« ヘルシーさん | メイン | アスパラのリゾット »

どこにでもありました(ナイフ)

こういった形の和式のナイフは肥後守(ひごのかみ)が有名ですが、これは肥後千代田丸。
捨てられず、長年もっています。
久しぶりに削ってみましたけど、感覚は忘れていないものですね。
自分で削った鉛筆は、何故か折れにくく書きやすいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2749

コメントを投稿

About

2007年5月27日 09:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ヘルシーさん」です。

次の投稿は「アスパラのリゾット」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。