« こげぱん・パン発見 | メイン | 疲れているときは、お酢でしょう?(鶏モモ肉の黒酢蒸し) »

お家でフレーバーコーヒー

ワシントンDCに住むお友達が一時帰国して、久しぶりに会うことが出来ました。
紅茶の大好きな彼女は以前からいろんな紅茶を楽しんでいて、その時、私もフレーバーティーの楽しみ方を知りました。彼女は、アメリカに住むようになってから紅茶よりコーヒーを飲むことが多くなったのよと、以前ワシントンに伺った時アイリッシュコーヒーをおいしく淹れてくれました。まだ肌寒かった季節にアイリッシュコーヒーがとても温まって美味しかったことが今も忘れられません。日本でも時々、アイリッシュコーヒーのフレーバーを見つけるのですが、水やそういったものが関係するのかもしれませんけど、思い出の味は持ち帰ってはなかなか再現できないような気がします。
その時、スターバックスにも連れて行ってもらいましたが、同じサイズでも大きさが違ったり(大きい!)、キャラメル・マキアートは甘さが違って面白かったです。でも、そのキョーレツな甘さがとても美味しかったなぁ・・・。
今回、お土産に「チョコレート・キャラメル」のコーヒー豆をいただきました。今日はむつみも初プールで疲れて帰ってきたので、牛乳を温めてフォームミルクにして、甘~い我が家風キャラメル・マキアートです。ほっとする味でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2259

コメントを投稿

About

2006年6月22日 17:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「こげぱん・パン発見」です。

次の投稿は「疲れているときは、お酢でしょう?(鶏モモ肉の黒酢蒸し)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。