« 日帰り京都と絵手紙 | メイン | 真夏にチーズフォンデュはいかが? »

お小遣いの使い道

先日京都に行ったので、なんとなく「おしゃべり階段」を思い出しました。
中学時代、くらもちふさこさんのマンガが大好きでした。
修学旅行でお友達とうまくいかず、一人さみしく新京極でお買い物をするシーンがあります。今読んでみても、女の子の微妙な心理はくらもちさんがうまいなあと思います。
この「いつもポケットにショパン」は、お友達のマミさんにお借りしています。
夏休みに実家の押入れを整理していたら、むつみと大量のマンガを見つけてしまいました。私がお小遣いでコツコツとためていた本ばかり・・・。むつみが好きそうな「つらいぜボクちゃん」だけもって帰ってきました。なつかしいなあ。
今日、むつみがお小遣いで買い物をしてきました。「花より男子(だんご)」を2冊買ってきました。お小遣いは一ヶ月500円あげていますが、なかなか使うことがなくてたまっていたのです。一冊いくらかというと、390円だったそうです。私が中学時代に買った(2×年前)この2冊は、320円と340円。マンガはあまり値上がりしていないようですねぇ。
でも、ちょっと待って!「花より男子」ってかなりの冊数がでてるんですよね・・・。マズイ・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2346

コメントを投稿

About

2006年8月 9日 16:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「日帰り京都と絵手紙」です。

次の投稿は「真夏にチーズフォンデュはいかが?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。