« 豊島園で本格石釜焼きピザ(タッポスト) | メイン | 空いている東京でエンジョイ!(大江戸温泉物語) »

朝ガスパチョ

スペインで暮らすお姉さんのレシピで朝にガスパチョを作りました。ガスパチョは夏の野菜をたっぷり使って、ビネガーの酸味のきいた夏の食欲のない時にぴったりの冷たいスープです。40度を越すスペインの夏の知恵から生まれた食の文化だと思います。
今、お姉さんはマドリードで日本食レストランをオープンするべくして、がんばって働いてらっしゃいます。こうして日本でガスパチョを食べながらスペインを想い、スペインで日本食を紹介する。考えてみれば、食の文化の交流は、一番幸せな世界の平和の架け橋かもしれません。今日は広島で平和記念式典が行われる8月6日です。そんなことを考えながら、戦争のない平和な未来を祈りました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/731

コメント (2)

さえき:

うわーーー!ガスパチョおいしそうですね!夫が休みの間に仕込んで作ってみようかしら…

はるみ:

ぜひ、ぜひお勧めです。
チャレンジャーの私はお昼に中華麺を冷やしたものをつけて食してみました。面白いことに?とてもおいしかったです。(笑)

コメントを投稿

About

2004年8月 6日 13:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「豊島園で本格石釜焼きピザ(タッポスト)」です。

次の投稿は「空いている東京でエンジョイ!(大江戸温泉物語)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。