« 醤油の美味しさわかるのは | メイン | 北京風の鶏の丸まんま »

とにかく、1時間はがまんです。

年末の築地で大量に牛のスジ肉を買いました。
スジを煮た事のある方ならお分かりでしょうが、最初の1時間はとにかく鼻をつまんで我慢!の一言です。
この1時間のアク取りと臭いとの勝負に勝てば、その後は極上の美味しさが待っています。
今回は洋風にワインに漬け込んで香味野菜と一緒に煮込んだ後、トマトの水煮缶でシンプルにシチューに仕上げました。ワインと合う合う!
ちょっと手間がかかるけど美味しいお肉料理、次回も続きます。お楽しみに・・・?!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2551

コメントを投稿

About

2007年1月 6日 18:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「醤油の美味しさわかるのは」です。

次の投稿は「北京風の鶏の丸まんま」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。