« 食卓にノートパソコン | メイン | 夢の箱買い(谷中さんぽ) »

一日中でもいたい場所(谷中さんぽ)


以前から行ってみたかった「国際子ども図書館」へ行きました。
日本ではじめてできた国立の児童書専門図書館です。
子どもの本の貸出しはありませんが、方々に散りがちな子供の興味をうまく引き込む円形状に子供の目の高さでうまく分類されています。 中央の席で選んだ本をゆっくり読めるところも、本を楽しむ感じがあって良いなと思いました。 ちょっとのぞいて見るだけのつもりでしたが、次から次に読みたい本があってつい長居してしまいました。 とても良い本が選ばれておいてあります。

カフェテリアや屋外のテラスもとても素敵でリラックスできそうです。
天気がよければお弁当持参で一日来てみるのも良いなと思いました。

そして、この建物自体も明治39年に建てられたルネッサンス様式の国立国会図書館支部上野図書館を原型保存しながら改修されていて、都の歴史建造物に選定されています。
ちょっと見た目は近代的ですが、古い部分と新しい部分がうまく調和していて美しい建物です。
毎週木曜日に「たてものコース」として、建物の改修方法など見学会が催されています。
こちらもおもしろそうです。

上野や谷中といえば、博物館や美術館、情緒ある古い町並み、歴史ある老舗が多くあります。
またじっくりとたずねてみたいと思いました。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/417

コメントを投稿

About

2004年4月 4日 19:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「食卓にノートパソコン」です。

次の投稿は「夢の箱買い(谷中さんぽ)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。