« ぐ~るぐる | メイン | されどゴミ箱? »

新茶の季節

5月2日は八十八夜でした。
ちょうどその日、お茶屋さんでお茶の苗木を見つけました。
お煎茶を習っていますが、お茶の葉のことも知りたいので育ててみたくなりました。
店員の男性が「ちっちゃい頃は、部屋の中で育ててくださいね。」と育て方を教えてくれました。
「小さい」じゃなくて、「ちっちゃい」ってところが、いいなあと思いました。
ホント、ちっちゃい苗木です。でも、種は大きいんですね。
茶摘ができる程になるのは、何年もかかりそうです・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2720

コメント (2)

zukudase:

お茶屋さんで苗木が売っているというところがスゴイ!
「ちっちゃくて」かわいいですね。茶摘は何回植え替えをした頃かな?老後の楽しみだったりして?

はるみ:

来年の今頃は、新芽の天ぷらがいただけるそうです。
ワクワク?!

コメントを投稿

About

2007年5月 9日 17:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ぐ~るぐる」です。

次の投稿は「されどゴミ箱?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。