« 手作り味噌完成! | メイン | 実りの秋、秋祭り »

しゃっくりの止め方

私は小さい時から、しゃっくりはこの方法で止めています。
むつみが「しゃっくりが止まらない。」と言った時はまず、驚かす!これは基本です。でも、たいていビックリする顔は面白いけど、止まりません。次ははるみの実家方式、これで止まらなかったことは記憶にないのですが・・・・。

・お椀に少しお水を入れます。
・写真のように、割り箸やお箸で十文字を作ります。
・スタートの場所を決め、一定方向に一箇所ずつ飲んでは回していきます。
この時に、スタートから息つぎをせずに一口飲んでは、息を止めて次に進みます。まわして飲むうちに苦しくなったところで終わりです。無理はしないでくださいね。
・これで、おそらく止まっているはずです。
(止まらなかったら、ゴメンなさい。お水を入れなおして、もう一度やってみてください。)

たぶんお箸は、おまじないみたいなものでしょう・・・。
もしかすると、他のお家にも秘伝があるかもしれませんねぇ。
面白いものがあったら、教えてください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/1599

コメント (6)

こんにちは!
しゃっくり、先ほど止まらなくて困っていました。
止まる前にぜひ試してみたかったなあ。
次回ぜひ挑戦してみます♪

さえき:

わたしのやり方は単純ですが、「息を止める」です。
横隔膜が痙攣するのがしゃっくりだと聞いているので、心の中で「横隔膜を押し下げる!!」と気合いを入れて息を止めます。
だいたい20~30くらい数えるでしょうか…苦しいですが頑張って息を止めています(笑)。
その昔、盃一杯の酢を飲むとしゃっくりが止まると何かの本で読んで飲んでみたんですが、酸っぱくて死にそうになりました。
よく読んでみたら酢は「薄めて」飲めと書いてあり、非常にがっくりしました…。

Reiko:

そうか、お茶碗の水を飲む時は「息を止めて」がポイントなんですね。
私のも「息を止める」です。しかも「大きく息を吸った後に」です。鼻をつまんで我慢できなくなるまでがんばります。
お酢を飲むのもやりますが、私はどうも「息を止める」方法のほうが効果的です。
要は横隔膜に刺激を与えることなのでしょうか。

岩永十二(とに):

息を止めるの方法はワタシには効かないいので、ちょっと違う方法で止めます。
それは水を飲むなんですが、器の向こう側から飲む。普通は器の手前から飲むのを、アゴをぐっと引き、中腰になってやるとピタッと止まります。理由は分かりません。

はるみ:

わー、みなさん、たくさんのコメントをありがとうございます。いろんな方法があって、面白いですね。
「息を止める。」読んだだけで、ちょっと苦しそう~です。ド根性ですね。
「お酢を飲む。」そのまま飲んださえきさん、すっぱかっでしょうねぇ。
器の反対から飲むという岩永さん方式は、どこかで聞いたことがあります。伊東家だったかしら・・・?

今度試してみようと思います!なんだか、シャックリが出るのが楽しみになりました。

彦十:

私の止め方も「岩永十二」さんと一緒でした。
遠い昔、馴染みの飲み屋で飲んでいるうちに止まらなくなり、
そこのおばちゃんに教わり、一発で止まりました。
最近も、会社の側の串焼屋で止まらなくなった時、お椀をお借りしました。

コメントを投稿

About

2005年9月 9日 14:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「手作り味噌完成!」です。

次の投稿は「実りの秋、秋祭り」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。