« 今日の雑学 | メイン | 紅玉りんごを見つけたら・・・。 »

配食協力員連絡会

この数年、高齢者へのお昼のお弁当を区の施設からお届けする(配食協力員)として、週に2回お手伝いをしています。年に一度、利用者さんが食べているお食事の試食と、職員の方との連絡会があり、本日参加してきました。

配食は、小学校の給食から、デイサービスセンターから、民間の事業者からの中から選ぶことが出来ます。さすがに、デイケアサービスから出されるお弁当は、高齢者が食べやすいように工夫されて作られていて、味は思ったよりもはっきりとしています。お年寄りになると、薄味よりもはっきりとした味付けをおいしいと感じる方が多いのだそうです。
こうした、高齢者のお家にお弁当をお届けするサービスは、行政によっても違いますけれど、練馬区では基本的に「ひとりぐらしの高齢者の方」「高齢者のみの世帯の方」が対象となります。そして、介護保険の認定を受けている方だけではなく(認定を受けている方も申請が必要となります。)、65歳以上であれば、申請をされ調査の結果、配食が必要という承認が出れば、少ない負担でサービスを受けることが出来ますが、こういったサービスがあることは、意外と知られていないようです。
みなさんの地域で、もし、普段の生活にお困りのご高齢の方や、ご両親の暮らしの見守りを希望されているご家族がいらっしゃいましたら、どうぞ教えて差し上げてください。
この配食以外にも、介護保険の認定の有無にかかわらず受けれるサービスもあります。すべては、申請から始まりますので、黙っていてはなかなかサービスは受けられません。私の両親の住んでいる柏に比べて、練馬は介護支援センターなど相談できる窓口が多いので、心配なことは積極的に相談されてほしいと思います。
今までのような介護するという考えから、介護が必要とならないような介護予防へと行政の考え方も変わりつつあるそうです。また、行政だけに頼らず、地域からネットワークを結び発生したNPOの活動も盛んになってきているそうで、本当に心強く感じます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/1719

コメント (2)

ひなひな:

はじめまして!
実は私の母も同じように、練馬区でお弁当を届けています♪
週2回自転車で通える範囲のお宅に行っているそうですが、
雨や雪の日は大変そうですが、やりがいがあるようです。
ちなみに私は板橋区在住ですが、そのようなサービスがあるのかなぁ。。どこでもあるといいですね。
がんばってくださいね!

はるみ:

ひなひなさん、こんにちは!
うれしいコメントをありがとうございます。
もしかすると私もどこかで、お母様とお会いしているかもしれませんね~。
私も週に二回お届けにうかがって、お弁当をお渡しして、お元気そうな笑顔にいつも元気をいただいて帰ってきます。

私も以前は板橋区に住んでいました。板橋区も福祉に手厚い区ですから、きっといろいろなサービスや活動があると思います。
これから、寒い季節ですね。
お母様にも、どうぞよろしくお伝え下さい。
また、どうぞ遊びにいらしてくださいね。

コメントを投稿

About

2005年10月25日 17:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今日の雑学」です。

次の投稿は「紅玉りんごを見つけたら・・・。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。