« 今日のお買い物(無印良品MUJI) | メイン | むつみのお料理教室 »

覚えていますか?「はないちもんめ」

むつみの学校の総合の時間に仲間遊びをみんなでするというので、どんな遊びがあるのかを調べてくることが宿題でした。「カンけり」もしたことがないというので、ルールを教えていたら、懐かしくってやりたくなりました。「はないちもんめ」の歌は忘れていて全部歌えませんでした。むつみたちが学校でよくやっている「ポコペン」という遊びは、私の子どもの頃はやったことがありませんでしたが、「やったか?やらないか?」をめぐって、会社でものすごく盛り上がったことがあります。地域によって違うようです。みなさんはやりましたか?「はないちもんめ」の歌は続きをご覧ください。すごく懐かしいですよ!

ジャンケンに勝ったチームをAチーム、負けをBチームとします。

Aチーム 「かってうれしい はないちもんめ」
Bチーム 「まけてくやしい はないちもんめ」
Aチーム 「となりのおばさん ちょいときておくれ」
Bチーム 「おーにが こわくていかれない」
Aチーム 「おかまかぶって ちょいときておくれ」
Bチーム 「おかーま そこぬけいかれない」
Aチーム 「おふとんかぶって ちょいときておくれ」
Bチーム 「おふとんびりびり いかれない」
Aチーム 「あのこが ほしい」
Bチーム 「あのこじゃ わからん」
Aチーム 「このこが ほしい」
Bチーム 「このこじゃ わからん」
Aチーム 「そーだんしよう」
Bチーム 「そーしよう」

Aチーム Bチームとも円になってそうだんをする。

Aチーム「はなこちゃんが ほしい」
Bチーム「たろうくんが ほしい」

はなこちゃんとたろうくんが真ん中でジャンケンをします。

勝ちチーム 「かってうれしい はないちもんめ」
負けチーム 「まけてくやしい はないちもんめ」
はじめに戻ります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/1141

コメント (5)

tomoko:

こんばんは。「かんけり」が「ポコペン」じゃないの?
私は、「かんけり」をして鬼が皆を見つけたら「はるみちゃん、ポコペン」って言っていたような気がする・・・・。
じゃ、ポコペンってなあに?私は何して遊んでいたんだ?

nokko:

私は、「カンケリ」を教えていて、あれ?どんなんだったかな?と、なってしまい、娘にしかられました。「ワスレテイル」自分にあぜん!

はるみ:

「ポコペン」と「カンけり」はとても似ている遊びなのだそうです。缶が手近にないときに、壁や木をポイントにして、遊ぶのだそうです。「ポコペン」は最初に鬼が背中を向け、みんなが「ポコペンポコペンだーれが最初にくっついたかな、ポコペン」と言いながら、鬼の背中を人差し指でつっつくそうです。鬼が最初につっついた人を言い当てれば、その人が鬼になり、はずれた場合は鬼が100数える間にみんなが逃げます。
私は「カンけり」の鬼の時、逃げた相手を発見した時は、「tomokoちゃんめ(見)っけ!」と言い、相手より先に陣地の缶を踏むんですが、興奮して自分で蹴ってしまったことがありました。(笑)昔はいろんな学年で遊んだものです。お友達より体が小さくて、ボーっとしていた私はいろんな遊びで「おみそ(みそっかす)」にされることが多かったです。トホホ

SNOOPY:

この宿題、私の姪っ子もやっていましたが、大人の人に
昔はどんな遊びをしていたかヒアリングするというもの
でした。微妙に違うんですね。

tomoko:

ほ~~~~!そうだったのですね。缶蹴りの時に鬼が見つけた人を「春美ちゃん、ポコペン」と言いながら缶に足を乗せていました。その前に缶を蹴ったらまた同じ人が鬼になって、やりなおし。本物の「ポコペン」は初めて知ったわ。そうそう、(笑)鬼も缶を倒してはいけないのよね。

コメントを投稿

About

2005年2月 1日 12:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今日のお買い物(無印良品MUJI)」です。

次の投稿は「むつみのお料理教室」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。