« みんなで作ったポスター | メイン | みやちゃん、ゆうくんありがとう »

むつみと観た映画(サウンド・オブ・ミュージック)

私にも、良彦さんにも子どものときに観た忘れられない映画があります。 良彦さんは「チキ・チキ・バン・バン」、私は「オリバー・ツイスト」です。 今日は学校が代休だったので、銀座の「ル・テアトル銀座」で「サウンド・オブ・ミュージック」を むつみと観ました。

むつみの学校で先日、音楽会が行われ「ドレミの歌」を演奏しました。
12月には音楽集会で「エーデルワイス」を歌ったと言っていました。
新聞で「サウンド・オブ・ミュージック」を上映していると知って、
「これは、今行きたい」と思いました。

むつみはあまり乗り気ではなかったようですが、
映画が始まったとたん、私もむつみも本当に来てよかったと思いました。
むつみはずーっと身を乗り出して観ていました。
やっぱり、本当にすばらしい映画です。
オープニングの風景の美しさ、ジュリー・アンドリュースの美しい声。
今は絶対に作れない映画です。
字幕スーパーですし、休憩をはさんで3時間以上ある長い映画でしたが、
終わって一言、むつみが「本当に、いい映画だった。」と言いました。
それを聞いていた、よその婦人がニッコリとむつみを見てくれたのが印象的でした。

大佐が家族とともに、音楽祭を利用して、ナチスの手から逃れる計画を立てます。
その音楽祭で大佐が「エーデルワイス」を歌うのですが、
オーストリアを想う気持ちから、歌につまるシーンがあります。
それをみていた、マリア(ジュリー・アンドリュース)が一緒に歌いだし、
子ども達も一緒に歌いだします。
そして、ナチスの制圧に祖国を想う気持ちを抑えていた、観客が舞台の家族と一緒に、
「エーデルワイス」を歌い、大きな合唱になるシーンで、
むつみと一緒に泣きました。
学校の音楽集会で「エーデルワイス」を歌ったときに、
「祖国」って意味がわからなかった子が多かったそうです。
むつみはお友達に「自分の生まれた国だよ。」と教えてあげたのだそうです。
そんな言葉をどこでおぼえて知っていたのか?わかりませんが、
この歌の持つ、深い意味も今日感じとってくれたかもしれません。

この劇場で、3月5日までの上映です。
先日、衛星放送でこの映画が放送されたのは知っているのですが、
やはり、映画館で観るのはいいですね。
ぜひ、お時間があったら、ご家族でどうぞ・・・・。

「オリバー・ツイスト」や「メリー・ポピンズ」をもう一度劇場で観たいです。
みなさんは、初めての字幕スーパーはどんな映画を観ましたか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/290

コメントを投稿

About

2004年2月 9日 23:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「みんなで作ったポスター」です。

次の投稿は「みやちゃん、ゆうくんありがとう」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。