« 黄金比ふたたび? | メイン | 育ち盛りの冷たいパスタ »

いわしの塩焼き、さにあらず

スペイン・マドリードに住むお姉さん、ユウ君が夏休みにポルトガルへ旅行へ行き、 お土産にとポルトガルの塩を送ってくれました。
ありがとうございました。

娘がまだ2歳7ヶ月の時、みんな一緒にスペインとポルトガルを旅しました。
その時、私達は初めてのポルトガル。街角に漂う炭火焼の匂い。
ポルトガルでは、イワシの炭火焼がめっぽう美味しいのです。
ポルトガルの塩とくれば、イワシを食べない手はありません!
お刺身に出来るほど新鮮なイワシが買えたので、炭火焼には出来ずグリルですが、
久しぶりにシンプルに塩だけで焼いて食べました。ムフフ、甘くて美味しい!!
見た目は普通のイワシの塩焼き、でもさにあらず~、南蛮渡来のお味です!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2905

コメント (4)

彦十:

美味しそう----!
ポルトガルの塩、どんな感じですか?

はるみ:

ひとなめして、「ふくらむ感じ~。」と娘は言っておりました(笑)
ホームページhttp://www.flor-de-sal.com/home.htmlです。
これからお料理が楽しみです!!

彦十:

mutsumiさんの感想がまた、最高~~ですね!
膨らむ感じかぁ。
とうもろこしにポルトガル塩なんてのも、よさそうですね。

はるみ:

ご飯にちょっと振っても美味しかったです♪

コメントを投稿

About

2007年8月15日 08:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「黄金比ふたたび?」です。

次の投稿は「育ち盛りの冷たいパスタ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。