« 親ドラキュラ、子ドラキュラ! | メイン | カテキン600お茶 »

良彦の夜ご飯 2003/10/30

yoshihiko-dinner-20031030.jpg


2003年10月30日


『金鳴園(KINMEIEN)』で、焼鴨飯。900円。

『金鳴園』は、PENの「在日チャイニーズが厳選した中国・台湾料理店」特集で紹介されていた店です。この特集を見て行った、江古田「虎坊」がよかったので、信頼できると思い行ってきました。

焼鴨飯はその名のとおり、焼いた鴨が乗ったご飯なんですが、この鴨がすばらしい。
山椒、八角なんかが入ったタレで味のついた鴨が、皮はパリパリ、肉はしっとりと焼けていてなんともいえずいい感じ。蒸して油を落としてあるから、さっぱりとしていて、肉のうまみが引き立ちます。
タレがかかったご飯との相性もよく、ガツガツ食べてしまいました。

これならきっと、広東風焼豚(980円)に揚げパン(600円)で紹興酒飲んだらおいしいだろうな~と思いつつ、再来を誓いました(笑)。

XOジャンチャーハンとか、中華風カレーライスとか、昼ごはんでも気になるメニューが並んでます。ぜひ。

『金鳴園(KINMEIEN)』
豊島区東池袋1-44-10
03-3971-7810
11:30-15:00, 17:00-22:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/119

コメント (1)

はるみ:

本当においしそう!本を見たときからこのお店には行きたいと思っていました。池袋でも、なかなか縁の無い場所にありますね。今度、一人でランチしにいこうかな?あやしい主婦?

コメントを投稿

About

2003年10月30日 23:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「親ドラキュラ、子ドラキュラ!」です。

次の投稿は「カテキン600お茶」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。