« スペインのタパスの本 | メイン | ドッキリ?! »

プチトマトだからこそ!

『プチトマトと枝豆のスープ』
片栗でとろみをつけて、
湯むきしたトマトをいれると、
味がよく絡みます。
一口で甘酸っぱい・プチッ。
『ハンバーグにプチトマト』
プチトマトを4つくらいに切って、 タネにぐいぐい混ぜ込みます。 さっぱりしたお弁当ハンバーグ。 見た目はちょっと無骨ですが、 冷めても、ふんわりして、 美味しいです。
『プチトマトのピクルス』
湯むきして甘酢に漬けるだけ。 すぐもいいけど、翌日冷たいのも!
湯むきは熱湯に10秒。 切れ目を入れずとも枝豆方式で、 ピュッと出ます。アッという間です。

プチトマトは、どのようにお使いですか?
プチトマトは、コロコロかわいくて、甘くって、味が濃いです。
お弁当の付け合せやサラダだけじゃなくて、
トマトソースにしても、味が濃くて美味しいソースになります。
『プチトマトだからこそ料理』、私がよく作る3つです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2840

コメント (2)

zukudase:

ころころとかわいいプチトマト。
きれいな赤が入るとお弁当が元気になりますよね。我が家ではもっぱら、そのままで活躍していただいています。
ハンバーグは下味をしっかりつけておけば、ソースをつくらなくてよさそうですね。夏休みになるとお弁当が連日になるので気合を入れなければ…
スープもおいしそう!

はるみ:

こんにちは~

プチトマトの酸味でソースとかなくても、しっとりさっぱり食べられるんですよ。
思いつきでしたけど、なかなかお弁当のヒット作です。
夏休みのお弁当作りは、毎日だしホント大変ですよね・・・。
がんばりましょう!

コメントを投稿

About

2007年7月11日 08:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スペインのタパスの本」です。

次の投稿は「ドッキリ?!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。