« はんなり豆腐 | メイン | 並んだ牛 その2 »

ピロリのその後


昨年、8月にピロリ菌の除菌の治療をしました。
治療法は1週間抗生物質などの薬を飲み続けます。特に副作用などは感じませんでしたが、
7日目くらいに発疹がでました。薬疹なのかは不明です。こちらは、10日ほどで治りました。
除菌の後、1ヶ月間くらい「ピロリがいない♪」と、本当に実感できました。とても調子が良かったです。
しかし、1ヶ月を過ぎたころ、なんだか元に戻った気がしました。
昨年12月、尿素呼気テストを受け、ピロリがいなくなったかどうかを検査したところ、
結果は「陽性」だったのです。しぶといピロリは残っていました・・・。
除菌の治療は保険内治療になったものの、
薬代をはらって抗生物質に耐性のある進化したピロリに育ててしまいました・・・。
再除菌する場合、同じ薬には耐性があるので、別の薬が処方されるそうですが、
こちらは現在、保険外になるそうです。
それにその薬も絶対とは言えないそうですから、今は再除菌をすべきかどうか?悩んでいます。
40代、50代の人にはかなりの確率でいるといわれているピロリ菌。
飼っているのもしょうがないかなとは思うのですが・・・。
とりあえず、ピロリを減らすことが出来るというこのヨーグルトを食べて、しばらく考えようかと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2597

コメント (6)

zukudase:

最近目にした電車の広告では、日本人の2人に1人がピロリ菌をもっているとか・・・私も、まだ保険が利かないころ、除菌の治療をしました。ずーっと調子がよかったのですが、去年の6月から調子の悪いことが多くなりました。これは、進化したピロリ菌が育ったのかしら?検査ではいなかったのですが・・・まあ、仲良く暮らしていけたら、いいかな。

はるみ:

こんにちは

検査でいなかったのなら、除菌成功!ですよ。
何かと気をもむことの多い年になりそうですからストレス、
疲れをためないように気をつけましょう。
お互いに、胃カメラはもう飲みたくないですね。
私はもうコリゴリ・・・。

toni:

えーーーーーーーっ!!!
胃カメラって、そんなに苦痛じゃないなぁ。
医師が下手なんじゃないの??
たしかに最中に「オエッ」ってなるけれど、
ワタシにとってはバリウム飲むよりいいなぁ。
バリウムだと、それで満腹になって一食、損したと
思っちゃう。
バリウムは胃壁の中にできるワルモノの発見に
(カメラじゃ見えない)いいというけれどね。
どちらにしても、もういい年齢なんだから
検査はしょうがないでしょう。
早期発見が最大の効果があるのですからね

はるみ:

バリウムで一食損をするっていうのも、確かですね(笑)
私なんか、結局その日一日ぐったりしちゃいしますし・・・。
その点、胃カメラは一時的だけど・・・。

いろんな人に聞いてみると、胃カメラのつらさの感じ方は、
本当に個人差があるみたいです。
私はあの胃の中で動く感じも嫌だなあ。
でも、気持ちの問題かもしれませんね。
今度受けるときは、toniさん思い出してがんばってみよう!
まあ検査は苦手ですけど、どちらもがまんして受けないといけませんね~。

クスダ:

LG21 ずっと続けてます。しっかり効果を感じてます。旅行などで、2~3日食べないと、明らかに感じが違います。薬より、健康的な方法だと思うし、水色のパッケージの甘さ控えめのにして一緒にいろいろな蜂蜜を試すのも楽しいですよ。

はるみ:

コメントありがとうございます。
私も一週間試してみて違いを感じました。
続けてみようと思います。水色も試してみますね!

昔、一升瓶をかついで山へ行ったじゃありませんか?
LG21は、旅先へも楽勝ですよ。(おっと、かついでいたのはうちのダンナさんでしたね。)
クスダさんは、ワインを一本減らしましょう(それは出来ない?!)

コメントを投稿

About

2007年2月 5日 20:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「はんなり豆腐」です。

次の投稿は「並んだ牛 その2」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。