« 今日の夕焼けを見ながら考えたこと | メイン | 冬の彩り(山茶花の花) »

酒粕を冬に食べた思い出

八海山の酒粕をスーパーで見つけました。小さい頃、祖母が酒粕に黒砂糖をはさんだものを火鉢で焼いてくれたのを思い出しました。不思議な味だけど、ちょっと酒粕がこげたところがおいしかったのを思い出します。この酒粕は板状になっていないので、今日は甘酒をつくってみました。もち米と麹からも甘酒はつくれますが、今日はお手軽に酒粕と水と砂糖とほんの少しの塩、しょうがの絞り汁であっという間にできました。あたたまる一杯です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/1025

コメントを投稿

About

2004年12月19日 13:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今日の夕焼けを見ながら考えたこと」です。

次の投稿は「冬の彩り(山茶花の花)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。