« この時期のお楽しみ(丹波の黒豆枝豆) | メイン | 今日のビックリ! »

十人十色?

目玉焼きの焼き方、焼き具合、食べ方については、十人十色の好みがあるでしょうね。

私が小学校の時の初めての調理実習は、「目玉焼き」と「ほうれん草のバターソテー」と「お豆腐とねぎのお味噌汁」でした。
目玉焼きは、少し焼けたところで少量の水を入れ、ふたをして少し蒸らすように教わりました。
塩とコショーで食べました。
自分で焼いたうれしさもあるんでしょうけど、ふんわりしていて、お母さんが焼く目玉焼きとは違うなーと思いました。

若い頃は、黄身の部分がトロっと流れるのが好きではなくなり、「ターンオーバー派」になりました。
その頃は「ターンオーバー」なんて言いませんでしたから、
モーニングなんかで目玉焼きを食べるときは「両面焼いてください。」と頼んでいました。

今は、こんな感じの焼き具合、そして、このウスターソースがおいしいせいもあるのですが、
このところソース派です。むつみも今は「ソース」がいいそうです。
ソース派か?しょうゆ派か?かなり世の人々もこだわりをもってらっしゃいそうです。
マンガの「美味しんぼ」にも、世界の人たちが集まって目玉焼き論争をする回があります。
「卵ごはん」とか「目玉焼き」とか、シンプルなものほど本当に好みってみんな違いますよね!
みなさんは、いかがですか??


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/1693

コメント (4)

SNOOPY:

わたしは塩だけ派です(笑)

彦十:

黄身の真ん中部分だけ半熟(外側は火が通っていないとイヤ)にして、醤油が好きです。
あ、白胡椒は結構多めに降ります!

Reiko:

うちでは最後に水を加えて蒸し焼きにし、中はかなり半熟気味に仕上げます。塩・こしょうを軽くかけ、トロトロの黄身にしょうゆを落として食べるのが好きです。おばあちゃんが一度子供たち用にと、両面こんがり焼いて作ったら健祐は「これはちがう!」と残酷な抗議。子供なりに慣れ親しんだ「納得の味」があるんですね。

はるみ:

みなさん、コメントありがとうございます。
それぞれお好みが違うようですね~。
お昼ごはんは、目玉焼き丼という日が多い私・・・。(サミシー!!)
一人で食べるお昼ご飯は、自分だけ好きな味にできるのが結構気ままでいいこともあります。ドバッとマヨネーズをかけたりね・・・。
みなさんのバリエーションも試してみようと思います!!
白胡椒買わなくっちゃ!!

コメントを投稿

About

2005年10月17日 23:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「この時期のお楽しみ(丹波の黒豆枝豆)」です。

次の投稿は「今日のビックリ!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。