« 2007年10月 | メイン

2007年11月24日

お帰りなさい

IMGP1071.JPG
昨夜は久しぶりに美味しいワインを飲みました。

約3年前に帰国した友人が、その後、素敵な奥さんをやっとの事で見つけて?7年住んだスペインに新婚旅行で来たのです。

彼はバリバリの大阪人。
実は私にとっては初めての関西人の友達です。
スペインは関西人、結構います。
でもなぜか親しい人はいなかったんですね・・・
彼と知り合うまでは。

お笑い好きの息子も私もかなり感化されました。
だって「話してる時はどう突っ込むかいつも考えてしゃべらなアカン」
とか「おちのない話はすな」ナドナド

いやぁ彼によって生まれて初めて関東人と関西人の違いを知らしめていただきました。
今じゃ関西大好きです。(って、まだ大阪の地は踏んでないですが)

この彼、日本ではスペイン語の通訳をしています。
私の友人のスペイン人夫妻も日本旅行の折にはお世話になりました。

板前の大ちゃんが日本に帰った時にも、私の紹介と言う事でご飯を食べたそうです。

そんなメンバーが集まれるのも考えて見れば不思議な縁ですね。

ところで用意したビュッフェのメニュー。
考えて買い物したのは私だけど、盛り付けはプロフェッショナルの大ちゃんにやってもらいました。
あんまり美味しいそうなので写真撮るのも忘れて食べちゃいました。
ついでに生うにの軍艦巻とおしんこスペシャル巻きまで作ってもらってしまい本当に感謝!!

本当に楽しい夜でした。

2007年11月18日

何で黙らない

royalfamily.jpg

スペインのニュースをもう一つ。

http://www.latina.co.jp/html/topics/topics_disp.php?code=Topics-20071113132206


 チリのサンティアゴで開かれている 第17回イベロアメリカ会議で ベネズエラのチャベス大統領がスペイン前首相のアスナール氏をファシストと非難、サパテロ首相が それについて説明を始めたところ、チャベス大統領はサパテロ首相の話を聞かずに、話を遮ってアスナール氏に彼はファシストだ!と何回も同じ事を繰り返しました。
 その時に スペインのファン・カルロス国王が 少し黙ったらどうだ ということでチャベス大統領に言ったフレーズが
?Por que; no te callas? (何で黙らない)というわけです。

この国王の言った ?Por que' no te callas? は携帯電話やインターネットへのアップロードで 一気に広まったそうです。

よくぞ言った国王よ
でも、このシチュエーションて南米系の人とだけではなくスペイン人ともよくあるなぁ・・・
500年も昔の南米先住民を迫害した・・って大統領のフレーズもすごいですが「スペインは陽の沈まない国って言われてた」って500年前の話をついこの前のように胸張って自慢されちゃう事がある私の感想です。

このフレーズ、覚えといて使ってやろうと(あいつとあいつと・・)
楽しみにしています

それにしてもラテンの血は熱くて濃いですね。

どんだけ~

IMGP1053.JPG
スペインの最近のニュースを拾ってみました。

 バダホスに住む ホセ・マヌエル・イダルゴさん(45歳)は、猛毒を持つ タモゴテングタケ(20gの摂取で危険)を食べて重体、現在集中治療室にて処置中ということです。

 先週の日曜日 フエンテス・デ・レオンにて菌学の講習会が開かれ、その後、 友人達とキノコ取りに出かけました。
その時に イダルゴ氏は、友人と そのキノコが危険か危険でないかで言い争いになり、毒でないことを証明すると言ってそのキノコの半分ほど口に入れました。

 周囲の人たちは すぐに吐くように頼みましたが取り合わず、 キノコの傘の部分全てを食べてしまいました。 そばにいた人がすぐに警察に連絡、救急車を呼びました。
 周囲にいた人の話では 体全体が腫れ上がり、黄色くなり、吐き始めるという症状が出たということです。

どんだけ~

なんだか典型的スペイン人だわ・・と思ってしまいました。
いるんですよ・・・こういうタイプ。
私の身近にも何人もいます。
だから余計心配、人事には思えなくて・・

快復を祈っています。
もうしないでね