« 最近のパスタ | メイン | いってらっしゃ~い2006 »

600段へチャレンジ

長かった梅雨がやっとあけても、曇り空が多かった夏休みのスタートでしたが、気温も35度になったり、夏本番になってきましたね。
我が家の目の前の公園の木からもセミの鳴き声がにぎやかに聞こえます。
夏らしい日差しのこの日、むつみと「東京タワー」へ遊びに行ってきました。遠くに見える東京タワーは見たことがあっても、近くで見ると迫力があって、かっこよくて見ごたえがあります。
私は怖くて立てませんでした。
飲み込まれる~!?
1万円で買えるもの、あなたなら?


その昔行った東京タワーは、その風格とは違って、古めかしいおみやげ屋さんとか食堂とか、時代に取り残された少し暗い空気を感じる場所でした。最近はちょっと違うようです。
夏休み中は平日は開放していない、展望台までの階段を登ることが出来るので、むつみは600段の階段にチャレンジしてきました。
私も「階段を行こうかな?」といったら、「後が大変だから、やめといて!」と言われました。(タシカニ・・・)
私は1分でつくエレベーター、むつみは30度を超える暑さの中、それでも10分はかからなかったと思います。額に汗をかいて、暑い!暑いと言っていましたが、とても楽しかったようです。
青空の綺麗な日でしたので、展望台からの風景も期待しましたが、お昼近くのこの時間には、 だいぶ空気もにごっていて、新宿副都心すら、かすんで見えました。
それにしても、東京にはいろんな形の建物があるものです。
こんなにたくさんの建物の小さな窓の中で、仕事をしたり、勉強をしたり、生活をしている人がいて、いつもは私もその一人なんだなと思いながら、見てみると、その中で繰り広げられている日々がちっぽけなことに思えます。
たまに高いところに立ってみるのもいいものですね。

東京タワーといえば、ロウ人形?いえいえ、今は他にもいろんなギャラリーがあるんです。
写真の真ん中は「トリックアート・ギャラリー」。写真撮影が自由なので、かなり楽しめます。
写真の左は、「感どうする経済館」。内閣府がやっているわかりやすい経済のミュージアム。入場は無料です。100億円のベンチ(どのくらいの大きさだと思います?)や、写真にある100の1万円は子どもも面白いと感じるはずです。
銀座の土地は切手くらいの大きさしか買えないけれど、月の土地はテニスコート3面も買えるんですよ。住めませんけどね~。他にも日本の借金と同じ重さのリュックがあって、持ち上げることもできなかったり、経済の見せ方が面白いです。
大江戸線の赤羽橋から徒歩5分、家からも気軽に行けるので、今度は夜のライトアップも見に行きたいなあ~と思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2341

コメントを投稿

About

2006年8月 4日 10:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「最近のパスタ」です。

次の投稿は「いってらっしゃ~い2006」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。