« 成田山へお参りに行きました。 | メイン | お弁当には、やっぱり卵焼き! »

新巻鮭をいただきました。

初めて新巻鮭をいただきました。しかも、時鮭です。こんなたいそうな頂き物をするなんて、なんて大人になったんだろうとチョット恐れ多い感じです・・・・。
アジやいわしと違って、こんな大きな魚をおろすというのは初めての経験です。同封されていた手引書通りに、家族でワイワイ言いながら、無事解体作業も終わり、おいしい背身の部分を「ルイベ」と「昆布〆」に、鼻先は氷頭なますに、頭とアラは三平汁にと、鮭は捨てるところのない一匹丸ごとを味わいつくせるお魚ですね。同封の冊子についてきたコラム「鮭が地球を救うかもしれない」の中で、「鮭は小さい時だけ面倒をみてあげれば、あとは自然が再生産してくれてちゃんと戻ってくる。自然を借りて食料を確保することが技術的に可能な水産物なんです。」とありました。栄養も豊富な鮭、近年海外からの輸入も多く見かけるようになりましたが、日本の味である鮭、大切にしたいですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/1121

コメント (2)

zukunasi:

お相伴に預かり、ありがとうございます。
時知らずはおいしいです。身の軟らかさと油ののり方があの舌触りと甘いカオリをはぐくんでいますね。三平汁、るいべはとてもおいしかったです。
上喜元もまた、遠慮もしないでずいぶんいただいてしまいました。
この次は危険ですから、あまり与えないようにお願いします。

よしひこ:

おいしかったですね。私は焼いたものが印象に残りました。

櫻田さん、ありがとうございます

コメントを投稿

About

2005年1月23日 16:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「成田山へお参りに行きました。」です。

次の投稿は「お弁当には、やっぱり卵焼き!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。