« 台風の後の夕焼け | メイン | 新米の気持ち »

ツルツルまでの道のり


ご無沙汰していました。
これは夏休みの最後の話なのですが・・・、
お昼ご飯にうどんをうちました。
なかなかツヤツヤにうてました。
中力粉を使いました。 足でリズムよく。フミフミ。 すりこ木は伸ばしにくいけど。
同じ幅に切るのは難しい。 どっちが誰の? やった!ツルツル!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2943

コメント (2)

むむっ すばらしい。
自分で作ったものは最高にうまいですよね。

つやつやした麺。腰があっておいしそうですね。

最後の写真は、小麦と花鰹の香りがします。

同じ巾に切るのはむづかしいので、菓子箱のふたを駒板代わりに添えると楽ですよ。

ところで、水加減は決まってるんでしょうか?

はるみ:

Zukunasiさん

お褒めいただいて、うれしいです。
粉200gに対して、水90CC、塩小さじ1(2人前)の割合で作りました。
運動不足の娘と3人分をバンバンうって、
いつものことですが、2人でペロリと食べました。
温かい麺も作ってみました。小麦の香りがして温もなかなかよかったです。
菓子箱のふたは、今度使ってみたいと思います。ありがとうございました。

コメントを投稿

About

2007年9月12日 12:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「台風の後の夕焼け」です。

次の投稿は「新米の気持ち」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。