« 漫画は大いに読みましょう。 | メイン | 防災の日、非常食の準備について »

スペインに本を送りました。

「出したはずの手紙が届かない。」は、日本では考えられませんが、途中で郵便物がなくなって届かなかったり、すごく時間がかかったりするのはスペインの郵便局ではよくあるようです。お姉さんのホームページ(タイトル「紛失事件」)にもありますが、お姉さんは、まったく信用していないみたいです。高級品ならいざしらず、日本から取り寄せ、楽しみにしていた「おせんべ」が届かなかったという実話です。面白いので、ぜひご一読くださいね。幸い、私が今まで送ったものは、奇跡的にも無事に届いているようです。(梱包がヘタなのが幸いしているのかもしれません。良いものが入っているようにはとても見えないので・・。)
国際小包は500グラム単位で値段が変わります。航空便などは特に高いので、せっかく送るのならその範囲ギリギリまでたくさん送ってあげようと、この表をみながら体重計を駆使して、ふりかけ一個入れたり出したりして調整したりしています。 今日は、本を送りました。「どうか、無事に届きますように。」とつい祈ってしまいます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/796

コメントを投稿

About

2004年8月31日 21:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「漫画は大いに読みましょう。」です。

次の投稿は「防災の日、非常食の準備について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。