« むつみの初入院(お花がいっぱい) | メイン | プリンは栄養たっプリン! »

そして退院

お蔭様で、今日無事退院できました。
病院というところはいろんな方が働いてらっしゃいます。お忙しい看護婦さん、ヘルパーさん。笑顔で元気よく!はげましてくださいました。日々の会話の中で「ありがとう」「ごめんね」とお互いを気遣いあう会話をよく耳にしました。チームワークのよい皆さんのおかげで、安心した入院生活を送ることが出来ました。

むつみはすっかり「おかゆ」好きになりました。今朝の病院の食事にふりかけが出たのがとてもおいしく感じたみたいで、家についてから私がつくったおかゆにもふりかけをかけました。でもやっぱり、家の味はいいですね~。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/1238

コメント (8)

nokko:

むつみちゃん、退院おめでとう。一人で心細いこともあったと思いますががんばりましたね。春美さんも、お疲れ様でした。

むつみちゃん、たいへんでしたね~
うちは親子とも、まだ盲腸はついているので
やっぱり、遺伝なんでしょうか??

春休み、おうちでのんびりしてくださいね♪

ともこ:

こんばんは。
むっちゃん、入院していたなんて・・・・。
大変でしたね。
友人のお子さんが、「お腹が痛い」と訴えていたのに、虫垂炎という診断が遅く、破裂寸前という大変な事があったので、スムーズに流れてよかったです。

私は出産時しか入院をしたことが無いんです。
小さなお子の入院はせつないですね・・・・。

無事退院されて、ホント良かった!

由布子:

むつみちゃん 入院してたんですね!でも、退院されて良かった。うちの子が、入院した1年生の時は付き添いができずに、7時には病院を出なければならなかったので、ピーピー泣いていたのを思い出してしまいました。手術も不安だけど一人で病院に居るのもすごく不安ですよね。まだ、お大事になさってくださいね!

むつみ:

みなさん、ありがとうございます。元気になりました。
何にも食べられなかった日が2日、その次の日は水だけしかのめませんでした。
お父さんが「美味しんぼ」や「クッキングパパ」のマンガをいっぱい持ってきてくれたので、ずーっと読んでいるとお腹が空いて食べ放題バイキングに行く夢をみました・・・。

今は何でも食べられるのでうれしいです。
伊野さんとお料理が食べたいです!

由布子:

お料理食べましょう!何がいいですか?一緒にお料理する?いつがいいかなぁ?お返事ありがとうごさいます。退院のお祝いしましょうね!

SNOOPY:

久しぶりに来てみたら、むつみさん入院していたんですね...
退院おめでとうございます

はるみ:

前日の夕方、だるそうにしていました。
夕食はほとんど食べられず、「おへそのへんが痛い」といいました。
おなかをこわしている様子もないのですが、おなかが痛いというので正露丸を飲んで寝かせましたが、夜中に一度戻しました。おなかをさすってもらうと楽になるというので、手を当ててさすりながら休みました。朝になると「右の横腹が痛い」というので、自分の経験から「きっと盲腸だ」と思い、ネットで症状を調べるとピッタリときました。むつみよりもっと小さい子は「右が痛い」とか言えないので、判断がつきにくく悪化してしまうケースが多いそうです。
かかりつけのお医者さんまでタクシーで行きました。(その時はほとんど歩くのもつらい状態でしたから)先生も話を聞いてすぐにエコーをとって、「虫垂炎ですね」と外科を紹介してもらい、すぐに手術となりました。全身麻酔でしたので、心理的な怖さは少なかったようです。入院は4泊5日、抜糸は手術から一週間後でした。ホッチキスのようにとめてあるので、あまり痛みはないようです。もうすぐ一ヶ月ですが、傷も目立たなくなってきています。子どもの回復は早いです。
最近では、盲腸の手術をしたという人も少ないようですが、子どもの様子がいつもと違う?と感じた時の参考になさってくださいね。

コメントを投稿

About

2005年3月14日 18:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「むつみの初入院(お花がいっぱい)」です。

次の投稿は「プリンは栄養たっプリン!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。