« ピロリのその後 | メイン | お昼におうどん »

並んだ牛 その2



最近、店頭でみかけなくなったもの。
缶詰のコンデンスミルク・・・。

最近は、チューブタイプのコンデンスミルクが主流です。
確かに、お手軽ですからね。

佐藤雅子さんの「私の保存食ノート」で紹介されている、
コンデンスミルクの缶で作るキャラメルクリームが作りたくなって、
缶詰をあちこち探しましたがみつかりませんでした。
こればっかりは、缶でなくては作れないのです!
そこで、ネットで探して買いました。森永のちょっとラブリーな牛さんです。

作り方は缶詰を2時間程度、缶ごとただひたすら煮続けます。
缶がお湯からでないように、水かさが減ったら注ぎ足してください。
食事などを作る合間に作れちゃいます。
これだけで、そんじょそこらでは買えない程、おいしいキャラメルクリームの出来上がりです。
パンやクラッカーにつけて食べると、すごく美味しい。
最終的には、ペロペロなめたくなります!(笑)
コンデンスミルク缶、どうか消えないでほしいです!!

注) くれぐれも、出来上がりすぐは開けず、缶がさめてから開けましょう。中から熱いクリームが飛び出します。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2598

コメント (7)

彦十:

やってみたい!
美味しそう~。昨年、香港に行った時、街中のスーパーでコンデンスミルクを買いました
やっぱり、チューブ入りのもの。

Toni:

缶は開けてやっているのでしょうね??
閉じた状態でやると爆発しますから。

はるみ:

Toniさん

ごめんなさい。
そこをちゃんと書きませんでした。
缶を開けてはいけないのです。
閉じていても大丈夫、爆発はしません。
ぜひ、お試しを・・・。で、甘党ですか??

彦十さん

香港の味は、少し違いますか?
香港スイーツ食べたいなあ。

zukudase:

おもしろそう!やってみたい!たべてみたい!ですぅ!

もりもり:

そういえば、ほんとうに缶タイプ見なくなりましたね。
随分昔、病床のおばあちゃんが牛乳がわりに飲んでいたので沢山家にもありましたが、こんな食べ方があるなんて知りませんでした。今度是非やってみます。缶を探さないと。

はるみ:

Zukudaseさん

確かkozukuちゃんは、甘いものあんまり好きじゃなかったけど。どうかな?!
その場合、母だけこっそり?!食べに来て!!

もりもりさん

そうなんですよ。エバミルクは缶があるのですけど、近所のスーパーなどでは見つけられませんでした。
大手のデパートになら意外とあるのかもしれませんね。
みつけたら是非、お試しください。
そういえば私も牛乳がわりに飲んだことがありました。
温かいお湯で割ると、それは幸せなペコちゃんっぽい味でした。

zukudase:

母だけこっそり。ごちそうさまでした!
みなさ~ん、ぜひ缶詰をみつけて作ってみて下さい。きっと、ヤミツキになりますよ。

コメントを投稿

About

2007年2月 6日 16:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ピロリのその後」です。

次の投稿は「お昼におうどん」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。