« お休みの日のお昼は?その2(オムライス) | メイン | 西郷さんに会いに行きました! »

甘栗の本当の姿は・・・。

先日、むつみと歩いていたら甘栗を売っていました。
美味しそうな匂いに誘われて「買って~。」と言うので、私も食べたくなって一袋買いました。
信号を待っているときに袋から出してパチッと割っていたら、それを見たむつみが目を丸くして「むいてないの?」と聞きました。
そっかー、今は「甘栗むいちゃいました」とか、むいてあるのが子ども的には主流ですものね・・・。一袋むくには手が真っ黒になるけれど、うまくむけたり、渋皮が残ったり。うまくスポっとむけるのはたいてい美味しいということも、やってみなければわかりませ~ん!
ところでこの袋、何十年も変わらないです。
2番の「押へる」は、旧仮名遣いで「おさえる」と読むのでしょうけど、
いつもつい「おへる」と読んでしまうんです(笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2125

コメント (3)

よしひこ:

マジですか.. 甘栗むいちゃいましたを買いすぎましたね。
むいた甘栗なんて、一度に何個もほおばれてしまうから、自分でむかないとつまらないということを分かってもらわないと :-)

彦十:

miyaichi家では、当分剥けたのは禁止ですかね。
私も甘栗大好きですが、
いっぱい食べられる喜びより、
苦労して食べる喜びの方が大きいと最近実感してます。
歌舞伎座に行く時、いっつも入口脇でおじさんが甘栗を売っていて、
つい買ってしまうんです。
そんなお客さんばっかりなんでしょうね。

いろいろ思い出していたら、香港の甘栗も食べたくなった!

はるみ:

そういえばお友達に「食べるのより、むくのが好きなの!」と言いながら、みんなにむいてくれる子がいました。
ニコニコうれしそうにむいていたな~。

甘栗食べながら歌舞伎ですね。
一句できそうじゃないですか?!

香港の甘栗食べてませ~ん。
行けなかった香港。これもいい思い出(?!)です。

コメントを投稿

About

2006年4月 4日 16:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お休みの日のお昼は?その2(オムライス)」です。

次の投稿は「西郷さんに会いに行きました!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。