« あったらいいなパン | メイン | 休日、テスト前のお昼ご飯は・・・。 »

トロンと美味しい

無花果(いちじく)を煮ました。
火を通して美味しくなるくだものは、いろいろありますが、 私は、いちじくが一番だなあと思います。
果物売り場も、すっかり秋ですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/2991

コメント (4)

玲子:

こんにちは
皮をむいてから煮たんですか?ぜひぜひレシピを教えてください。

はるみ:

こんにちは

この日は実が少しまだ青かったのと、
あいているワインがなかったので、
皮を剥いて氷砂糖とシナモンとレモン、無花果の半分くらいまで水を入れ、
弱い火であっさりとクリアーな感じにと思いながら煮てみました。
分量は無花果5つと氷砂糖は軽く一掴みくらいです。
アバウトでスミマセン・・・。

皮付きのまま赤ワインで皮があめ色になるまでじっくりと、というのも大人の味でいいです~。
NZのいちじくはどんなでしょう?

玲子:

とても参考になりました!ありがとうございます。今度シーズンがやってきたら作ってみます。「クリアーなかんじ」っていいですね。
こちらのイチジクは多くは日本で見かけるのと似ていますが、カイさんの家に小さくて味の濃い違う種類らしいイチジクの木があって、もらって来て今年初めてシロップ煮にしてみたりジャムにしてみたりしました。手間はかかるけど、私はジャムが一番好きでした。

はるみ:

イチジクのジャム、いいですね。
玲子さんのジャムの腕は素晴らしいですからね~。

カイさんのお庭のイチジク!、興味深・深です!

コメントを投稿

About

2007年10月15日 08:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あったらいいなパン」です。

次の投稿は「休日、テスト前のお昼ご飯は・・・。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。