« いっぱい失敗をしようね。 | メイン | 見えるものがすべてではない(金子みすゞさんの詩集) »

ワシントンからのメール


とても大切な友達がワシントンに住んでいます。そんな彼女とここ2年ほど、お互いの引越しなどで連絡が取れなくなっていました。

彼女は4年前から、ご主人の転勤で一人息子さんと一緒にワシントンで暮らしてらっしゃいます。
今、あちらで盲導犬になるための子犬を育てる「パピーウォーカー」をされています。以前いただいた彼女からのお手紙を読むと、心から愛情こめて家族の一員として大切に育てている様子を知ることが出来ました。いつも、海外でも「何か出来ることを・・。」と行動してらっしゃる彼女の勇気と優しさからエネルギーをもらっていたように思っています。
連絡が取れなくなっていたこの春に、私は「盲導犬クィールの一生」の映画を観ました。とても彼女と会って、話をしたくなりました。この夏、偶然に共通の友人と再会し、彼女の連絡先がわかりました。久しぶりにメールが届きました。心にポッカリとあいていた穴がふさがった気がしました。
とてもうれしいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/820

コメントを投稿

About

2004年9月 7日 16:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「いっぱい失敗をしようね。」です。

次の投稿は「見えるものがすべてではない(金子みすゞさんの詩集)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。