« 自分達でできること | メイン | 桜台水族館?! »

おなかの調子が悪いとき(パジャン)

にらって整腸作用があるんだそうです。韓国料理のジョン・キョンファさんの「きょうもおいしかったね」のレシピで、今日はにらのパジャンを作りました。生のにらとにんにくですから、からいし臭いもきついけど、御飯にのせて食べると、食欲増進!最高です。韓国ではおなかをこわしたとき、これを食べて一気に体をきれいにする荒療治をするんだそうです。

<材料>
万能ねぎ・にら        各1/2わ
長ネギ             1/2本
青唐辛子・赤唐辛子    各2本(今日のには入ってません)
A(しょうゆ3/4カップ ごま油・おろしにんにく・すりごま各大さじ2 粉唐辛子大さじ1)

<作り方>
1万能ねぎとにらは、根元を切り落として、2cmの長さに切る。
2長ネギ、青唐辛子、赤唐辛子は荒みじんに切る。
3ボウルにAを入れて合わせ、①、②を加えて混ぜる。

★混ぜすぎると苦いので注意してください。長ネギやにらだけで作ってもおいしいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/266

コメントを投稿

About

2004年1月28日 20:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自分達でできること」です。

次の投稿は「桜台水族館?!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。