« 2×4 | メイン | サイボット日記 »

久しぶりに聴いたCD「白い馬」

むつみが国語の教科書の「スーホーの白い馬」を宿題で音読してます。 宿題で聞いていても涙の出るお話です。 1995年に椎名誠さんが、この「スーホーの白い馬」を題材にした映画「白い馬」を作り、良彦さんと見に行きました。モンゴルの美しい自然と子ども達の自然で素朴な演技に涙した良い映画です。アンドレ・ギャニオンの透明感のある音楽が心に響きます。馬頭琴で「スーホーの白い馬」を弾き語る老人の歌も収録されています。馬頭琴はCDで聴いても大陸的な音が伝わってきます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/336

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 久しぶりに聴いたCD「白い馬」:

» 白い馬(1995/日) 送信元 MEMO
監督: 椎名誠 出演: ガンホルディン・バーサンフー アディルビーシー・ダシビルジェ  僕の夏休み・モンゴル編、という感じの映画。小学校の教科書でおなじみ「スーホの白い... [詳しくはこちら]

コメント (4)

由布子:

そうそう、スーホの白い馬、悲しい話ですよね・・・・。私も家事をしながら、大輔の音読の宿題を聞いていて涙が出そうになりました。でも、椎名誠さんの映画があるのは知らなかったです。ウーン、ビデオ屋さんではレンタルできないですよね?

はるみ:

Amazonで調べてみたところ、ビデオにはなったようです。置いているビデオ屋さんは少ないかもしれませんが、吹き替え版も発売されたようです。運よくあるかもしれません。残念ながら原作が「スーホーの白い馬」ではなく、その話を盛り込みながら7歳の子どもと白い馬との交流を美しく描いた作品です。そういえば、1995年ごろ、リーバイスの宣伝で椎名さんが馬に乗っていたシーンがあったのを思い出しました。

りつこ:

私も音読聞くたびに泣かされますが、彩子も読むたびに泣けるそうです。(長すぎて・・)トホホ。

zukudase:

私も,音読を聞いていてウルウルしています。杏子は,読むのがイヤといっています。でも「悲しくなっちゃうから」でした。ホっ。2年生最後の題材ですから,もう少し楽しいお話がよかったなーと,母は思います。

コメントを投稿

About

2004年3月 5日 21:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2×4」です。

次の投稿は「サイボット日記」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。