« なんだか不思議 | メイン | HOT・HOT »

七夕の日に・・

先日、映画館でむつみと2人で「バルトの楽園」を観て来ました。
予告を観た時点から、行きたい!と言っていたのです。 小さい時からアニメや話題のファンタジーものの映画には、あまり興味がなくて 大きな劇場でやらないような、どちらかというと地味な映画を好んで、 観に行くことが多いです。
「バルトの楽園」も豊島園のユナイテッドシネマでも一番小さな劇場で、 入っているお客さんも半分にみたなかったかもしれませんが、 とてもいい映画でした。
私も経験があるのですが、テレビではなく映画館で戦争のシーンを観るというは、 子供心にかなり衝撃的なものです。 ですが、戦争がいかに悲惨で間違ったものであったかを一番最初に感じたのは、 学校や本からではなく、映画館だったと記憶しています。

「決して暴力や権力では、人の心を屈することは出来ない。」ということを、
ラストシーンのすばらしいカラヤン指揮のベートーベン『交響曲第九番 歓喜の歌』を聞きながら思いました。
この話が実話であったということに、むつみはとても驚いていました。
心のどこかに、後で芽生えてくる優しさの種をまいてくれるような、
平和へのメッセージが伝わるとてもいい映画でした。
この映画はドイツでも同時公開されるそうです。
人物の描き方がとても丁寧で人道的で平等に、そして日本の風景が美しく描かれています。
そして、映画の中で折鶴がとても美しく使われています。

7月5日の朝は殺伐としたニュースに、とても心が痛みました。
今宵は七夕です。世界の子ども達が幸せに暮らせるよう祈ります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2280

コメントを投稿

About

2006年7月 7日 10:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「なんだか不思議」です。

次の投稿は「HOT・HOT」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。