« さくさくおいしい(天日干しおこし) | メイン | コンラン・ショップでのお買い物 »

いいなと感じたコラム

4月10日号なので、ちょっと前の話になりますが、今時の親心をくすぐるうまいタイトルと印象的な表紙の写真です。おもわず買ってしまった方も多いのではないでしょうか?この本の中で「パーソナルコンピュータの父」と呼ばれるコンピュータ学者のアラン・ケイ氏のコラムがすごく良かったのです。「子どもは高い思考能力を持つ、おとなは子どもの敵になるな」

「周囲のおとなは、子どもたちの自由な発想をサポートしてやらなければならない。しかし不幸なことに、決して意図的ではないだろうが、ほとんどのおとなは子どもたちの敵になっている。
自分が子どもの頃どうだったかを忘れ、子どもの考えで理解できなくなっていたり、子どもに何ができるのかがわからなくなってしまっているようだ。すべての子どもたちは、思考する能力を持っている。それも目覚しく高い能力を。」

むつみも3年生になってこの頃、私が思っている以上にいろんなことを理解し、考え始めています。
私も極力言葉を選び、控えるよう努力しています。
結構、女の子の中学年は難しい年頃です。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/450

コメントを投稿

About

2004年4月20日 22:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「さくさくおいしい(天日干しおこし)」です。

次の投稿は「コンラン・ショップでのお買い物」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。