« お米のお菓子(五家宝) | メイン | お米のお菓子(ひなあられ) »

音楽の時間

小学校の音楽の時間、
「冬げしき」の歌詞、
  げに小春日の のどけきや
  
  の「げ~に」の意味がわかりませんでした。先生に聞きました。

「里の秋」の歌詞、
  おせどに木の実の 落ちる夜は

  の「おせど(歌うときは・お~せど)に」の意味がわかりませんでした。
  とても気になり、確か誰かに夜電話して聞いた覚えがあります。
  「おせど」は「お背戸」と書くそうです。今、知りました。

今の小学校の音楽の教科書には、わかりにくい言葉の意味はすべて注釈として書いてあるらしいです。
インターネットのない時代、「どんな意味だろう」と想像して過ごした長い夜がありました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2630

コメント (2)

zukudase:

 ♪今は山中 今は浜~ を、かなり大きくなるまで
  飯山 山ん中~ と歌っていました。

はるみ:

一度そういう風に聞こえると、
そうとしか聞こえなくなるんですよね。空耳アワ~♪

いいなあ。地域限定の郷土の歌ですね!

コメントを投稿

About

2007年3月 2日 18:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お米のお菓子(五家宝)」です。

次の投稿は「お米のお菓子(ひなあられ)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。