« おじいちゃんのひなあられ | メイン | バレンタイン・チュロス »

子どもの時間・大人の時間

今日はバレンタインでしたが、お父さんが研修でいないので残念です。 お料理教室を自宅で開いているお友達にお誘いいただいて、夕食をご馳走になりました。 むつみと同じ2年生が4人、5才が2人大人が6名、たくさんのおいしいお料理とワインを頂きました。 子ども達は意気投合。

ご自宅で月に3回お料理教室を開いているYuukoさんは、
服部栄養専門学校でも講師を勤めていて、ワインアドバイザーとしてもご活躍中の方です。
このお料理教室のHP作りを手伝ってくれませんか?というお話をいただき、
恐る恐る始めてみた「料理とワインのマリアージュの会」のサイトはこちらです。
主に会員の方達の交流の場になればと思い、お手伝いしています。

Yuukoさんのお料理は、レシピは本当にシンプルでわかりやすく、
食材もそれほど凝ったものを使っているわけではないのですが、
とてもおいしく、ちょっとした集まりに必ずすぐに使えるメニューばかりです。
今回、会員の方が撮られたおいしい写真たちをギャラリーにまとめましたので、
ぜひ、ご覧になってください。

Yuukoさんのところには、元気な男の子Daiちゃんがいます。
今日はDaiちゃんの小学校の学童のお友達家族とご一緒しました。
お父さんもお母さんもお仕事のある子どもが、学校や近くの施設で夕方まで過ごす場所を、
学童保育といいます。
私は仕事を持ったお父さん、お母さんと飲むいう機会は今までなかったので、
とても新鮮でいろいろとお話を伺ってきました。
みなさん、保育園や学童の民営化やく行政の防犯・安全対策などいろいろなことに、
いつもアンテナを張ってらして、人任せにしていない姿勢を感じました。
特に、お父さん方が子どもの教育現場や家庭での教育方針についても、
ご自分の意見をしっかりと持っていらっしゃると思いました。
特に、うちと違うと感じたことは、子ども達が「子どもの時間と大人の時間」をはっきりと、
分けて理解しているようです。
うちの子の場合、一人っ子ということもあって、
四六時中一緒で自分は大人と変わらないと思っているところもあるのですが、
5歳の子ども達も、大人達がテーブルにつくと、
大人にまつわりつくこともなく、子供同士で遊び始める様子には驚きました。

Yuukoさんのアイデアあふれるおいしいお料理と楽しい会話で、
帰りのバスもなくなり、夜遅くむつみとタクシーで帰宅しました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/301

コメントを投稿

About

2004年2月14日 15:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「おじいちゃんのひなあられ」です。

次の投稿は「バレンタイン・チュロス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。