« 栗しぐれにたどり着くまで・・。 | メイン | 梅雨の後始末 »

道に迷うのも悪くない

練馬に越してきてから、よく道に迷いました。
この近所は主要道路に平行とか垂直に走る道というのは、ほとんどありません。
「こっちかな?」とカンで行くと、思いもかけない方向へ出てしまったり・・・。
最近だいぶ慣れてきたのですが、小一時間歩いてこようと出かけたところ、
久しぶりにやってしまいました。
でも、そのおかげでこんな立派な大木と出会えました。
緑に囲まれた大きなお屋敷の前に立つ、ケヤキです。

写真を撮っていたら、ご近所のおばあさんが声をかけてくださって、
この木のお話をしてくださいました。
80歳になられるそうですが、背筋はピンとしてらして、とてもそのお年には見えません。
いろいろお話した後で、「ところで、○○スーパーは、どこでしょう?」とお聞きしたら、
「あら、私も行くところだからご一緒しましょう。」と連れて行ってくださいました。
もう、きっと二度とお会いすることのない偶然の出会いでしたけど、
道に迷うのも悪くないなあと思った出来事でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2863

コメントを投稿

About

2007年7月30日 15:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「栗しぐれにたどり着くまで・・。」です。

次の投稿は「梅雨の後始末」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。