« 結果よりも過程に・・・ | メイン | 春はすぐそこに・・・。(おじいちゃんのひなあられ) »

この時期のお楽しみ(自家製きりぼし大根)

冬の間の大根料理、ふろふき大根やおでん、煮物をするたびに厚くむいた大根の皮を細切りにして、お天気の良い日に干してとっておきます。ちょっとたまったので、油揚げと人参とできりぼし大根を煮ました。カラっとした冬の空気とお日様の力で甘くなって、ホントこの時期のお楽しみです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/1165

コメント (2)

彦十:

そうか、「切干大根」にするんですね。
私は、大根の皮を短冊に切って、酢と醤油同量の漬け汁に漬けて、箸休めにしています。
丸1日たつと結構美味しく漬かります。
でも、来年は「切干大根」に挑戦してみます。

はるみ:

うちも今の季節は、短冊に切って塩もみして昆布や梅干を混ぜたりして即席漬けみたいにしています。大根は、まる一本おいしいですね!
東京の乾いた冬の空気で、自家製切干おためしくださいね。

コメントを投稿

About

2005年2月 8日 16:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「結果よりも過程に・・・」です。

次の投稿は「春はすぐそこに・・・。(おじいちゃんのひなあられ)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。