« 菓子パンのしあわせ(メロンパン) | メイン | 練馬レトロ(街のお風呂屋さん) »

災害用伝言ダイヤル「171」

災害時に家族と連絡を取るための《災害用伝言ダイヤル「171」》というサービスがあります。このサービスは、被災地への電話がかかりにくくなったときに被災地内の家族、親戚、知人と安否の確認や緊急連絡を取れるようにするものです。

災害用伝言ダイヤル「171」(使い方が書いてあります)

とても便利なサービスですが、いざというときに使い方が分からないと意味が無いので、9月から毎月1日を体験利用日として、災害時でなくても利用できるようにしたとのことです。


NTTコミュニケーションズのニュースリリース

これを機会に利用方法を覚え、家族の方と、いざというときの練習をしておいてはいかがでしょうか。

コメント (3)

はるみ:

一度わかってしまえば簡単なのでしょうけど、実際に使ってみないと文章だけではわかりにくいものです。
体験利用できるのは知りませんでした。今度の10月1日は我が家の体験日としましょう。
小学校でも、高学年くらいには知っていて欲しいことですね。

zooey:

これって、実用性高いんだろうか?

はるみ:

いつも、コメントをありがとうございます!
災害時に使用されるものなので、使われないことが望ましいものですが、平成7年の阪神・淡路大震災を教訓に開発され、平成10年3月からの運用開始以来、今までに11回の運用を行い合計約45万件の利用実績があるそうです。この数字が多いのか?少ないのかはよくわかりませんが・・・。
携帯からもドコモiモード災害用伝言板サービスも毎月1日(1月1日を除く)に体験利用できるそうです。

About

2004年9月15日 11:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「菓子パンのしあわせ(メロンパン)」です。

次の投稿は「練馬レトロ(街のお風呂屋さん)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。