« 新しい朝 | メイン | 夏の季語(甘酒) »

練馬にこんな所が・・(鉱物科学研究所)

鉱物界の第一人者、堀秀道先生の「鉱物科学研究所」が豊玉にあります。
むつみは「石」が大好きで、小学館から出ている『21世紀こども遊び塾 鉱石KIDS』(Amazonのページにとびます。)という本を何度も何度も読んでいます。本で見て知っていたフワフワの「オーケン石」やきれいな「ホタル石」、長年かかって貝がオパールになった「貝オパル」など不思議な石たちを、実際に目にすることが出来ました。石は自然と時間が作り上げた私達が目にするもので一番古くから地球上にあるもの。石から見れば人間の歴史なんてちっぽけなものなのでしょう。
またもっと勉強をして訪ねてみようと思います。世界各地からそろった希少な原石たち、引き出しの中で何を語り合っているのだろう?と今、想像しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/723

コメント (4)

zooey:

豊玉にそんな所があるとは!!!
もう何年も前に「ラピスラズリー」の原石を買ってあったのを
ワンショットグラスに入れて毎日、水をかえています。「ラピスラズリー」は水かけたりすると、とてもきれいなブルーになります。なんのご利益もありませんけど・・・、いまのところ。

はるみ:

ワンショットグラス!それはとてもきれいでしょうね。ラピスラズリ(青金石)の原石もありました。神秘的な深いブルーですよね。素敵なご利益がありますように・・・。

こちらでは、展示されている原石は買うことができます。100円台からもあって、見ていて私も欲しくなってしまった石がたくさんありました。

hacchi:

久々にHPにお邪魔しました。遊び心と探究心いっぱいのページに時間を忘れて見入っていました。「鉱物科学研究所」何処にあるのか今度教えてくださいね。私も行ってみたくなりました。身近な街や生活の中から素敵な鉱石を見出す宮一さんに感動!

はるみ:

うれしいコメントをありがとうございます。また今度お店にうかがいますね。

「Act」さんに伺うと、私もいつもこの街が好きになるんですよ。

コメントを投稿

About

2004年8月 3日 20:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新しい朝」です。

次の投稿は「夏の季語(甘酒)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。