« キットカット好きですから・・・。 | メイン | 今年は2つ »

ローピン、知ってますか?

「ローピン」は、マンガ「美味しんぼ」の中で、主人公の山岡さんが嵐の日に別荘にあるものをつかって非常食として作ったという中国のパイなのですが、娘はマンガを読み始めた頃から、これが食べたい!食べたいといっていました。
この日は非常食じゃないけど、作ってみました。ヒジョ~に美味しかったです。
願いがかなって、よかった、よかった。
作り方は小麦粉をこねて、うすく伸ばしその上に塩、ネギ、ごま油を振ります。それをクルクル棒状に巻き込んで、渦巻状に巻き込み、フライパンの大きさに伸ばし弱火でキツネ色になるまで焼きます。
サクっと、モッチリ!お酒のおつまみにもお勧めです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3025

コメント (3)

よしひこ:

ローピン、シンプルでおいしかったですね。
やっぱ小麦粉料理はいいです :-)

彦十:

葱と一緒に、ロールハムを細かく切って混ぜるというのは、
確か、栗原はるみさんのレシピだったと思いますが、
葱だけっていうのも美味しそう---!
胡麻油好きは、生地にたっぷり塗ってしまうんだな、これが・・・(笑

はるみ:

こんにちは
ウー・ウェンさんの小麦粉のお料理の本を見ました。
ローピンはひき肉を使っているもので、
葱だけのものは、「ツァンホアピン」と紹介されていました。
ロースハムもさっぱりして美味しそうですね。ワインにも合いそうです。

今回作ったこのパイは、塩で葱の甘さが引き立ちます。
マンガの中でも「葱が多いほうがうまいんだ。」というセリフがでてきていて、作ってみて納得です。
確かに多いほうが絶対!美味しいと思います。
彦十さん、ぜひ!

コメントを投稿

About

2007年10月30日 20:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「キットカット好きですから・・・。」です。

次の投稿は「今年は2つ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。