« 2005年11月 | メイン | 2006年1月 »

2005年12月28日

うちのペット達

KIF_3559.JPGKIF_3478.JPG
うちのペットたちを紹介します。

一匹目は左のハムスター。
名前はウサ子。由来は、うるさいから(と目が赤くて、茶色で、ウサギに似ているから)。
もう一匹は、右の金魚、名前は遠藤オレンジちゃん。苗字が違うのは、もう日本に帰ってしまった遠藤さんが飼っていた金魚だから。
オレンジちゃんは、夏に日本人学校の盆踊り大会ので金魚すくいですくった(と言うかもらった)金魚です。
ウサ子は、うちに来て、まだ9日で、よく人の指を噛みます(そんなに痛くは無いけどやっぱり痛い)。
このごろは、夜中に回し車で遊んでいる音がうるさくて、やっぱりうるさいのウサ子だなーと思います。

2005年12月26日

ペドラサ

KIF_3341.JPG
この前、シャオママさんたちと、ペドラサに行きました。

ペドラサはスペインのカスティージャ・レオンの地方にある村です。
この村はお城以外、特に何にもない村です。
ものすごく小さくて、1時間ぐらいあれば、村を全部見ることが出来ます。
僕たちは、まず、お城を見に行きました。
するとお城の前にはスポーツカーが並んでいて、そこにいる人たちは車と写真を撮っています。
何でもスポーツカー愛好会(clubMX5と言うらしい)の人たちで、ぺドラサのお城をバックに愛車の写真を撮りに来たらしいです。
僕は、みんなに写真を撮ってくれといわれて、何枚も撮ってあげました。
その人たちのスポーツカーの中には日本車もありました(こっちでは海外車だけど)
KIF_3349.JPG
↑スポーツカー愛好会clubMX5の皆さん
その後、お城の中に入りました。お城はガイド付でなければ入れないことになっています。
お城といっても要塞なので、中は何もなく、あまりお城のようではありません。でも、見える景色はものすごくきれいでした。
他にも地下にある牢獄や美術館(と言っても絵は数えるほどしかない)を見てお城を出ました。
食事の時間には、羊と、豚の丸焼きを食べてお土産には、チーズカッター(ネズミの人形がついた面白い形の)と、僕は小さくてもちゃんと遊べる木で出来たヨーヨを買いました。
ペドラサは楽しかったな。


2005年12月22日

プレゼント

 KIF_3508.JPG
僕はこんなものをもらいました。

この前書いたプレゼント会で僕は、こんなネックレスをもらいました。
カッコいいけど、僕がつけると・・・(あんまり似合わないかも)。
くれたのはマルコと言う子で、ネックレスとかピアスが大好きな?子です。
この日は学校の、黒板コンテスト?の日です。
黒板コンテストは、クラスの黒板にクリスマスの絵(キリストの誕生の絵)を書いて、どのクラスが一番きれいか決めるコンテストです。
うちのクラスは4クラス中2位でした(去年は優勝した)。
来年は優勝するぞー
と野望?に燃える2年B組でした。


2005年12月18日

プレゼント

KIF_3331.JPG
学校で、プレゼント会?やるので、プレゼントを買いました。

学校で、もうすぐクリスマスなので、プレゼント会をする事になりました。
プレゼントに使えるお金は3€、誰にプレゼントをするかは、くじ引きで決めます。誰が自分にプレゼントをくれるかは、当日までわかりません。
僕にはエレナと言う女子(写真がナイ)にプレゼントを買うことになりました。
何を買えばいいかなー?
といろいろ探しましたが、最後には腕輪(ブレスレット)と、猫の置物?(どんななものか説明が難しい)を買いました。
プレゼントを交換するのは、火曜日で、今年最後の学校の日です。
僕に誰が何をプレゼントしてくれたかは、今度書きます。

どろぼー

 KIF_0120.JPG
これは今日、母に起こった悲劇です。

←バイキンマン

今日、生まれて初めての体験をした。
会社に強盗が入ったのだ。

土曜日は、会社が半ドンになる。
家族を大事にするスペイン人の家族会社なので、みんな気も漫ろで働く気はあまり無い。
閉めてもよさそうなものだが、午前中は個人のお客さんが買い物に来るので事務所を開けているのだ。
あと一時間で閉めようかという所に、がりがりにやせたスペイン人のカップルがやって来た。入って来たときに「これは客ではない」とすぐにわかるような風体だ。だいたい着ているものも汚いし、がりがりにやせているのは何らかの麻薬でも使っているのだろう。
事務所の近くは、川もあり並木道が続くなかなか美しい場所なのだが、夏になると乞食やドラッグ関係の人間が(売人ではなくて侵されてよれよれになっている人達)ウロウロする。時々、事務所に入ってきて物乞いをしたりする。
その手の類だろうと思って「何か御用ですか?」と聞くともごもごして何を言っているのかよくわからない。その時、電話が鳴った。「ちょっと待って」と電話を取ろうとすると「切れ!」という。私の頭の中には「?」のマークしか浮かんでいなかった。男のほうが無理やり受話器を置こうとし、女が「静かに!」と言ったのだがまだピンと来なかった。するともう1本の電話が鳴り出した。「出るな!」と言われたが反射的に受話器を取って上に向けると男はそばにあった私のかばんに手を突っ込み始めた。この時やっと私の頭の中は、「?」から「!」に変わった。「金を出せ」と何度か言っていたようだが、もごもごしているのでよくわからない。かばんを引っ張り返して「だめ!何するのよ!!!」とわめいたら、男はさっさと逃走した。残った女が私の口をふさいで「静かに。静かに。私たちは何にもしてないんだよ!」と言い残してあわてて出て行った。
時間にして5分くらいの出来事だったようか・・
そこに隣の倉庫で作業していたホセ・ミゲールがのんびり入ってきた。彼を見たとたん、バックを抱いた私は座り込んでしまった。そして急に震えが来て心臓がバクバクし始めた。
事情を話して少し落ち着くと、取り返したバックの中身を点検した。何も取られていない。そして売り上げの入っている私の机の引き出しには、いつかけたのか鍵が掛かっていた。
強盗と言うにはあまりにもセコイ・・かもしれない。でも本当にこんなことで終わってよかった!!
それにしても人生にはいろいろなことがあるものだ。


2005年12月17日

誤字

KIF_0138.JPG
僕はパソコンで文章を書いていると、よく誤字がでます。

僕が書いた〔いくつかは母)誤字を紹介します:

・DVDありがとうございました
→DVダリが問うございました

・高野豆腐
→小唄とオフ

・ヒスパニアデイ
→非スパに亜デイ

・アメリカ大陸を発見
→アメリカ大陸を発券

・海を渡って
→海を割ったて

・シャオロン
→シャオ論

・トトロ
→と吐露

・パコデルシア
→箱出るしア

パコデルシアというのは、スペインの有名な歌手です。間違えたらマジシャンみたいになっちゃいますね・・・。
スペイン語はローマ字だから、誤字がないと思っていたら、あるんです ものすごいややこしいのが。
例えば:
・V と B の発音が同じで、どっちを使っていいのかわからない。
・S と C も同じなのでわからない。
・英語にはないアクセントと言う点があり、付けるところがよくわからない。
なんかがあります。フランス語はもっとややこしいです(点が二種類あったり)。
僕の記事には、誤字がないようにしてるけど、やっぱり五時には気をつけよう。

2005年12月11日

シャオの頭脳

KIF_0945.JPG
KIF_3256.JPG
シャオがどんなに頭がいいか説明します。

←ヂユンさんが作ったシャオ人形。

シャオの頭のよさを説明する出来事があります。
それはシャオが家に泊まりに来たときのことです。
ある朝、僕が起きて台所に行くとなんとそこにはゴミがぶちまけられていました。
そうです。僕たちが寝ている間にシャオがやったのです。
家のゴミ箱は足で踏むとふたが開くゴミ箱で、シャオには開けられないと思っていたのですが、見事にゴミ箱をひっくり返して中の鳥の骨を食われました。
それからは気をつけて台所の扉を閉めるようにしていたのですが、ある日、扉を閉めるのを忘れて、翌朝起きて
「戸を閉めるの忘れたー」
と思い台所を見てみると、やっぱりゴミがあさられていました。ただ、ゴミ箱は倒れていません。
シャオはなんとゴミ箱を倒さず、足で踏むところを使って、開ける方法を覚えたのです(どう開けているかは不明)。
僕たちは、ゴミをぶちまけられた事より、シャオがゴミ箱を倒さず開けたのに驚いてしまいました。
シャオは本当に頭がいいなーと思った出来事です。


2005年12月 8日

タマゴボーロ

KIF_3071.JPG
今日は、タマゴボーロの作り方を紹介します。                   ←山ほど作りました。

タマゴボーロの作り方
材料
卵      1個
片栗粉   1カップ
砂糖    1/4カップ
作り方
ボールに材用を全部入れ手でよくこねる(はじめはパサパサしてるけど、そのうちしっとりしてきます)
しっとりしてきたら、丸める。本には大きなビー玉ぐらいの大きさと書いてありますが、好きな大きさでいいと思います(大きく作るときは平べったくしてください)。
オーブントースターの鉄板に並べて、約10分焼いたら出来上がり(家ではオーブンで焼いてます)。

混ぜて焼くだけなので、誰でも簡単に作れます。
このレシピは、たけだみりこの セイシュンの食卓3 と言う漫画に載っています(古い本なのでもう絶版してるかも)。この本は、簡単で面白い(ヘンなとも言える ごはんの佃煮とか)料理がのっています。

2005年12月 7日

日本料理教室

KIF_3189.JPG
エンドウさんの服ヤクザみたい・・・でも、昔からあるすし屋の服です。

ずっと計画を練っていた日本料理教室を開催しました。
三回の連続講習の第一回目「寿司」です。
講師はスーパー寿司シェフのエンドウさんです。
自宅ではじめたので定員は5人、スペインでは料理教室は先生が作るのを見るだけなのですが、ここでは実際に作ってもらいます。にぎり、細まき、裏まきのスペシャルと見ているだけでも楽しくなる内容でした。生徒さんたちは大喜びで寿司と格闘していました。
スペイン人に少しでも本当の日本食を知ってもらえたらいいなぁ。
次回はうどんやすき焼きなど、3回目は天ぷらと懐石の盛り付けなどの予定です。

2005年12月 4日

ハリーポッター

とら.bmp
今日、ハリーポッターと炎のゴブレットを見に行きました。

←カメラ忘れて看板の写真取れなかったから、猫の写真です。

今日、ハリーポッター4作目の映画、ハリーポッターと炎のゴブレットを見に行きました。
3作目があんまり面白くなかったので、つまらないかと思っていたら、すごく面白かったです。
でも、ハリーポッター役の子はすごく変わったなー(ロンも)。
やっぱり原作と結構違うけど、それでも面白かった。
僕はハリーポッターの本を5冊全部読みました。早く6巻出ないかな。
僕がこのごろ見て、面白いと思った映画は、黄泉帰りでした。
まみさんにビデオに撮ったのを送ってもらって見たんですけど、すごく感動しました。
今、日本ではどんな映画が公開されてるんだろう?

2005年12月 2日

スペインの常識?3

AA_0_123.jpg
あー寒い 夏に行ったマヨルカ島また行きたいなー。

この時期にちなんだ行事を二つ紹介します。

・新年のぶどう
スペイン(マドリッドだけかな?)では新年になる12月31日で、12時近くなると、ソルと言う広場から鐘が12回なります。 ゴーン と一回なるたびにぶどうを一個食べます。鐘は1秒おきに鳴るので、12秒でぶどうを12個食べることになります(飲み込む時間なんてありません口に突っ込むんです)。こうやって口にぶどうを突っ込みながらスペインの一年は終わるんです・・・

・REYES MAZGOS
スペインではクリスマスの後の1月6日にREYES MAGOSと言う祝日があります。
この日は聖書の東方から来た三賢者(スリーキングズ?マギ?どの名前が正しいかわからない)がこの日にキリストの誕生を祝って宝物を持ってきたという話に基づいています。この日はパレードがあったりして、楽しい日です(僕は休めればどうでもいいんだけど)。