« 春美の昼ごはん(洋風居酒屋 Q300) | メイン | 気持ちの良いお店です。(SAI MARKET) »

青パパイアで「ソム・タム」

お友達のRitsukoさんからめずらしい沖縄の青パパイアをいただきました。 タイのサラダ「ソム・タム」にチャレンジしてみました。 粉唐辛子を韓国産のもので作ったら、なんとなくキムチっぽい「ソム・タム」になりましたが、 むつみは「辛いけど・・・。」といいながらも食べました。 明日は残った半分で沖縄料理「青パパイアのコンビーフ・イリチー」にしてみようと思います。 思いがけず、いろんなお料理の勉強ができそうです。ありがとうございました。

レシピは戸田杏子さんの『世界一の日常食』(Amazonのページに飛びます。)という本です。この本の中では、青パパイアを手に入れるのは難しいので人参で代用したレシピが紹介されています。
今日は粉唐辛子をこの2/3の量で作りました。

写真のすり鉢いいでしょう?以前一度だけタイに長い間住んでいた方からタイ料理を教わる機会がありました。先生がもっていたすり鉢が気に入ってしまい、ひとつ譲っていただきました。
我が家では、これでコショウをひいて(叩いて?)います。ちょっと飛び散るのが難点だけど、結構気に入っています。キッチンの真ん中にいつもデン!としているので、我が家に来た人は90%の割合で「あれは何?」と聞いてくれます。今日のピーナッツもゴリゴリと香りよくつぶせました。
<ソム・タムの作り方>

<材料>
青パパイヤ 一個(今日のは大きかったので半分)
ピーナッツ(炒ったもの) 50グラム
干し海老  80グラム
トマト      半分
ナン・プラー  大匙2杯
粉唐辛子   小さじ2杯
砂糖      小さじ2杯
レモン(絞り汁) 半個分
レタス      3~4枚
パクチー    適量
塩        適量

<作り方>
①干し海老はぬるま湯でもどす。
②青パパイヤは千切りにして塩少々を振ってしんなりさせてから、
水洗いをして塩気をとり、水をよく切る。
③ピーナッツはすり鉢で荒めに砕く。
④トマトはつぶす。
⑤①~④をボールに入れ、ナンプラーと粉唐辛子、レモン汁、砂糖で味を調える。
⑥皿にレタスをしき、⑤を盛り、パクチーの葉を少々多めに飾る。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/305

コメント (2)

りつこ:

Harumiさんの手にかかって青パパイヤもおいしい料理に大変身。実は家では手を妬いていたんです。ほんと流石です。おいしくいただきました。ごちそうさま。

るーち:

昨日はごちそうさまでした。
この触感、この味は?結局わからずじまいで1日が過ぎました。
むっちに聴いて、あ~青パパイヤねとなっとくしたものの、私にとっては初モノかも?でも超おいしかった!!ビールが飲みたくなる味でしたが、週末までがまんがまん。

コメントを投稿

About

2004年2月18日 20:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「春美の昼ごはん(洋風居酒屋 Q300)」です。

次の投稿は「気持ちの良いお店です。(SAI MARKET)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。