« 女と女の約束やからね | メイン | お寺の鐘 »

冬野菜・お手ごろ価格


2月も半ばというのに、暖かいですね。
東京に初雪も降らず、このまま春になってしまうのでしょうか?
この暖かさで、お鍋にかかせない冬のお野菜があまり売れないのだそうです。
確かに、我が家も例年に比べてお鍋をすることが少ないです。
娘もこの冬から週に3回、塾で夕食のお弁当を食べているので、
それも冬野菜を食べる機会が減っている原因かもしれません。

でも暖かさに油断して体が冬を感じないまま、この一年を過ごしていくと、
体のバランスをくずすことになりそうで、少し心配です。
せめて食べることで、体に季節を取り込むことをしておかないと、
万一この夏、猛暑などの異常気象が続くような時(オソロシイ)、
それに打ち勝てないような気がします。
辰巳芳子さんの本、「いのちの食卓」は、とても好きで時々読んでは考えを改めています。
『食べるということは、呼吸と等しく、いのちの仕組みにくみこまれているものなのです。』
『次の季節を迎えうつ心組みをもって、その季節のものを食べてゆく必要があります。』

今、お手ごろ価格の冬野菜。
たくさんいただきたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2607

コメントを投稿

About

2007年2月13日 08:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「女と女の約束やからね」です。

次の投稿は「お寺の鐘」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。