« ごめんなさいの380円 | メイン | 繰り返し読む本は・・。 »

自転車で走るのも楽じゃないです。

最近目にした記事です。
歩道を自転車で走るとき、
歩行者が優先です。
リンリンしては、いけません。
歩道に乗り上げて駐車。
歩道も車道もふさがって、
歩行者も危険なんです。
でも、よく見る風景。
ここの歩道は、
歩くのにも狭いのです。
傘を差して歩いたり、
ベビーカーも困難です。

去年、実家の玄関を出たところ、スピードを出してガードレール内を走ってきた自転車と接触しました。
はじき飛ばされ、アザができました。
最近、自転車の事故が増えているという報道をよく目にします。
うちの近所の道路は、自転車で走りにくいと感じる道がとても多く、
車道の左側も、歩道もごらんの通りです。

私たちが子供の頃は、自転車は車道の左側と習いました。
今も原則は変わりませんが、交通量が増えてきて、車との事故が多発してから、
一部の認められている歩道は、自転車も通ってもよいとされたということです。
今は歩道を走るのが当たり前みたいになっていますね。
でも、自動車との事故はへったものの、携帯電話が普及してから、
歩行者と自転車の事故がとても多くなっているそうです。
車道の左側は、陥没していうる部分や道路端のコンクリートとの境目に溝があったり、
後ろから来る車に気を取られたりして、安心して走ることはできません。

お弁当配りでお会いするおばあさんが「最近は、車より自転車が怖い。」とおっしゃっていました。
脇を音もなくサッと走り抜けられると、ドキっとしてすくんでしまうそうです。
剣道の先生も、防具と竹刀を持って自転車に乗るときのことを、
いつも注意なさっています。
子供も塾や習い事で、暗くなってからに自転車に乗ることが多いので、マナーやルール、気になるところです。

加害者にも被害者にもならないよう、ルールとマナーを守って、
安全便利に自転車に乗りたいですね。
でも、中には不注意な歩行者、危ない乗り方の自転車、危ない運転の車もいますから、
自分の身は、自分で守る気持ちは基本ですね。



この写真は、先日豊島区でみつけた道路です。
一方通行の道路で、たまたまこうなったのかもしれませんが、
歩行者用、自転車用、車道と区分が分かれています。
公園に面している一部の道路だけのようでしたが、
こうなっていることが理想かなと思いました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2841

コメント (2)

zukudase:

バスを利用していたころ、停留所でバスをおりたら自転車がビュー!!激突しそうになったことがあります。
車の運転中、自転車、ベビーカー、車椅子、そして歩行者、それぞれその立場になって初めて気づくことって多いですよね。何とか、皆が安全に快適に…都市計画の見直しからはじめなくては…それまでは、まず自分の身の安全は自分で守る!かなぁ。

はるみ:

本当に、それぞれの立場になって気がつくこと多いですね。
今度の選挙では、人の立場がわかる方に当選してほしいですね。

反射神経は変わらぬつもりでも、
にぶってきてるなあと、ぶつかった時に思いました。
過信せず、慎重に!ですねぇ。

コメントを投稿

About

2007年7月23日 07:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ごめんなさいの380円」です。

次の投稿は「繰り返し読む本は・・。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。