« 味噌を擂る | メイン | 大根、抱えて帰る道 »

昆布を煮ました。

先週、昆布を煮ました。昆布の良さも手伝ってくれて、ご飯がすすむお味になりました。
自分で言うのもなんですが、ここ2,3年、以前に比べてやっと少し煮物がうまくなった気がします。
これはたぶん私に限ったことではなくて、年とともに自然と身についてくるものかなと思うのですが、いかがでしょう?
若いころの「見極め」は、まだ浅かったですし、たぶん、待つ時間もなかった。素材が「もういいよ!」といってくれる前に、食卓に出してしまっていたような気がします。今もまだまだせっかちだし、親にはかなわないなと思いますけど・・・・。
今度は、若いころ大失敗した昆布巻きもチャレンジしてみようっと思います!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2571

コメント (2)

zukudase:

おいしそう!さすが、いい色に仕上がりましたね。煮物の味ってだんだん親の味に近くなってる気がします。

はるみ:

Zukudaseさん、お母さんゆずりの煮物上手ですものね。
お母さんのお料理忘れられません・・・。

コメントを投稿

About

2007年1月22日 14:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「味噌を擂る」です。

次の投稿は「大根、抱えて帰る道」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。