« 音楽の時間 | メイン | 読書の時間 »

お米のお菓子(ひなあられ)

おこしの成功に気をよくして、3日に初「ひなあられ」を作ってみました。
おこしと同じく、ご飯を一膳分お水で軽く洗ってざるに広げ、天気の良い日に天日干しします。 すっかり乾いたものを油であげて、白は上白糖と少量の水、ピンクは上白糖にイチゴのしぼり汁を入れて、 カラメルを作る要領で少し煮詰めたものに絡めます。
最初ベタベタしていても、乾煎りしていくうちにぱらぱらになります。
お豆は、節分のお豆を三温糖に少量の水を入れて煮詰めたものに絡めました。
ひなあられに入っているお豆が好きではなかった娘も、これはポリポリとよく食べました。

あられを飾ったお皿は、娘がクラブで作ってきたものです。
美術クラブでは、この一年いろいろなものを作って帰ってきました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2635

コメント (3)

zukudase:

手間のかかったものを、おすそ分けいただきました。あられがとってもふんわりと軽く仕上がっていて、お豆もおいしかったです。
小学校の近くのお店の、ひなあられも懐かしいですね。Harumiさんも「手作りひなあられ」の看板だしましょう!

色違いのお皿、我が家にもあります!
昨日は木切れで、ぶたを作ってきました・・・。

はるみ:

Kozukuちゃんは、本当に「ぶた」さん好きですね。
今度見せてくださいね。

ひなあられは、本当は油で揚げて作るんじゃないと思うんですよ。
油で揚げると簡単で手軽なんですけど、早めに食べないと油がまわってしまうので適度な量を作るのがいいんだと思います。
看板はとんでもございませんが・・・、来年もまたチャレンジして遊んでみま~す。

今日はお豆を同じように作って、砂糖が乾かぬうちに黄粉をまぶしてみました。
節分やお正月のお豆や黄粉。いろいろ使ってみています。

zukudase:

楽しみにしていますね!
我が家では、これは何年産の豆?とか、黄な粉とか・・・思わぬところからよく出てきます。使い切ることができずに最後は湿気てしまうということが多いので、対策を講じなければ・・・。手のかかる料理からすっかりご無沙汰、というのも方向修正しないといけませんね。まめ子さんに出動依頼したい!

コメントを投稿

About

2007年3月 5日 18:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「音楽の時間」です。

次の投稿は「読書の時間」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。