« おすすめの児童書「たいせつな きみ」 | メイン | サボテンがなかま入り »

春美の昼ごはん(主婦のごはん)

いつもの私のお昼はさみしいものです。
子供が幼稚園時代はお弁当の残りの卵焼きの端っことご飯とか(笑)、今でも、なっとうがあればいいほうです。麺をゆでるお湯を沸かすのも面倒だったりします。みなさんはいかがですか?たまには、自分のために腕を振るうっていうのも結構面白いものです。
アンチョビがひとつあると、パスタがぐんと簡単に本格的になります。 冷蔵庫にひとつお勧めです。
たったこれだけの材料で作り方も簡単ですが、ちょっとおしゃれして一人で白ワインなんかお昼にあけてみたくなるお味です。
気持ちを変えていつもの生活の雰囲気と違うことをしてみるのも、いい気分転換になります。
たまには、お昼にパスタ!いかがですか?
<作り方>
①にんにくはみじん切り、トマトはざく切りにしておく。
②お湯をたっぷり沸かし、塩を入れパスタをゆで始める。
③その間に、鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかける。 狐色になっていい香りがしてきたら、トマトを入れ、煮くずれたところにアンチョビ(2切)をちぎっていれる。塩はアンチョビの加減をみて入れてください。
④パスタのゆで時間マイナス1分したら、ざるにあげ、鍋のトマトとあえる。水分が足りない場合は、ゆで汁を少々入れて絡める。

お湯さえ沸かせば、5分でイタリアン!?

みなさんのお勧めパスタレシピがあったら教えてくださいね。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/437

コメント (4)

よしひこ:

トマトをなしにして、パスタと一緒にキャベツを茹でてアンチョビのソースに絡めたのが大好きです。キャベツは湯で時間が3分ぐらいになるように、麺を数分茹でてから入れるといいです。

はるみ:

よしひこさんの場合は、鷹の爪をたっぷりね・・・。

人のためにも自分のためにもなるるべく料理するようにしてます。料理しているとイヤなことを忘れられるので…(^^;子供が泣いてても料理はしているかも(笑)。
うちでお昼によく作るのは、カボチャを厚さ5mm×幅1cmくらいに切ってベーコンと一緒に炒めて、硬めにゆでたパスタ(1.7~1.9mmくらいの太さがいいです)を入れてまた炒めて、塩胡椒したカボチャとベーコンのパスタです。カボチャは柔らかくしなくても炒めるだけで柔らかくなります。黒胡椒をきかせるとカボチャの甘みとベーコンの塩気とバランスがとれておいしいです。

はるみ:

さえきさん、コメントありがとうございます。黒胡椒、かぼちゃ、ベーコン絶妙な組み合わせですね。今度作ってみます!!
さえきさんもおいしものをたくさん食べて、子育て楽しんでくださいね。

コメントを投稿

About

2004年4月16日 17:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「おすすめの児童書「たいせつな きみ」」です。

次の投稿は「サボテンがなかま入り」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。