« 我が家の煮魚 | メイン | 朝ライチ »

ドコモダケじゃないよマコモダケ(タケ)

もう何年もずっと気になっていた野菜「マコモ」なる野菜は、いったいどんな味がするのだろう?と、壇晴子さんのお料理の本を読むたびに思っていました。
マコモタケはアジアを原産とするイネ科マコモ属の植物だそうです。豊島園のスーパーで見つけました。今日のものは中国産ですが、日本での栽培も広まってきているようです。一見太目のネギのようですが、周りの緑の葉をむいて出てくる中身の白い部分を食べます。筍のような~アスパラのような~不思議な食感です。甘さがあって歯ごたえがよく、炒め物にはとてもよくあいます。コンビーフと炒めてみました。夏の炒め物にさっぱりといただけます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2274

コメントを投稿

About

2006年7月 2日 14:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「我が家の煮魚」です。

次の投稿は「朝ライチ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。