本にも載っていたので、どこかにないかと、ずーっと探していたのですが見つからない。花ちゃんに聞くとアメリカ人のハンドメイドもので日本にはないそうです(涙)そうだったんですね。なんだか、とても納得してしまいました。食の器や小物はとても家庭を幸せにしてくれます♡

2008年5月25日

龍圓

浅草の龍圓でランチしましょう!と上野の天国の女将しのぶさんと約束していたのに(数ヶ月前から)、なかなか果たせなくて御免なさいでした。しかし、念願達成の今日は体調も整えて伺いました!お天気もよいし、お昼だけどビールを少しいただきます。かならずここでお願いするのは、メンマと餃子ですね♡ホタルイカの老酒漬け、蒸し鶏とタコのサラダ仕立て、トリフ塩の卵炒めが素晴らしかった〜。仕上げは担々麺です。うーん、大満足です。浅草はしのぶさんのホームグラウンド!「仕事帰りに、メンマとビールを一杯やって仕上げは担々麺を今度食べにくるね」としのぶさん。それって、私がお夜食に食べたい夢のメニューじゃないですか〜。私もここのお店が近所なら是非それをやりたいんですよね♡

女将と二人でギャルズトーク満載(おばさんトーク?)この前天国に、女性6人で伺ったとき、ネイルサロンやまつ毛のエクステンションの話をしていて、友人が「一緒にいこうよ!」と誘うので「うーん、行く行く」なんて適当に答えてたら、女将が「伊野さん、絶対だめだからね〜ナチュラルが一番!」とアドバイスされました。確かにエクステンションしてる人やはり不自然なのでわかるのと、どうしてもまつ毛が気になってしまい、そこばっかり目がいってしまうーという話をしました。うんうん!私もノリで行く行くと言ったけど、いつもスピンの私は本当にいく気はありません〜。ご心配なく、でもアドバイスありがたかったです(ぺこり)♡しのぶさんとはとても気が合って、価値観も似てるので(勝手に決めてる?)いろいろな話ができるので、すごく楽しいです。また、ご一緒してくださいね!浅草名物「ペリカンパン」ありがとうございました。ピーナツバターで息子とモーニングにいただきましたよ!

2008年5月24日

中里花子の暮らしのうつわ

花子ちゃんと昨日ディナーしました。いま日本橋三越の5階和食器売り場で、普段使いの暮らしの器の特集をしています。今日、明日までしか彼女はいないけど〜今回の器もとてもいい感じでしたよ。1日約束を取りつけたので、まずは、おいしいお店に連れて行こう、2件目はこのワインバーなんてデートの計画のようです♡そこで、久しぶりに、広尾のリストランティーノ バルカに伺いました。バルカやはり美味しいですね〜花ちゃんもとても気に入ってくれた!話も弾んで、あー面白い。それから、ワインバーにいきました。ゴブリンという先月オープンしたお店です。花子ちゃんのお友達のお店。とてもすてきなお店でした。そこで、花ちゃんと仲良しのRちゃんと合流しました。彼女も久しぶりにゆっくり話し、話を聞いているととてもかわいい人だな〜と改めて思いました。花ちゃんもRちゃんも私は大ファンなので、力不足ではありますが応援したいと思います。またみんなで、唐津に行きたいよね!

お料理はバルカのもの、最後の写真はゴブリンの看板です!

2008年5月23日

歓(ふぁん)

新宿の東口商店街の皆様にはいつもお世話になっております(ぺこり)四谷の鮨三谷などを私にご紹介くださったHさん。とてもグルメな紳士です。あれから、三谷にどんどん予約を入れてしまっています。また、今回ご紹介くださったのが、新宿の中華料理の歓(ふぁん)というお店です。とても上品な懐石料理のような中華を出すお店です。

八寸のような前菜、鮎を大葉でださんた魚料理、フカヒレの茶碗蒸しどれもクオリティーが高く完成された料理ですね。野菜の炒め物、とろんとろんの豚の角煮、魚の浮き袋のいためもの、うーん、お酒が進みますよ!


珍しかったのがこの揚げパン、ココナッツクリームで練り込んで、中はパスタのように線状になっていて最後に油で揚げています。これが、炒め物などのソースによく合います。フランス料理のように付けながらいただきました。シメは小さなシンプルなラーメンです。

今回は中国酒で最後までいただきましたが、是非、ワインでマリアージュしてみたいな〜と思う味わいでした。また、伺います!

2008年5月21日

焼き肉名門

ここに来るのは3年ぶりぐらい!予約がとれないこともありますが、ここに伺うと「絶倫コース」をお願いします。絶倫コースは1日1組しか用意ができないので、予約が取れないのですよね。店長(オーナー)さんの軽快なトークとともにすべての肉は焼いてくれるのが特徴。ここのレバ刺しとハツ刺しとセンマイ刺しは絶品です♡それを軽くいただきながら、焼かれるお肉の準備を待ちます。

タンとはらみは内蔵の中でも高級品。タンも周りは削り中心の部分だけを焼いてくれます。はらみは固まりで焼いてから切り分けて、肉汁をなかにとじこめたところに、わさびとレモンをかけていただきます。素晴らしいです。

ミノは芯の部分の厚いところに切れ目を入れたもの、ホルモンもってもきれいな色合いの新鮮なものです。どちらも、肉の特徴がよくあらわれていてワンダフル。

最後に大腸部分を丸ごと焼き切り分けてお味噌を付けながらここでご飯をいただきます。これがまた美味しいのですよね〜。スープもいただきましたが写真を忘れました。



やはりこのお店はすごいお店ですよね!お肉の解説とトークも楽しくとても満足な焼き肉でした。次回の予約が取れるかが問題ですが、常連のUさんにお願いしてー友人のMちゃんは「ここで貸し切りお誕生会をやりたい!」といってました。わかるな〜その気持ち!

続きを読む "焼き肉名門" »

2008年5月20日

パニック

しばらくアップしてませんでした。パソコンが壊れてたのです(涙)今日からやっと復帰しました。4日間止まっていたら、メールボックスが満タンになってました(ひえー)すみません。皆様。アップルストアーに行っくと「インストールし直しましょう!」ええーっ?それってデーターが、パアーですか?ちょっと、待ってくださいよ〜。と思ったけどどうにも動きませんので。お願いしました。メールのアドレス帳が全部無くなってしまいました。まっ、いいか!これから連絡とらない人は、アドレスがいらない人だったということで??私に御用の方は直ちにメールください〜。携帯メールを知っている方は大丈夫ですが!少し真剣に今度からバックアップをとりましょう。昔のアドレス帳のバックバップはあるけど〜めんどくさいからもう見ないことにしましょう。これでよいのか??すみません、御用の方はメールくださいね。

2008年5月13日

うぶ

神楽坂の「うぶ」と言うお店。この春、オープンしたお店です。とても小さなお店です。神楽坂は小さなとても良いお店が沢山ありますよね。しかしながら、知っていないとたどり着かない!ここもそんなお店でしょうね。いつも新しく日本酒を品揃えしているお店に連れていていただくOさん!前回は新宿のゴールデン街そばの「てっぺん」で修業した若いオーナーさんが独立したお店でした。今回はこの神楽坂の小料理屋さんです。その日の魚を、地方の漁師さんや市場から送ってもらうそうです。なるほどーこのクラゲは九州の物ですね!この、食感が堪りませんね。お造り、焼き魚、こちらのお店のご自慢のおでん、それから、美味しいどころ取りの天麩羅は車海老とめごちだけ!本当はこの後、ヘシコのお茶漬けが出るそうですが、お茶づけよりももう少しお酒を飲みたいので、キャンセル!すると、もう1品、珍味の塩辛を出してくださいました。うーん、いいな!これで3800円とは安いですね。国産の白ワインと日本酒を少しだけいただきました。ふーっ、大満足です。近ければ、仕事帰りにちょこっと寄るのにな〜。でも、また寄らせていただきますね。


2008年5月12日

ケチは死んでも治らない?

チョット過激な発言ですが〜私はケチな男が嫌いです。なので、時々思うのですが、男の人はお金をきちんと稼がなければいけないのだと思っています。ところが、不思議にケチな男はお金持ちだったりしますね(幻滅)昔、作家の林真理子さんが、徹子の部屋かなにかで「どうして、今のご主人とご結婚なさったの?」と聞かれて「家の主人はケチではなかったんです。それが良いなと思って」と話しておられて「その通り!!」と共感してしまいました。そうですよね、周りにいるケチな人は、嫌なら付き合うのを辞めればよいものねーでも、自分の夫や家族ならそうはいかないでしょう?お金を湯水の様に使う人も困るけど、「あっ、この金銭感覚が嫌だ〜絶対だめ〜」と思った瞬間、とってもストレスです(ふー)大の大人の男の人とお金の事などでもめたく無いでしょう?お金を出して済む話なら出しちゃえばいいじゃいですか!身ぐるみはぐとか、お金のない人に払えと言ってる訳ではないのですよ!この様なとき私は静かにフェイドアウトさせていただきたいと思います。

女性がケチなのは、私は何とも感じません。ただ、おごってもらって当たり前の方も困りますが「財布を出した方が負け」とか「ケチな俺の何処が悪いんだ〜」と思っている男はもう絶対治らないのだと思います。ケチで良い事は無いのにねー人格が疑われますよ。男としていかがなものかと思うけど。もちろんこれはただの私の好みです(スミマセン)ちなみに、うちの主人はケチではありません。なので「いいか〜」と思い結婚したら貯金が一銭もありませんでした(驚)「社会に出て何年経ってたのよ!」と言った記憶があります。

2008年5月 9日

お鮨ナイト!

四谷にあるお鮨屋さんの「三谷」さんです。2月頃から行きたくて予約を考えていましたが先ずは、ここ最近、このお店に激しく通っているA社長にお願いして連れて行っていただきました。今日は貸し切りでお鮨いただく事になりました。ここは毎回必ず違う形のアレンジしたおつまみと、お酒が楽しめるそうです。おつまみも素晴らしいのですが、お酒の品揃えが素晴らしく、グラスでわいんを5、6種類いただき日本酒も4、5種類おつまみに合わせてまた、飲む人の好みに合わせて出してくれます。これが何とも素晴らしい。久しぶりにとても贅沢にお鮨とお酒をいただきました。とても素晴らしいお店ですね!予約をこの日にまた入れて帰りました。


子がビッチリのシャコ       鮎の天麩羅      蚫入りの茶碗蒸し

コハダと黒豆のハーモニー   バカラのグラス  からすみとひと塩したウニ

ここのお店に行く日にちが決まりその後、グルメ仲間から「三谷行かない?」と何人かの方からご連絡をいただいて、もちろんそれもご一緒したいと思ってます(笑)。あー美味しかったです。7時からスタートしたのですが、気がつくと時間は11時を回ってました。楽しくて時間を忘れる久しぶりにお鮨を堪能したお鮨ナイトとでした。

2008年5月 8日

便利グッズ

ゴールデンウイークが終わり、また、朝のお弁当つくりが始まりました。これは、何だかわかりますか?ふりかけケースです。今まで小分けに袋詰めされた市販のふりかけを使っていたのですが、100均のお弁当コーナーで見つけたふりかけケースです。丁度コンタクトケースぐらいのサイズなのですが、上のフタの部分をくるりと回すとふりかけ口が出てきます。このケースにおじゃこと胡麻と塩昆布をブレンドしたふりかけを詰めたり、ゆかりと胡麻を入れてみたり、オリジナルなふりかけを持って行けるので良いかな〜と思っています。好きなだけかけられるしね!うちの子はこのふりかけが気に入ったみたい。ある日,入れるのを忘れたら「今日ふりかけがなかったよ」とクレームを入れられてしまいました。今度は何のふりかけにするか、ただいま思案中です。

2008年5月 7日

川口湖で1泊小旅行

主人のお友達のNさんの河口湖の別荘にお邪魔しました。旦那様がとってもマメな方です。この日の為に、築地から伊勢エビを、練馬の老舗のお肉屋さんでステーキをご用意くださって〜。嬉しいよー。鉄板焼きのご用意をしてくださった。伊勢エビの頭でアメリケーヌソースを、鶏のスープを持っていたので、それで、鶏に込みソバを私が作りました。私が作ったソースとおソバを「美味しい美味しい」と食べてくださるNご家族。それにひきかえ我が家の家族は無言のまま食べてるだけ(涙)。「ご感想は?」と言うと「食ってるから旨いんだよ」と!食べさせかいのない人達だわ〜ん。じゃ、Nさんの家の3匹目の犬として飼ってもらおうかしら?まかないが作れるペットです!


Nさんの別荘の裏側はもう、富士の裾野の樹海の始まりでなのですよ。虫が嫌いなうちの子は、大騒ぎ
でしたが、また、夏、ぜひに呼んでくださいね。今回、遠くにはいかなかったけど、とても良いゴールデンウイークでしたね。ゆっくりしたので力が沸きます。

2008年5月 5日

B級グルメの旅

ゴールデンウイーク中に東十条の埼玉屋さんに初めて伺いました。ここは4時から並んで5時にはお客様が満席になります。カチカチに凍らせた焼酎にレモンサワーを入れてくし切りレモンを3つも搾ります。最後にグラスの縁にお塩をつけて!ここの名物のサワーです。おいしい〜。クレソンのサラダは下に大根の短冊が入っていてさっぱりドレシング。チレのフレンチは良い感じに焼いた物にガーリックバターをのせてgood。それとなんといっても、焼き手のおやじさんが名物ですね。美味しいです。このお店来れて良かった!

東十条にいくなら必ず寄るように言われたうどん屋さんです。ここも6時開店で店の前に6時前からお客が並びます。順番が来て注文を!ここは、讃岐うどんなので、お酒も全部、四国の銘柄です。なるほど〜。おでんも讃岐風です。並んでいる時にうしろにいた女の子に、「何が美味しい?」と聞くと「何でも美味しいですよ」とお答えが・・・。確かに何でも美味しいお店でした。おつまみも沢山あるけど、今日はおうどんだけで我慢、我慢。今まで食べたおうどんの中では、私にとってナンバー1でした。あー、思い出すとまた食べたいなぁ!素晴らしいおうどんでした。

2008年5月 3日

けせらせら

「ゴールデンウイーク中にお食事しましょう」と約束をしていたのです。いつもお世話になるMちゃんNさんカップル。今日は何だか赤ワインがガッツリ飲みたい雰囲気です。完全に和食を無視してのセレクジョンこの2本です。その前にビールも白ワインも1本いただいていたので、かなり3人で飲んでますね〜。なので、話しもとても楽しくて、炸裂トーク!私も色々な事少し喋りすぎました。ごめんなさい。少し引かれたかな?どうしよう、今度ご一緒してもらえなかったらん。でも、楽しかったんだものね〜。


また、3人で飲みたいデース。3人で新潟にプチ旅行する話しになっています。えー?完全にお邪魔だって!そうかも知れないーでも、そんなの気にしません。だって、楽しんだものね!今日伺ったのは、銀座のけせらせらさんです。和食のおつまみコースと、アラカルトで鴨焼きをお願いしました。ご馳走様でした。

2008年5月 2日

母の日

千疋屋さんの母の日限定、宮崎産完熟マンゴー「太陽のたまご」を使った10台限定のマンゴータルトです。母の日にこんなタルトをもらったら、ジーンときてしまうかも!そのお隣は、フルーツタルトです。こちらは、普通のマンゴーを飾ってありますが、色の違いが写真でもお分かりでしょう?このタルトは伊勢丹デパート限定商品です。もし、母の日のプレゼントがまだ、お決まりでなければ〜このマンゴータルトいかがでしょうか?美味しいですよ!

2008年5月 1日

新宿高島屋

もっと早くに載っければ宣伝になったのにね〜。ごめんなさい。
新宿高島屋で行われた、服部幸雄グルメフェアー!色々な方たちのご協力で開催されました。毎日、食に関しての有名な方々のトークショーがあり、1日前が王理恵ちゃんで、最終日が大桃美代子ちゃんのトークショーでした。これは、見に行かないとね!お友達を誘ってトークショーを見てから、その後一緒にお茶をしました。次のトークショーが藤野真紀子先生だったので、それを一緒に聞きました。会場はいろいろなこだわりのある食品会社さんや生産者の方達で、それを見たり購入したりしてとても楽しいフェアーでした。何だか、普通のお客さんのように楽しんでしまいました。


帰りにフルーツパーラーレモンさんに寄ってほっと一息。フルーツの盛り合わせとフルーツのカクテルジュースをいただきました。1日デパートで遊ぶなんて子供のとき以来かも〜あー楽しかった。美代子ちゃんとも久しぶりゆっくりお話しできました♡
さて、今日は煮物を2種類作って来たので、お刺身でも買って晩ご飯の支度に戻りましょうか〜。

2008年4月30日

新宿ゴールデン街

ミニコンサートの後、一緒に居合わせた建築家で店舗内装で有名な橋本夫妻とゴールデン街に繰り出しました。私は、ゴールデン街デビューです。いろいろなお店があるのですね〜。でも、やはりどのお店に入っていいのかわかりません。少し博多の中州の横町に似ています。そのあたりは、新宿のヌシのYさんにご案内していただきました。うーん、ディープで楽しいですね。橋本夫妻と20年近くのおつきあいです。「昔はお金がなかったけど楽しかったね〜」と言う話になりなしたが、今も大して変っていない気がします。ミラノ・サローネの橋本さんの出展した漆のバスタブの話しを、伺いとても楽しいひと時でした。また、飲みましょうね!

2008年4月29日

柿傳ギャラリーミニコンサート

中里隆さん太亀さんの個展が、柿傳ギャラリーで行われました。それに際して隆さんのご親友のつのだたかしさんが、クラシックギターのミニコンサートがありました。新柿傳ギャラリーは、天井も高くとても音響効果がいいので、この様なギターと歌だけのコンサートなどには最適です。あっという間の1時間でした。素晴らしい音楽に感激して帰りにはCDを2枚購入してしまいました。最近、毎朝
聞いています。隆さん太亀さんと久しぶりにお話しして〜とても楽しいひと時でした。「また、唐津に伺ってもいいですか?」とお話しすると息子さんが3人いる太亀さん。家の息子を預かってくれると言ってくれました。ひとリっ子のうちの子ですので、3人の兄弟に囲まれるのも良い経験かも知れませんね〜。隆さんは穏やかにとても素敵な話し方をする方で笑顔がチャーミングです。ご一緒できて嬉しかったです。

2008年4月25日

クラフトパルメザンチーズ

春からのビックプロジェクトで、今年の4月から1年間、クラフトさんのパルメザンチーズのメニュー開発とウェブサイトのキャラクターをパルメくんと一緒に務めます。私自身が登場でチョット恥ずかしいのですが、どうぞ、こちらをご覧ください!
「クラフトのパルメザンチーズ」のホームページを見る。

2008年4月24日

スプレンディット

あるパーティーの後、また、皆でお夜食する事になりました。恵比寿のオステリア・スプレンディットです。こちらのお店は私の仲良しさんが常連と言う事もありますし、オーナーさんが、仲良しと言う事もあり、お食事後のもう1軒やもう1杯によく行く店ですね。1階がインプリーチドと言うワインバーで地下がこのオステリアです。今日はお夜食ですので前菜とパスタをいただきましたが、とても美味しかったです♡あーっ、このパターンがメタボになる原因に違いない。実は今ピークに太っています。チョット今から走って来ますー。


  
オステリア スプレンディット      (Osteria Splendido )
  バール・アンド・エノテカ・インプリチト(bar&enoteca implicito)

   TEL 03-5774-4433 住所 渋谷区東4-6-3
 

2008年4月23日

今、旬ですね♡

「たけのこが今年は高いな〜」と思っていたら春先随分寒かったので、少し時期が遅かったのですね。今、スーパーに行くととても安くて手に入ります。家は春に10回はたけのこを料理するんです!私の実家は福岡の合馬の近く、子供の頃住んでた家は裏が竹やぶで、たけのこはとり放題!たけのこは見るのも嫌なほど、春、食べさせられた記憶があります。今考えると贅沢な話。朝掘りの筍が本当に毎日食べられたのですから。今はスーパーでお金を出して買わないといけないのですもんね。今日は近くのスーパーで2本500円でした。これなら、迷わず買えますね。穂先を少し落としてから縦にきれめをいれて、ヌカと鷹の爪を入れて湯で揚げます。茹で上がってもそのまま鍋が冷えるまでおいておき、冷たくなってから引き上げて皮をむきましょうね。


お教室でも作ったけど今日は筍ご飯。いつも息子に教室の残りを食べさせたので、今日は炊きたてを食べさせようと、お夕飯に作りました。沢山出来たので、ご近所にお裾分けです。「やっぱり、炊きたては旨いな〜」なんて大人の様な口ぶりです。

昔、母と京都に旅行に行った時。私が20歳ぐらい。実家にいた頃で春は竹の攻めに合う時代ですが、旅館のお食事でたけのこの煮物が出て、二人とも残していたら「あら、残しはったん?今が旬の旬どすぇ〜」とおかみさんに怒られた事があります。そのときは、食べすぎてたのよね〜。ごめんなさい。

2008年4月22日

お夜食のイタリアン

最近仲良しの小笠原伯爵邸のWさん。女社長です。私が「お姉ちゃま」といつも頼りにしている人です。あるパーティーに行った帰り、お食事がでないパーティーでしたので、お夜食を食べに表参道のかわいらしいイタリアンレストランに連れて行ってもらいました。鮎の温かい前菜は緑のソースがとてもさわやかで、パスタも空豆などの春を感じる味わいです。パーティーでかなり酔っていたのですが、それから赤ワインを1本飲む事になって〜。ギャルズトーク満載でした(おばちゃんトークかな?)話はいつまでもつきませんが、もういい時間なのでそろそろ帰りましょうか!また、二人でお食事したいです。ゴールデンウイークあたりにどこかにいきましょう〜。

最近女性の方が、気っ風うがよくて、頼りがいがあって、頼もしいと感じます。いい女の周りには、素晴らしい人脈と質の高い男性がたくさんいるのですよ〜。なので、とても遊んでいて楽しいです♡仕事のできるチャーミングな姉御達を見習って私も頑張りたいと思うこのごろです。

2008年4月20日

かわいい〜

去年12月の年末の天国の最終日に、天国で盛り上がった時の話。嘉門さんが引田天功さんの「天功祭」の舞台に出られていて、その時に相手役をしていた樋口智恵子ちゃん達を誘って、私に紹介してくれた!智恵子ちゃんは家も比較的近く!すごく、楽しくお話しできて〜「春になったら遊んでね!」と約束をしていたのです。そこで、「お料理教室に遊びにきて!」とメールをしたら、おニューのエプロンをわざわざ買って来てくれた(感激)!料理を食べ始めて、あまりお酒が飲めない智恵子ちゃんですが、私たちおじさん、おばさん(皆さんゴメン)の相手をしてくれました。皆が何をしても「かわいい!」と言うので智恵子ちゃんは困ったみたい。彼女はとても若いけど、とてもしっかりしてる♡素敵なお嬢さんです。また良かったら、お教室に遊びにきてね!今日は、楽しかったです。有り難うごさいました。

「樋口智恵子さんの『ヒグチ風味、チエコ味』」のブログを見る


この日の人参のムースは、日本ソムリエ協会の季刊誌「Sommelier」の次号にレシピが掲載されます。是非、ご覧くださいね!

2008年4月19日

イチゴのスペシャルケーキ

中野の焼き肉屋さんです。花田流焼き肉「炭屋」さんです。沼袋にあって我が家は月に2,3度お世話になっています。以前「コウバコ蟹が今日ありますよ」と電話着て来てくれると言うお話をした焼き肉屋さんです。ご主人がホテルなどで洋食を経験されている方なので、とても面白いお料理がちょくちょく出たりして、魅力的なお店なのです。今日は息子の中学入学祝いに、スペシャルでイチゴのケーキを作ってくださいました。生地がバームクーヘンの様で食べごたえのあるケーキでした。とても美味しかったです。もちろん、焼き肉も素晴らしかったですが〜。また、近いうちに伺いますね!本当に有り難うごさいました(ペコリ)。

焼き肉屋さんと言うと化学調味料がとても多く使われていて、食べた後、舌が麻痺する様な感じが私は耐えられません。ここの焼き肉はもちろん化学調味料は一切使わすに、とてもピュアな味わいでスープなどが絶品です。家族でご飯もよく来ますが、1人でふらりと来てもいい感じのごはんですよ!

2008年4月16日

かわむら

定期的に訪れる「かわむら」さん。私は前回は息子の受験のためお休みしてました。そこで今回は半年ぶりの「かわむら」になりました。楽しみ〜。とても、期待して伺いました。今日はスペシャルにビーフカツをご用意いただいています♡久しぶりのお肉三昧楽しみでーす。

前菜の魚介、蚫と平目とサーモンとホタテ、シャンパンとの相性が堪りませんね。肉の旨味がよくわかるタルタルステーキと輝けるコンソメスープ

皆さんのお悩みは2種類の選択。ビーフカツとハンバークにするか?ビーフカツとステーキにするか?うーん。どちらも捨てがたい。全部と言う方もいらしゃいました(驚)私はハンバーグとビフカツの選択をしました。次回は鮑づくしの会にしていただきます。だけど、予約できたのは8月でした。恐るべし、本当に予約の取れない店ですね!ごちぞうさまです。

2008年4月14日

ソロモン流

老舗のパン屋の浅野屋の社長の浅野まきちゃん。いつも仲良くしていただいております。彼女のお誕生会ですが、ソロモン流の取材が入りました。六本木のミッドタウンの浅野屋さんで盛大にパティーをする事になりました。嘉門さんがギターを持って来て、まきちゃんの歌を歌ったり、ワイン業界の方、料理関係の方たちで盛り上がる事になりました。無事撮影も終わり、そこからは大宴会に〜。あー楽しかった。仲良しメンバーなので無礼講で馬鹿を言い合って、ワインをいただき、大笑いをしました。美味しいお食事とよいワインをありがとうごさいます。まきちゃんは私より年下ですが、とても頼りがいのある女社長です。今回、お仕事の件もお願いしたのですが、それも快く引き受けてくださいました。迷惑かけっぱなしですが、今後ともよろしくお願いいたします(ペコリ)。


詳しい内容は日曜日のソロモン流をご覧くださいませ!浅野屋の浅野まきさんの特集は4月27日日曜日の放映です。

2008年4月12日

朝5時起き(春眠暁を仰ぎ見る)

九州の友人の家で私の携帯のアラームが朝5時半になり、とてもご迷惑をかけました(ごめんなさい)しかし、私の友人は優しいので「ユーコは、こんなに朝早くから起きてるのね」とほめてくれました。そうです。どんなに夜遊びしても朝は5時半に動き始めないと間に合いません(汗)。小学生は給食がるのでとても楽でした。中学からはお弁当を持たせなくてはならず、最近5時起きの日々です。おかげで朝のメールチェックも出来なくなりました。お弁当は「普通の物にしてくれ」と言うリクエスト。量が多くても、少なくても嫌がります。少し温かくなったので6時に出来上がるお弁当を12時頃食べる事をかんがえて、お弁当シートを入れるようにしました。完全にお弁当を冷まして蓋をするのもなかなか難しく、7時に出かける1時間前にお弁当を仕上げますが、お弁当の底に手を置くと、おんぼろ温かいのでチョット危険な感じです。抗菌シートでをのってけて少し保険をかけている私です。お弁当が、空になって帰ってくるのが励みかな!

「当分の間1年生は土曜日もお弁当を持参」と言われて金曜日の夜に「え〜っ」と言ってしまいました。土曜日の朝だけはゆっくり寝たかったよ〜。日曜日は部屋に鍵をかけて寝てやると自分を慰めました(笑)。お弁当の疑問や質問があればコメントください!出来る範囲でお答えしたいと思います!

2008年4月11日

柿傳ギャラリー

先日、いつも美味しい物をご一緒してくださる新宿のボスのYさん。新宿の駅の側の料亭「柿傳」のオーナー様です。「ビルの地下のスペースがあるのだけど」と言うお話は以前から聞いていました。構想を練ってこのほど、柿傳ギャラリーとしてオープンしました。内装は私の飲み友達の旦那様の橋本さんです。ギャラリーは天井も高くスッキリスタイリュな感じで、陶器だけでなく、着物や、絵画なども展示すると映えそうなスペースです。オープンにあたり陶芸家の細川護煕先生の作品展がニューギャラリー初めての個展で行われました。

パーティーはドンルイナールのブランドブランのジェロボアムをいただきながら作品を拝見して、橋本さんから内装の説明を受けて、お腹がすいたらピンチョスをつまむーそんな、素敵な演出でした。細川先生の周りには、とてもご立派そうな細川先生のファンの方が沢山いらしたのです。が、後半、人が引けておそばで目が合ったので、お話しする事になりました(緊張)。とても、穏やかに、もの静かにお話しなさる方で、気さくな感じがとても素敵なジェントルマンでした。作品は茶器なので高くて手も足も出ませんが〜今度は是非、普段使いの汲み出しなどを、作っていただけないでしょうか?
「柿傳ギャラリー」の近日の個展のお知らせはこちら
設計、デザイナーの橋本夕紀夫さんは、今、大注目で「飛ぶ鳥落とす勢い」のご活躍。最近ではペニンシュラホテルの内装を手掛けられました。今度のミラノ・サローネに漆のバスタブをデザインして出展されるそうです。お写真を見せていただきましたがとても素敵で実物が見てみたいともいました。イタリアでのレセプション頑張ってくださいね。橋本夫人とは古くからのお友達。とても素敵なご夫婦です。奥様は遅れて来ると言う事で、会いたくて待っていたのですが、私はシャンパンを飲み過ぎて酔っぱらったので、もう、帰ります。また、近いうちに会いましょう!

2008年4月 6日

琉球の食材を使った中華

原宿の有名な中華料理屋の南国酒家さんです。オーナーさんと仲良くさせていただいているので、いろいろなフェアーでご案内をいただきます。今回は琉球の珍しい食材を使った中華料理のフェアーのお料理をご紹介と言う事で、ビュッフェのパーティーに伺いました。珍しいブランド野菜やアグー豚、グルクンという白身の魚、島豆腐に海ブドウ。とても、面白い食材ですが〜確かに沖縄料理はとても中華料理の影響があるので、食材もとても良く中華に合いますね。どのお料理もとっても美味しかったです。宴もとても盛り上がり、琉球音楽と踊りで盛り上がりました。今月、南国酒家で琉球の食材のコースをやっていますので、是非、行かれてみてください!おいしいですよ。

「南国酒家の」の沖縄の食材を使ったお料理フェアーのお知らせはこちら

続きを読む "琉球の食材を使った中華" »

2008年4月 5日

鉄なべ餃子と雪姫亭

美味しい鉄なべ餃子。北九州名物とあってビックリした。20年前は、鉄なべと言えば博多名物で北九州に鉄なべなんて無かったのに〜。味わいは、昔の博多名物鉄なべでした。ホルモン鍋もいただき、お酒をいただいたけど安い!まっ、こんなもんでしょう。

もう一つが、小倉の旦過の雪姫亭です。お友達に「超いけてる韓国料理屋」がある聞き、それで行かないとね♡とても、洗練された韓国家庭料理でした。ご飯も炊きたて、ナムルもこの辺り名産の春の生わかめを使ったりしていて、とても、美味しかったです。ごぼうのチヂミが最高でした。おなか一杯です。北九州エリアにもいろいろできますね♡また次回の楽しみが増えました。楽しい帰省も終わりました。東京に戻りそろそろ、新しい生活に入ります。色々準備をしないとね、九州も美味しい旅でした。食べ過ぎ?そう、食べ過ぎですね。

2008年4月 4日

サンテミリオン

門司、小倉に戻りました。お天気が良くなったので、小倉城をお散歩する事にしました。桜も5〜6分咲きですね。前の日にこちらの友人に美味しい物を食べるお店をメールで聞いていたら「相談があるので」と、小倉の有名なお寿司屋さんの天寿司でご馳走していただく事に(相談って何だろう?)ドキドキしてたけど、たいした事ではなく私がお役に立ったみたい。「ワインを飲みたいけど家に今回送ってないのよ」と話すと、ワインラヴァーのその方が、ご自分のワインを赤、白くださった(ラッキー)でも、家にワインオープナーが無くて飲めなかった(涙)。お散歩後に子供たちは映画館に詰め込んで、自由になったので、昨日果たせなかったワインを飲みたくてて小倉のフレンチのサンテミリオンへ母とランチする事にしました。



小さな一口サイズの前菜が6つ出て来て、その後にメインはお魚かお肉料理。とても美味しくいただきました。グラスのシャンパンは無かったど、フランス産のグラスワインが赤白合わせて6種類もご用意があって大満足です(えらい)。デザートは食べ放題みたい。もう少し若ければおかわりするのにね。こちらのシェフは大淵さんの下に長くいらしたそうで、味はとてもしっかりした物をお作りになられる方でした。これだけ食べて飲んで2人で5000円ほど(安い)。九州の物価の安さは素晴らしいですね。でも、やはり生活のサイクルが違うんだと思いますけど・・・。バカンスももう終わりーもうすぐ東京に帰ります。福岡を離れて20年ほどがすぎました、海外に行くより刺激的な里帰りです。息子は九州が大好きです。とてもいいところなので歳をとったら九州に住むそうです!オヤジの様な息子です。

2008年4月 3日

唐津のお寿司屋さん

糸島から唐津に向かって移動します。本当は反対の福岡の方に向かって私の実家の北九州に戻るのに〜。唐津のお寿司屋に行きたいのです。初めて伺ったんですが、思いが募ってたんですよね。このお店は取材拒否なのでお名前は内緒にさせていただきます(でもわかるか)。お料理を少し出していただけるおまかせコースでお願いしました。うーん、すごいかも。お料理も素晴らしかったです。桜鯛の内蔵と春の野菜の炊いた煮物が素晴らしかった。イカの煮物も素晴らしかったけど。お造りは赤貝のようにみえますがお刺身の赤ニシ貝。このエリアでしか食べれない貝なのです。私はこの貝がだーい好きです。コリコリの歯ごたえが、美味ですね。イカもイカの持っている甘さだけで煮付けたショウガ風味の1品です。お酒が進みますね〜。最後は天麩羅!この天麩羅がまたすごくレベルの高い物でした(ビックリ)。どうしてお鮨屋さんなのに、お料理のレベルがこんなにも高いおでしょうか?参りました(ペコリ)。ここのお使いになられている器が素晴らしく、やはり、唐津ならではの楽しみですよね。見た目も、趣向も、味も素敵でした。遠回りする価値とても有りのお店なのです。


お腹がいっぱいで大満足です。さて、名残惜しいですが唐津駅からそろそろ家に向かいましょうかね。

続きを読む "唐津のお寿司屋さん" »

2008年4月 2日

海を見て移動/料理は何を作ろうかな?

海が綺麗なのは当たり前の様なこのエリア!友達のYちゃんの別荘は福岡と佐賀の間のエリアです。私はここが大好きで、必ず福岡に行くとお邪魔します(スミマセン)。さて、今日のお花見何を作ろうかな?Yちゃんんもお料理がとてもお上手なので、全然心配は無いのです。買ってきた生ものはそのまま並べて、おでん、お寿司を並べていい感じです。お昼からワインを飲み始めてご機嫌です。福岡はまだ桜が咲いてません(涙)でも、気分はお花見!

続きを読む "海を見て移動/料理は何を作ろうかな?" »

2008年3月31日

海の中道のホテル/ルイガンズ

唐津の友達がインフルエンザで重症だと言う事で、海の中道に1泊する事にしました。メキシコを代表する世界的に著名な建築家、ルイス・バラガン氏をイメージして作られたホテルだそうです。部屋からはすべて海がみえてとても良いロケーションです。

お部屋からの海を眺めながら何時間も時間が過ぎていきます。お昼沢山食べ過ぎたので、夜のお食事はバーでワインを2杯とカラマリフライとチキンサラダで終わりにしときます。バーでは暖炉の火を眺めて読書をしました。バーの肘掛けに膝掛けがが用意されているのが良いですね〜


とても良く眠れました(多分10時間近く)。リネンもとても良い物で寝心地もバッチリでした。お湯を沸かしてベッドの中でアーリーモーニングティーを1杯いただきました(満足)。昨夜は軽く済ましたお食事でしたので、朝からタップリお食事をする事にしました。ビュッフェなので1皿目はご飯類とオレンジジュース、2皿目はフルーツとデニッシュとコーヒー。チョット食べ過ぎですかね!まだ食べれそうですが、ご馳走様でした。さて、電車で移動して福岡に戻りましょう。

2008年3月30日

福岡でランチ

福岡には2年ぶりに里帰りです。到着した日の午前中についたので、1人ランチする事にしました。いろいろ考えましたが思いつかず〜結局、西中洲の「河庄」に伺いました。2年ぶりですかね。私は本当にお寿司が好きなので嬉しいです。にぎりのランチにしました。梅わさは、私が大好きな物です。うーん!この味ですね。お椀は季節感あふれる目にも鮮やかなお吸い物、ネタもプリプリの透き通ったお魚ばかり、サヨリや烏賊は格別にべっぴんさんです。美味しいです。



20歳の頃から伺っていたお寿司屋さんなのですが、その頃からの職人さんがいらして「伊野さん変りませんね」と言っていただきました。リップサービス有り難うごさいます。大将がそう言えば居ませんねーどうしたのだろう?「実は去年の4月に引退して、娘の美智子さんが後を継いだんです」と教えてくださいました。そうだったんですね。チョット寂しいですが仕方がないですね!私も歳をとりましたが、もちろん同じだけ皆さんも歳をとりますよね。「引退」と言う選択を選ばれた高木さんーこれからの美智子さんのご活躍を見守りたいと思います(ちょっと偉そう?)。

2008年3月29日

上野の山で

天国に伺いました!しのぶさーん、ガニエールのランチ以来ですね!ここに来たかったのですよ。お正月はお肉を送ってもらったけど、それからぶりです。お腹をすかせて来ましたよ!今日食べさせていただくお肉のサクを見せていただきました。うーん素晴らしい桜肉ですね。確かに色が淡くて桜色にみえますね。レバ刺し、心臓、たてがみとどこの部位も素晴らしかったです。美味しいですね。お肉も沢山いただき、ワインもいただきました。ご馳走様です。上野の山は、お花見まっ盛りこれからお花見のお客様で賑わうのでしょうね!しのぶさん頑張ってね♡

桜を目でながら、桜肉でワインを一杯いかがでしょうか?おいしいですよ♡
「天国」〒110-0007 東京都台東区上野公園1-59 上野公園内 電話03-3828-5571

2008年3月28日

スパニシュ レストラン/バンブー

原宿の「バンブー」と言うと昔のサンドイッチハウスを思い出される方も多いのではないでしょうか?こちらは、今、リニューアルを果たしスパニシュレストランなったのです。不思議ですか?それは、小笠原伯爵邸とオーナーさんが一緒だから(納得)。と言うことでバンブーのお披露目会がありました。今回は、醸造家のエドワード・ガルシアがゲストです。彼はべガシシリア ウニコなどで有名なマリアノ・ガルシアの息子さんです。とても若く、イケメン、とってもインテリジェンス!今、手掛けているマウロなどをいただきながら、色々なスペインワイン事情をお話いただきました。

バンブーのお料理はアミユーズから始まりました。アミューズもこだわりの数品が出ています。

楽しくて驚きのあるお料理。美味しーい、楽しーい、不思議の三拍子です。この人数サービスするのがきっと大変ですね。いやー裏方のスタッフの苦労が気になります。

私どものテーブルはとても楽しい方ばかり。話がグルメ、文化、芸術、心理学にまで発展して!

グラニテ代わりのガスパチョをいただきメインのお魚、お肉の料理もgood〜!

デザートの後のミニャルニーズがバラの花束の様なラブリーなしつらえです。素敵です。
家のお教室の女性ばかりで、ぜひ、ここにご飯に来たいと思った私です。たのしいですよ!

2008年3月26日

今回のプロジェクト

毎晩飲み会の話ばかりで〜少しは仕事のお知らせをしなければね。まだ正式にご紹介できませんが、この春からのかかわらさせていただく、私の大きなお仕事の撮影風景です。4月に合わせて毎日奮闘中です。今回のお仕事で私もまたいろいろと勉強させていただいています。とても、楽しいお仕事です。

実は服部学園から籍を抜きます(離婚するみたい?)。講師には行かせていただくので、決別する訳ではありませんが、少し料理研究家としての仕事を多めにさせていただける様、フリー宣言です(かっこいいじゃん)。しかし、性格がこんな調子なので、バリバリ頑張るぞ〜というガッツより、ふらーり、ゆるりーと仕事をしながら自分の歩む道を見据えて行きたいと思っております。どこの馬の骨かわからない私を、雇っていただいていた服部校長先生には足を向けて寝る事は出来ませんが、本当にこの15年間は、服部にお世話になりました。かなり時間にも、余裕ができました。何か細かい仕事でもございましたら是非、お声をおかけいただきたいと思っています(営業モード)。今年1年は、正直不安も多いのですが、何卒、今後とよろしくお願いします(ペコリ)。

2008年3月25日

赤坂でお夜食を

日本にワイン留学中の韓国人のキムさん。彼の仕切りで赤坂の韓国料理屋さんでお夜食する事に!後のメンバーはワインの関係者です。みなさんワインを持って集合!あるワインのメーカーさんがごそっとワインをお持ちくださり♡楽しくお夜食開始です。私はこの日は9時過ぎまで撮影でした。皆さんに遅れを取ったなーとお店に行ったら、まだ、キムさんとMちゃんだけだ!キムさんは韓国ではワインを輸入する商社にお勤めです。

韓国の前菜を並べて行くとうーんお野菜中心のとてもヘルシーな内容ですね

お店のオーナーさんのベルエポックのグラス。よく見るとアネモネが桜の花にみえるね〜。

メインディッシュはお肉です。タンは普通韓国ではあまり食べないらしい〜骨付きカルビーです。
スンデュブなどもいただき「韓国の本場の家庭料理の味」を堪能しました。田舎屋さんと言うお店です。また是非伺いたいです。

続きを読む "赤坂でお夜食を" »

2008年3月23日

病みあがりの食事

息子が入塾テストを受けたらあまりにも出来なくて〜その夜から熱が出た!3日間具合いが良くならずに、3日目は私は大事な撮影がある日なのだ。1人で病院に行かせて1人でリビングに寝かせてお粥を作って出かけたのです。すると夕方携帯に電話があった「母さんカニが食べたい!」何だそれは??テレビで旅行番組の再放送かなにかを見ていて、リポーターがカニを美味しそうに食べてたらしいのです。確かに3日間何も満足に食べられなかったもんね。体調が万全になった次の日にカニを食べようと言う事になりました。

が、しかし、一生懸命考えるけどこの時期にカニを食べさせてくれる所が思いつかないよーこれはカニ道楽しか無いでしょう!!私、カニ道楽デビューです。楽しみ〜。新宿店は予約で既にいっぱいでした(おそるべし新宿)練馬のお店に家族でgo!


和紙で出来たカニ提灯ーカニも新鮮で美味しいじゃないですか!水槽には生きた毛ガニやタラバがいてとても良い感じです。アミューズメントパークの様ですね。楽しい〜。

感激したのがこの「ホジホジ」割り箸の脇にはっているカニをホジホジするものです。よくできてるなぁ!面白いです本当に、私たちはカニすきコースをお願いしました。壁の絵がまた道頓堀だったりしてよう出来ているのですわ。


あーカニを堪能しました。普通かにを食べるとおとなしくなると言うけど、家の息子はしゃべり続けている。よく、喋れるよね。最後のカニ寿司は食べれなくてお持ち帰りにしましたよ。一番感激したのは従業員の対応の良さ!アルバイトの子もきちんと教育されてて、なかなか素晴らしかったのです。カニもなかなかの物でしたし〜。カニ道楽何だかファンになってしまいました。

2008年3月21日

火鍋の名店/趙楊 Mobius 4000

もうすぐ桜井の開花と言われてますが、まだ、肌寒いので鍋が美味しくいただける時期でもありますね。六本木に引っ越して来た「趙楊」さん火鍋の専門店で火鍋の火付け役とも言われているお店です。とてもこちらのお店をご贔屓にされてる方のご案内で、美味しいワインとここの3食鍋をいただける事になりました。白いスープ、スパイシーな辛い〜赤いスープ、北京ダックのような鴨の丸焼きののぶつ切りがスープに入った物と3種類です。赤いスープは頭皮の毛穴から汗が噴き出す辛さで、白いスープはマイルドな口直し、鴨のスープは少しピリ辛です。うーん、具材もタップリで後を引く味でいろいろな鍋をローテーションしながら食べたりして、「具材が多すぎる?」と思っていたらぺろりと食べちゃいました。


鴨のスープにはなんとビールを入れます!牡蠣のの隣は豚の血「中華ブーダンノアール」です

野菜もタップリ、豚肉、鶏の臓物、羊肉、牛の臓物、海鮮とすごいバラエティーです。

ワインは普通は持ち込めません!しかし、気合いが入っていて皆さん2本ずつお持ちくださり
飲めないのでそれを持って次の店に行きました。お腹いっぱいで、ワインも一杯いただきました。
このお店に伺って1週間ぐらいが経ちますが、あーまた、食べたいなと今週、何度か思いました。
どなたか、付き合ってくださる方いませんかね?

2008年3月20日

おむすびブランチ

休みの日は炊きたてのご飯を、おむすびにして11時頃に遅めの朝食です、冷蔵庫のお掃除も兼ねて少し余ったおかずや食材を小皿に並べます。お味噌汁をつけたら立派なお食事になります。余り物だけだけど、おなかも大満足ですね。母はちょっと今からでかけまーす。夕飯までにはみんな戻って来てね〜では解散!

久しぶりにミクシーを見に行くと(1年ぶりかな)自分の名前を友人の日記で見つけたり、マイミクになるのを1年待っていた人がいらしたり、なにも更新されていない人もいて〜。私も1年ぶりに行ったので、パスワードからメルアドから入力しなければいけなかった。無効になってなくて良かったです。ミクシー塩漬け状態です...。すみません。

2008年3月17日

中野の名店/カルタゴ

中野にある「カルタゴ」と言うお店です。ここの北アフリカやアラブなどチュニジアやトルコなどの地中海料理がとても本格的だと言う話です。実は10年ほど前から誘われていたのですが、ご縁が無くスケジュールが合わずに行けてません。「『カルタゴ』行った事が無いんだ」と言うとすごくビックリされて急遽カルタゴでのディナーが実現しました。ここにワインを納品している商社の方がご一緒したので、シャンパンも持って行かせていただいたりして!しかし、最初は異国のビールから始まりました。

すべての前菜はペースト状です。もっと、ホットなのかとおもいましたが、優しい味わいのものでした。お野菜タップリのヘルシーなものが多いです。

ペースト状の前菜は焼きたてのパンでいただきます。これが美味しくてたべすごてしまいます。
 

他のお料理は、春巻きスタイルのブリック、コロッケのような豆の揚げもの、お米の入ったハンバーグなどとても面白い、食べた事の無いモノばかりです。


最後のクスクスが素晴らしい味わいでした。このクスクスについて来る羊の串焼きと、ピリ辛ソーセージが最高です。フランス料理店顔負けの羊のローストです。参りました。ワインは最後にスペインのコーシャワインをいただきました。初めてコーシャワインをいただきましたが最高です♡


シメは甘いミントティーで〜とても大満足。久しぶりにガッツリ本格的なクスクスをいただきました。本当に美味しいお店です。早くくれば良かった!本当にお肉料理には感激したので、次回の料理教室の宴会はこちらでやりましょう!決まり。

2008年3月16日

入塾テスト

息子と入塾テストを受けに行きました。受験が終わったばかりなのにーもう?と言うのが正直な感想ですが、私立の中高校一貫校に希望して入ったものの、今がゴールではないのは確かですね。小5や小6の春の頃は、あまり本気モードでなく、私はとても受験に疎かったので、「いいですか、おかあさん!」何回も塾の先生から呆れらたり叱られたりしたのですが...。本当に先生はビックリしてたと思います。あまりにも、受験の事を知らなくて!

入塾説明を今回は初めて聞きました。今まで聞いた事が無かった(反省)。校風が自由な男子校で中高一貫校は落とし穴もある様です。なるほどな〜。多くの学校が前倒しで勉強が進むので何割かの子がついて行けない事も珍しくなく、シュミレーションをしていないと、大学は手が届かない事もあるのですね。最終的にはうちの子が決める事ですけど。とても、印象に残ったお話は、「大学に行く事がすべてではないので、中学後半には社会に何によって自分は貢献するのかを考える環境を整えてあげる事」だと言うお話でした。受験生を沢山見て来た先生の正直な見解だと思います。大学受験の最終段階で「どうして受験するのかがわからない」と言い出す子もいるそうです。うーん。塾の説明会に参加って、とても教育に熱心な親ってイメージでしたが、そればかりでなく意外と人生の選択に参考になるお話でした。


続きを読む "入塾テスト" »

2008年3月15日

新年会?

「新年会は今年は無しです」と2月1日が、息子の受験本番だったので、1月のお教室と新年会は無しにしていただいてました。「新年会やりましょうよ!」えっ、もう3月よ〜。と思いながらも新年会をやる事になりました。やはり、食幹でしょう♡と言う事で個室を貸し切りで盛り上がりました。うーん、美味しいですね。シュワシュワのシャンパンで始めましょう。皆さんレディースが多くて男性陣は2名だけで、周りは花だらけですよ!久しぶりの食幹堪能しました。ふう〜。楽しかったですね。やはり皆でワイワイやるのが良いですね。今度は『お花見』か『暑気払い』でうしょうか?結局理由をつけて飲むのですね。すみません。では、皆さん来月のお教室で!

2008年3月14日

週刊朝日

週刊誌なので早くお知らせしまいとね。今、発売中の週刊朝日にお花見のお弁当企画のお仕事をさせていただきました。「プロが持って行くお花見弁当」お花見だけど鍋を持ってアウトドアで海鮮鍋をしましょう!という企画です。編集や出版関係の方はやはり見でおられるようで、感想をいただいたりしました。是非、本屋でご覧ください。

2008年3月12日

おひなさまランチ

女性ばかりでひな祭りランチをする事に!今日はお天気もよくて最高に気持ちのよい小春日和です。小春日和は冬使うんだっけ?今日はピエール・ガニエール東京にて、ガニエールさんもお越しでと言う事で、お誘いしてくださったSさんは、このレストラン経営の社長様のお誕生日祝いの「おめでとうございま〜す」を申し上げるのもかねての訪問だそうです。女性ばかりでまたきわどい話になりながら気がつくと服部校長じゃないですか!偶然ガニエールさんに御用でいらしたらしいのですが、私の女性友達を紹介しながら、校長、ガニエールさん、レディーズと記念写真をパチリとる事になりました♡お食事とシャンパン、白、赤ワインと沢山いただいて大満足のランチでした。ふーお腹もいっぱいで気分も最高です!今度は皆さんで屋上でシャンパンを飲みましょうね。

ガニエールさんに初めてお会いしたのは今から20年ぐらい前。あの頃はまだお若く(私も若かったけど)今はいぶし銀の様な味わいのある紳士になられ、また、バリバリの3つ星シェフになられましたね。今度はパリのガニエールに伺いたいと思います。

2008年3月10日

アロニアドタカザワ

昨年のクリスマスあたりに、飲食関係の出版社を経営のOさんよりメールが来ました。「今年の中で一番良かったのはアロニアドタカザワでした」と、それは行きたいではないですか!私も周りの業界人にリサーチしたら「予約が取れない」とか「まだ行っていない」と言う方が多数。では、皆で行きましょう。すぐ電話すると、12月の末に予約が取れたのが3月の初めでした(本当だ予約が取れないよ)。席は10席です。誰を誘おうかと飲食業業界関係者や3星シェフなどをお誘いするとすぐ席は満杯に!すごく期待してその日を待ちました。お店はとても今時な感じです。スタリッシュですねースタジオキッチンです。どんな料理かたのしみですね!タカザワさんはご一緒した六本木ヒルズの1星シェフのIさんの後輩なのですね。なるほど。


アミューズは2品ヘーゼルナッツのワンスプーンとお野菜の皿。


野菜のテリーヌは味付けにも工夫が、パンもとてもおいしい物でした


パウダードレシング、フォアグラのブリュレ、魚も素晴らしいですね

白子、春の息吹のお野菜と豆類、メインのお肉が日本風です

カトラリーや食器もとても良く考えられたものになっていました。予約の際、何度も何度もお電話してマダムにご相談しました。とってもいい感じの優しいマダムで親切に対応していただきました。ワインは日本の物が充実しています。とても、新しい感覚の面白い発見の連続でしたね。うーん。今日はこの1食にかけていました。参加者で1名だけ3回目の方がいました。料理はすべて違うそうです。1ヶ月後にまた来てみたいですね。誰か予約がとれてる人を捜さないと....。

2008年3月 8日

お世話になった背番号

息子が参加していた野球チームのユニフォーム。ずーっと使っていた背番号です。とてもいい番号♡ただ高校野球とかとは違いくじ引きのように背番号を受け継ぐので、実力から18番になったのではないんですよね。6年で退会なので背番号をチームに返す事になりました。その前に記念撮影をパチリ。試合の時は18番をよく目を凝らしてグランドで探したものです。中学になっても「野球を続ける」とか、「サッカーにする」などと毎日言う事がクルクル変るけど・・・。何かスポーツはやっていてほしいと思うのです。そろそろ野球も開幕戦ですね。久しぶりに球場にプロ野球観戦に息子と行こうと計画しています。

よく、「おはこ」の事を「十八番」と書きますが、この背番号18がエースの番号と言うのもここから来てるの?日本で始まったものなのかな?誰か詳しい人教えてください!

2008年3月 7日

ムートンラベルコレクション原画展

CH.ムートンのラベルの原画が、今、六本木ヒルズの森美術館で行われています。なかなかの見ごたえがありとても良い美術展です。展示を見終わってから、その開催を記念するパーティーが、ヒルズクラブでありました。立食の会でしたが91年のムートンが飲み放題です(嬉しい)。そこで、久々にいろんな方々にお会いしました。最近、噂の銀座のペニンシュラホテルの内装を手掛けた橋本さん夫婦がいらっしゃいました。お久しぶりですね!旦那様は本当に売れっ子の飲食店の店舗内装をなさる方です。かれこれ橋本さんの奥さんとは20年のわいん仲間の付き合いです。旦那様が「僕が初めてムートンを飲んだのは伊野さんと初めてお会いした時なんですよ!」と「えっ」私はすっかり忘れていたのですが、今日このパーティーでまたご一緒にムートンの盃をあげるのも何かのご縁ですね〜。より一層とワインが美味しいですね。また、79年のラベルを手掛けた画家の堂本さんもいらして、それはそれは盛大なパーティーでした。ムートンも沢山いただいて幸せな夜でした。

橋本さんにかれこれ20年近く前の話をされて、とても、懐かしさがこみ上げて来ました。あの頃はみんな若くて、未来への期待と不安が入り交じる独特なニュアンスを持っていたと思います。でも、毎日楽しかったですね。

この様なパーティーなどもしばらく行ってなかったので、パーティーにいらしている豪華な方々がキラキラ輝いて眩くみえました....。夜のこんな世界もやはり東京だからこそですね!今月いっぱいまでは展示をしているので皆さん是非行かれてみてください!とても面白いですよ。

2008年3月 6日

お引越し

「海神」と言うラーメン屋さんで、初代ラーメン王で最近テレビで独特なキャラでブレークの石神君が連れて行ってくれたラーメン屋さんです。こちらのラーメン屋さんは池袋の立教通りにあったのですが、今は新宿にお引越して来たのです。実は秋に立教中学の学校説明会に行ったとき、「そうだ帰りに海神でラーメン食べてかえろう〜」と訪ねると「あっ!無くなってる・・・」と凄くショックだったのです。で、次の日、服部学園に行こうと新宿から歩いていると「海神」という看板があるではないですか!ここのラーメンは魚のアラでスープをとっているーお吸い物にコクを付けてラーメンにした独特の物です。ヘシコのおにぎりが付いてきます。独特のサッパリスープで海老と鶏のつくねが載っているラーメンを食べてから、おにぎりをスープに入れて焼きおにぎり茶漬けにして最後しめるのです。「あーッこの味だ」珍しラーメンなんですよ!新宿の東口からすぐ近く高島屋などへ明治通りに抜ける斜めの道沿いにあります。看板が目印です。是非、一度トライしてみてください!


お店の方に聞くと、私が訪れたのは引っ越しして間もない時だったみたいで〜「見つけてくださってどうもです」と言われました〜。

2008年3月 5日

味の手帳

クエを食す会でご一緒した「味の手帳」の編集長のYさんが、「味の手帳」を送ってくださった!よく、見ると知り合いのお店ばかりが載っていた〜。それから、20年通う焼鳥屋さんに久々に息子と行った時にも、店先に味の手帳が山積みしてあったのです。ここの店主もよくごご存知との事。世の中狭いですね。味の手帳も非常に内容の濃い本ですね〜。今度からお店で定期的に購読したいと思います。

2008年3月 4日

大盛り上がりの夜

6年生最後のサッカー大会で息子の友達が家に来て盛り上がっていました。「今度週末にみんなで泊まりたい!」と言うんだけど、さすがに12歳の男の子は体も大きい〜。5人は息子の部屋では無理みたい。仕方ないのでリビングのテーブルを片付けて、リビングに布団を敷く事になりました。これで5人寝れるかな?大興奮で大盛り上がりの夜になり、結局夜明け近くまで寝なかったみたい。私が覗きに行くと寝た振りをして(修学旅行の巡回か!)いるけど、日が昇るのを見た様です。朝、私はコーヒーが飲みたいけどリビングは占領されているので、マックでコーヒーと本を片手に時間をつぶします。誰にも邪魔されず静かに読書を〜あっ、いけない!2時間もたってる〜急いで帰るとリビングは朝からゲーセン状態に!急いで朝ご飯の用意をして〜朝ご飯も皆で食べると美味しいよね。6年生ももう少しだけど、また、みんな泊まりにおいでよね!

2008年3月 3日

あら輝

ここにも来たかったんですよね「あら輝」です。お久しぶりですねー荒木さん。今日は本当に楽しみにして来ました。おともはウチのアシスタントのMちゃん。今日はギャルストーク満載です。蚫、鯵、ウニのおつまみをいただいてビールを先ず軽くいただきます。うーんエンジンかかって来ました。お酒に切り替えて、お鮨の続きをいただきます。うーん、マグロこの食感と深い旨味、シャリとのコンビネーションも最高です。美味しいですね。目が覚める美味しさです。鯖、烏賊、海老、白子うーんいいなぁ〜。穴子のお皿をよく見ると、中里太亀さんのお皿です。器も本当に素敵な物ばかりー店主のセンスが光ります(キラリーン)。