« 隣の畑でとれたお野菜を買える街 | メイン | お買い物、節約コース »

お料理の用語

小学校の日直では、どんなお仕事をしていたか?覚えてらっしゃいますか?

むつみのクラスでは、毎朝、日直が1分間スピーチをすることになっていて、
話題は何でも良いので、もちろん昨日の出来事の話でもいいそうですが、
ニュースや新聞の記事から気になったものを用意して発表するのもOKです。

むつみも今まで小学生を送迎するタクシーのお話や、
よその区の中学校の夏休みが短くなる話などを見つけて話したようです。
今回、新聞から見つけてきたのは「料理の基本の本が売れている」という生活欄の記事でした。
「塩ひとつまみと塩少々」はどう違うか?「ゆでるとゆがくは大違い」といった、
わかっているようでわからない料理の用語を集めた本が今若い世代に人気なのだそうです。

記事で紹介されていた、
「観音開き」「吸い口」は、むつみもわからなくて、私も説明に困りました。
あまり吸い口が入っているお吸い物とか食べさせたことがなかったものですから・・・・。
「落し蓋(ぶた)」については、豚肉だと思ってお肉屋さんに行った人の話や、
フタを落としてみた人の話しも書いてあって2人でビックリ!
翌日、教室でもみんなに楽しく聞いてもらえたみたいです。

今の日直さんは、いろいろあって大変ですね・・・・。でも、面白そう・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2065

コメント (4)

SNOOPY:

1分間スピーチなんて、会社の朝礼みたいですね♪

彦十:

「吸い口」
キセルや煙草の口をつける部分だとばかり・・・。
久しぶりに広辞苑を広げました~!

はるみ:

そんな会社もあるんですか~。
大人の場合、なんだか大変ですね~。


私も、旺文社国語辞典を広げました~。

SNOOPY:

わたしのところはないですけれど、よく聞きますよ。

コメントを投稿

About

2006年3月10日 18:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「隣の畑でとれたお野菜を買える街」です。

次の投稿は「お買い物、節約コース」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。